つれづれなるさっちII

俳人 井上さちの日々 第一句集「巴里は未だ」(文學の森)

コンテナ調整の日&カワセミ再び&天王寺のバフィンの赤ちゃんが自力でカメラの前に登場&オランダ、ロッテルダム動物園のオリンカの赤ちゃんの授乳の様子♪



お天気は晴れ時々曇り。

午前中はコンテナ調整で選果場へ二往復しました。

我が家は柑橘の中では圧倒的にみかんの量が多いので

みかんの出荷が終了すると

大量のコンテナを選果場へ返しに行かなくてはなりません。

それも無事完了しました!










その後、選果場のそばのカワセミを見た川に行ってみると

なんと今日もカワセミを見る事ができました!

到着後すぐに1羽発見☆



その後別のカワセミが川面を飛んで行ったので

二羽以上もこの川にいるんだな、と思って更に嬉しくなりました。

鴨ちゃん達を見る以外にも川に行く楽しみが増えました♪









スズメわんさかの木



スズメもかわいらしいですね。










帰ってからは伊予柑の収穫へ。

昨日よりは穏やかな収穫日和でした。

ありがたや、ありがたや。












さてさて、天王寺動物園ホッキョクグマ、バフィンの赤ちゃんですが

順調に成長しているようです。

スタッフさんブログ1/9によると
http://blog.zaq.ne.jp/zoo_tennoji5/article/217/

生後45日目に初めて赤ちゃんが自力で歩いてカメラの前に登場したそうです。

ブログの動画を見るとバフィンさんが優しく赤ちゃんの世話をしている様子で

本当に素晴らしい嬉しい事ですね。

天王寺動物園は今年の元旦で100周年を迎えました。

そんなおめでたい年にホッキョクグマの赤ちゃんの誕生という

最高の吉報が届いてよかったですね。





この冬日本では円山のララ、天王寺のバフィンの出産がありましたが

海外からもドイツやオランダでホッキョクグマの赤ちゃん誕生のニュースが届いています。

オランダ、ロッテルダム動物園ではオリンカお母さんの産室の様子が

ライブカメラでいつでも観る事ができるようになっています。

赤ちゃんは二頭です。

これまでにも何度かライブカメラを観た事はあったのですが

赤ちゃん達はオリンカお母さんの胸にすっぽりと抱かれて

あまりよく見えませんでした。

でも今夜は赤ちゃん達の授乳の様子を見る事ができました。

ライブでこんな映像が見られるなんて本当に感激です☆



あ、カメラ目線☆











寒の水飲む老犬旨そうに  さち