つれづれなるさっちII

「いつき組」組員 「街」同人 俳人井上さちの日々  第一句集「巴里は未だ」文學の森

怒涛の一週間&アサヒナカワトンボ初撮り&蝶の水飲み場&ハボタンの花とシャガの花♪

 

 

 

アケビ

f:id:sattisatisatti:20190418202240j:plain




お天気は晴れ。

ばあば(義母)が亡くなり一週間が経ちました。

それは義兄の引越しの翌日で、まるで息子の故郷への帰還を見届けたような最期でした。

優しくて物静かなばあばでした。

ばあばが我が家にお嫁に来た頃には、まだ結婚前のじいじの兄弟が10人も家にいたそうです。

更にじいじの両親やおじいさんも。

家族の人数が多ければ手助けも多かったとは思いますが、戦後の大家族の嫁として相当な苦労があったのではないでしょうか。

私とばあばは40歳の年の差があったので、姑というよりは祖母のような存在でした。

私が嫁に来てからは炊事を全て任せてくれて、いつも私の作ったご飯を喜んで食べてくれました。

4年前に心不全の発作を起こし緊急入院しましたが、奇跡的に復活。

退院後は車椅子での生活となり、施設で3年間お世話になりました。

施設に会いに行く度に「忙しいのにありがとう。来てくれて嬉しい。」と感謝の言葉を忘れなかったばあば。

私たちが帰る時には、エレベーターの扉が閉まるまで嬉しそうに手を振っていた姿を思い出します。

ずっと頭もしっかりしていて、常に家族の事を案じてくれていたばあばでした。

94歳の見事な大往生でした。

 

f:id:sattisatisatti:20190418202455j:plain

 

 怒涛の一週間が過ぎ、昨日娘を空港まで送り、ようやく普段の生活が戻って来ました。

 

実は4年前にばあばが家で心不全の発作を起こした時、その急変をいち早く吠えて知らせてくれたのは、今は亡きくーだったのでありました。

 

なのだ

f:id:sattisatisatti:20190418202903j:plain


さみしくなりました。

ばあば、長い間ありがとうございました。

 

 

 

 

 

アサヒナカワトンボ初撮り(川沿いの甘平園にて)

f:id:sattisatisatti:20190418202250j:plain

f:id:sattisatisatti:20190418202302j:plain

 

 

 

蝶の水飲み場には‥

ナミアゲハ

f:id:sattisatisatti:20190418202215j:plain

f:id:sattisatisatti:20190418202230j:plain

f:id:sattisatisatti:20190418202312j:plain

 

スジグロシロチョウ

f:id:sattisatisatti:20190418202159j:plain

 

 

 

庭のハボタンが賑やかに咲きました。

f:id:sattisatisatti:20190418202147j:plain

 

ハボタンにスジグロシロチョウ

f:id:sattisatisatti:20190418202344j:plain

 

葉っぱのグラデーションも素敵。

f:id:sattisatisatti:20190418202335j:plain

 

 

 

シャガの花も美しく。

f:id:sattisatisatti:20190418202414j:plain

f:id:sattisatisatti:20190418202431j:plain

 

シャガにモンシロチョウ

f:id:sattisatisatti:20190418202444j:plain

 

 

 

 

 

 

 

うりずんや良い子を三人も産んだ  さち

 

うりずんやよいこをさんにんもうんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き遍路の旅2 3日目52番札所太山寺と53番札所圓明寺&和気公民館のお接待♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20190410221201j:plain



 

 お天気は雨。

今日は兄の引越しの日。

兄(旦那くんのお兄さん)はずっと東京で暮らしていたのですが、リタイア後田舎に帰る決心をし、市内で空き家を探していました。

一緒に色々な空き家を見て回っていたのですが、親戚の尽力もあり、なかなかの好物件が見つかりました。

今日行ってみると、外壁の塗り替えも終わり、見違えるようなきれいなおうちに変身していました。

時折雨の降るお天気でしたが、引越し業者の方々の手際のよいこと!

荷物の搬入は1時間ほどで無事終了。

業者さんのトラックにはパンダのマーク。

荷物を運んで下さったお兄さん達もみんなパンダの靴下を履いておられて、とっても素敵でした♪

その後、引越し蕎麦のかわりに「もりもり」のキムチ味噌ラーメンをご馳走になったのでした。

 

 

 

 

 

 

では、お遍路旅の続きをどうぞ♪

歩き遍路の旅2 3日目 52番札所太山寺と53番札所圓明寺&和気公民館のお接待

 

道後の朝。

さあ出発です。

道後温泉の前もへんろ道です。

f:id:sattisatisatti:20190410190719j:plain

 

椿の湯

f:id:sattisatisatti:20190410190758j:plain

 

明日香の湯

f:id:sattisatisatti:20190410190817j:plain

 

街中にも結構へんろ道の赤い印があるんですね。

f:id:sattisatisatti:20190410190839j:plain

 

そのまままっすぐ進むと見覚えのある道に。

f:id:sattisatisatti:20190410190902j:plain

 

いつも初詣でお参りしている護国神社前の通りでした。

f:id:sattisatisatti:20190410190921j:plain

 

桜並木が綺麗です。

f:id:sattisatisatti:20190410191009j:plain

 

あ、松山城が見えました!

f:id:sattisatisatti:20190410191115j:plain

 

川沿いの桜は5分咲きくらいでしょうか。

f:id:sattisatisatti:20190410191136j:plain

 

鮮やかな朱塗りの門は千秋寺の天王殿とか。

桜に映えますね。

f:id:sattisatisatti:20190410191200j:plain

 

御幸のあたりはとても寺院が多かったです。

この奥にはロシア兵墓地もあるようです。

f:id:sattisatisatti:20190410191223j:plain

 

松山大学御幸キャンパスを抜けるへんろ道です。

左側にテニスコートがありました。

f:id:sattisatisatti:20190410191305j:plain

 

桜並木の美しい歩道。

f:id:sattisatisatti:20190410191432j:plain

 

広い歩道に続いています。

f:id:sattisatisatti:20190410191512j:plain

 

すれ違いざまに挨拶をして下さる方も多かったです。

足を止めて話しかけて下さる方も。

このあたりで自転車に乗ったおじいさんが、元気良く声をかけて下さいました。 

 

「お遍路さん!どっから来たん?」

八幡浜からです」

「そうかい。わし、お遍路さんに出おうたらいつもどっから来たか聞きよんやけどな、一番多いんわな、神奈川から来た人なんよ」

「へえ〜そうでしたか」

「そういえば、さっき外国の人らが4人行きよったよ、若いイケメンやったよ」

「それはそれは!お声かけ、ありがとうございました♪」

 

そんな何気ない会話も温かく。

f:id:sattisatisatti:20190410191531j:plain

 

石手寺太山寺の中間あたりかしら。

f:id:sattisatisatti:20190410191550j:plain

 

ノーマル橋?

f:id:sattisatisatti:20190410191613j:plain

 

ここを左ですね。

f:id:sattisatisatti:20190410191634j:plain

 

大きな横断歩道に出ます。

f:id:sattisatisatti:20190410191710j:plain

 

ここの桜は三分咲き。

f:id:sattisatisatti:20190410191759j:plain

 

少しづつ近く太山寺

f:id:sattisatisatti:20190410191926j:plain

 

広い田園地帯です。

f:id:sattisatisatti:20190410191946j:plain

 

人家の中の細い道を抜けて

f:id:sattisatisatti:20190410192049j:plain

 

広い通りに出ました。

f:id:sattisatisatti:20190410192110j:plain

 

更に進むと大きなため池がありました。

f:id:sattisatisatti:20190410192131j:plain

 

亀が沢山土手に上がって甲羅干しをしていました。

よく見るとみんなあかみみちゃん(ミシシッピアカミミガメ外来種)ばかりでした。

近寄ると、ぽちゃんぽちゃんと池に入って行きます。

f:id:sattisatisatti:20190410192153j:plain

 

そして!

このため池の先を左と道しるべがあったので、その通り左に進んでいると、どうも変。

へんろ道の割には道が新しいし、コンクリートが敷いてあるし、どうもみかん園の園内道のような気がしてきました。

迷ったかも?

おかしいなあと思いながら進んでいると、みかん山のてっぺんで農作業をしているおじさんと目が合いました。

ぺこりと頭を下げると、そのおじさんが

「お遍路さ〜ん、その道ちがうよ〜!ため池のとこをもう少し行った先に門があるけん、その門の所を左に行ったらいいよ〜!」

と大きな声で親切に教えて下さったのです。

嬉しかったです。

「ありがとうございました〜!」

と手を振ると、おじさんも手を振り返してくれました。

ありがたやありがたや。

おじさんのおかげですぐに引き返す事ができて、無事太山寺に辿り着く事ができました。

 

第52番札所太山寺 仁王門

f:id:sattisatisatti:20190410192215j:plain

 

太山寺の敷地はとても広く、仁王門から本堂までは570メートルもあります。

かつては七堂伽藍および66坊を持つ大寺院であったそうです。

まるでひとつの村のような気がしました。

道中の桜と柑橘のコラボ。

f:id:sattisatisatti:20190410192236j:plain

 

太山寺山門

 

f:id:sattisatisatti:20190410192258j:plain

 

太山寺本堂 国宝

f:id:sattisatisatti:20190410192322j:plain

 

太山寺本堂は四国八十八ヶ所の寺院では2番目に古く、愛媛県内では最大級の木造建築とされています。

ゆるやかな屋根の曲線が優雅でありながら、どっしりとした重厚なたたずまいです。

f:id:sattisatisatti:20190410192430j:plain

 

太山寺大師堂

f:id:sattisatisatti:20190410192407j:plain

礼拝。

 

 

太山寺を後にし、そろそろどこかでお昼ごはんを戴こうかしら、と思いながら歩いていると。。

横断歩道の手前でおじいさんが

「今な、そこの公民館でな、お接待しよるんよ。ご飯も食べれるんよ。よかったら寄って行きなはらん?」

と声をかけて下さるではありませんか!

「えっ!おじゃましていいんですか?」

どうぞどうぞとおじいさんに案内され、迎え入れて頂いたのは和気公民館でした。

中では数名のお年寄りの方々がお接待をされていました。

f:id:sattisatisatti:20190410192544j:plain


あ、外国のイケメン4人衆ですよ!

彼らはみな20代の若者で、スペインからお遍路に来ているそうです。

そういえばスペインにも巡礼の文化があるというのを聞いた事があります。

f:id:sattisatisatti:20190410192447j:plain

 

彼らと入れ違いに接待所にやってきたのはニューヨークから来たというのっぽのおひげの男性。

とても日本語がお上手でした。

彼は昔日本で働いていた事があり、その時にもお遍路を回ったそうですが、今回もまたお遍路を歩くために、ニューヨークからやって来たそうです。

その後やってきたのはブラジルから来たという日系の女性でした。

歩き遍路の外国人の方々の多さに驚きました!

世界に知られつつあるお遍路文化なんですね。

 

お接待で戴いたのはあつあつの「鍋焼きうどん」!

それもお肉入り!

とっても美味しくて、ほんわかして、なんだか涙が出そうでした。

f:id:sattisatisatti:20190410192503j:plain

 

鍋焼きうどんのあとにカレーもあるんよと言って頂きました(笑)

嬉しいけれど、もうおなかがいっぱいです。

更に飴や手作りのティッシュケース、線香入れ、貝殻細工の根付まで戴いちゃいました。

f:id:sattisatisatti:20190410192519j:plain

 

和気公民館でのお遍路さんのお接待は毎月1日と2日に行われているそうで、もう10年もこの活動を続けて来られたそうです。

私がたまたまここを通りかかったのが4月2日。

本当にラッキーでした。

和気公民館のお接待の皆様、心のこもったお接待をありがとうございました。

他のお遍路さん達とも交流できる素晴らしい接待所でした。

 

 

そしてとうとう松山8ケ寺の最後のお寺、圓明寺に到着しました。

住宅街の一角にあるお寺ですが、歴史は古く創建は天平年間という古刹です。

四国霊場最古の銅製の納札(1650年)が発見され保存されています。

53番札所圓明寺山門

f:id:sattisatisatti:20190410192643j:plain

 

圓明寺本堂

f:id:sattisatisatti:20190410192605j:plain

 

圓明寺大師堂

f:id:sattisatisatti:20190410192624j:plain

礼拝。

 

ここから次の54番、今治延命寺までは35キロもあるので、少しでも距離をかせいておきたくて、この後も歩き続けました。

f:id:sattisatisatti:20190410192700j:plain

 

海沿いの道をてくてくてく。

f:id:sattisatisatti:20190410192718j:plain

 

コンビニで休憩。

f:id:sattisatisatti:20190410192738j:plain

 

北条までやってきました。

花へんろの町」とあります。

早坂暁先生の故郷だそうです。

ここのベンチでも一休み。

この日は日差しが強く、少々きつかったのですが、なんとかここまで来る事ができました。

f:id:sattisatisatti:20190410192757j:plain

 

あ、お迎えが来ました。

f:id:sattisatisatti:20190410192819j:plain

 

この日の歩数は49151歩。

人の温かさに触れた一日でした。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

高く高く脚上げ晴明の犬は  さち

 

たかくたかくあしあげせいめいのいぬは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き遍路の旅2 2日目 47番札所八坂寺〜51番札所石手寺♪

 

 

 

ホトケノザナミアゲハ

f:id:sattisatisatti:20190406193350j:plain



 

お天気は晴れ。

夕方、ようやく除草作業が全園完了しました。

今日除草剤を散布した清見園は、日当たりはいいのですが、急傾斜な難所。

重たい噴霧器を背負って歩き回るのは結構大変でした。

がんばりました☆

 

 

 

ではお遍路旅の続きです。

またしても長〜い記事になってしまいましたが、お付き合い下さったら嬉しいです。

 

歩き遍路の旅2 2日目 47番札所八坂寺〜51番札所石手寺

 

早朝は小雨が降っていました。

でもこのくらいならカッパは着なくても大丈夫。

47番の八坂寺をめざします。

f:id:sattisatisatti:20190405220938j:plain

 

浄瑠璃寺から八坂寺は割と近くて、約0.8キロ、徒歩で15分ほどの道のりです。

静かな田園地帯を歩きます。

f:id:sattisatisatti:20190405220959j:plain

 

八坂寺が見えて来ました。

山門は太鼓橋と一体になっているのです。

f:id:sattisatisatti:20190405221059j:plain

 

山門の天井には美しい絵が描かれていました。

f:id:sattisatisatti:20190405221118j:plain

 

天女達が音楽を奏でているのかしら。

f:id:sattisatisatti:20190405221145j:plain

 

手水鉢にはかっこいい2頭の龍がいましたよ。

f:id:sattisatisatti:20190405221208j:plain

 

八坂寺本堂

f:id:sattisatisatti:20190405221229j:plain

 

八坂寺大師堂

f:id:sattisatisatti:20190405221250j:plain

礼拝。 

 

本堂の左手には閻魔堂があります。

f:id:sattisatisatti:20190405221313j:plain

 

閻魔堂の両脇には地獄を描いたトンネルと、極楽を描いたトンネルがあって、中を通り抜けできるようになっています。

f:id:sattisatisatti:20190405221435j:plain

 

 

 

次は48番札所西林寺へ。

八坂寺からは約5キロ、徒歩で1時間半の道のりです。

f:id:sattisatisatti:20190405221522j:plain

 

番外霊場 文殊院

四国遍路の元祖、衛門三郎ゆかりのお寺です。

f:id:sattisatisatti:20190405221632j:plain

 

住宅街の中の道を抜けて。

f:id:sattisatisatti:20190405221659j:plain

 

広い歩道のある道へ。

f:id:sattisatisatti:20190405221737j:plain

 

川沿いの桜が綺麗。

f:id:sattisatisatti:20190405221831j:plain

 

番外札所 札始大師

お大師様が宿泊された場所のようです。

f:id:sattisatisatti:20190405222024j:plain

 

へんろ道は右ですね。

f:id:sattisatisatti:20190405222051j:plain

 

重信川を渡ります。

久谷大橋は長かったです〜!

f:id:sattisatisatti:20190405222153j:plain

 

橋を渡って少し進むと渡部製菓があります。

昨年、前園さんがNHKの自転車遍路の旅をしていた時に、立ち寄られたお店です。

f:id:sattisatisatti:20190405222241j:plain

 

お店の一番人気は「とら巻き」!

前園さんも美味しそうに食べておられましたね。

f:id:sattisatisatti:20190405222226j:plain

 

とら巻きと桜餅を購入。

消費税分はお接待という事でサービスして頂きました。

渡部製菓さん、ありがとうございました♪

f:id:sattisatisatti:20190405222706j:plain

 

そして立ち寄ったのが「杖ノ淵公園

杖ノ淵は、弘法大師がこのあたりの農家で水を求めたところ、日照り続きで水は無く、農夫は遠くの泉へ出かけて水を汲み、大師に飲ませました。

大師はその農夫の心に報いようと一心に祈り、地面に錫杖を突き立てると、そこから清水が湧き出したのだそうです。

杖ノ淵という名前はこの伝承が由来のようです。

f:id:sattisatisatti:20190405222303j:plain

 

公園には透き通った水が流れ、名水百選にも選定されているそうです。

f:id:sattisatisatti:20190405222336j:plain

 

清らかな流れの中に生えているのは、ていれぎ(オオタネツケバナ)だと思います。

f:id:sattisatisatti:20190405222459j:plain

 

かすかに咲き始めている、ていれぎの白い花。f:id:sattisatisatti:20190405222521j:plain

 

小さなお魚も沢山泳いでいました。

f:id:sattisatisatti:20190405222550j:plain

 

お花も綺麗。

f:id:sattisatisatti:20190405222625j:plain

 

いい公園ですね。

f:id:sattisatisatti:20190405222643j:plain

 

ベンチに座ってさっき買った桜餅を戴きました。

お花見気分♪

f:id:sattisatisatti:20190405222731j:plain

 

 

桜の向こうに見えて来たのが48番札所西林寺の山門です。

f:id:sattisatisatti:20190405222807j:plain

 

一礼して山門を潜ります。

f:id:sattisatisatti:20190405222831j:plain

 

西林寺本堂

f:id:sattisatisatti:20190405222942j:plain

 

西林寺大師堂

f:id:sattisatisatti:20190405222920j:plain

礼拝。


正岡子規の句碑  秋風や高井のていれぎ三津の鯛

f:id:sattisatisatti:20190405223010j:plain

 

 

西林寺をあとにするとちょうどお昼時になりました。

通りかかった広島焼きのお店「大地の母」へ入ってみる事に。

f:id:sattisatisatti:20190405223155j:plain

 

オーダーしたのはカキをトッピングした広島焼き。

カキがふっくらしていてと〜っても美味しかったです。

f:id:sattisatisatti:20190405223030j:plain

 

なんとお遍路さんはドリンクをサービスして頂けるとの事。

紅茶を戴きました。

「大地の母」さん、お接待ありがとうございました。

f:id:sattisatisatti:20190405223133j:plain

 

 

次は49番札所浄土寺へ。

西林寺からは約3.5キロ、徒歩1時間の道のりです。

f:id:sattisatisatti:20190405223826j:plain

 

だんだん街並みが賑やかになってきました。

f:id:sattisatisatti:20190405223853j:plain

 

久米小学校前

チューリップがちょうど見頃。

f:id:sattisatisatti:20190405223930j:plain

 

車の往来も多し。

f:id:sattisatisatti:20190405223951j:plain

 

49番浄土寺の山門です。

f:id:sattisatisatti:20190405224033j:plain

 

こちらの手水鉢の龍はちょこんとしていてとってもかわいらしいです。

f:id:sattisatisatti:20190405224050j:plain

 

浄土寺本堂

f:id:sattisatisatti:20190405225631j:plain

 

浄土寺大師堂

f:id:sattisatisatti:20190405225649j:plain

礼拝。

 

納経所前には七福神

f:id:sattisatisatti:20190405225706j:plain

 

浄土寺の「空也上人立像」(右)は国の重要文化財で、口から6体の弥陀仏を吐き出している変わった意匠のものだそうです。

f:id:sattisatisatti:20190405225725j:plain

 

 

次は50番札所繁多寺へ。

浄土寺からは約1.5キロ、徒歩で30分の道のりです。

大好きな「そらともり」の前を通って。

f:id:sattisatisatti:20190405225747j:plain

 

これまでで最も細い遍路道です。

f:id:sattisatisatti:20190405225812j:plain

 

細い細い!

f:id:sattisatisatti:20190405225829j:plain

 

りっぱなお家がいっぱいです。

f:id:sattisatisatti:20190405225844j:plain

 

お遍路さんの絵が可愛い案内板。

f:id:sattisatisatti:20190405225906j:plain

 

道沿いにはお花がいっぱい!

f:id:sattisatisatti:20190405225931j:plain

 

墓地の中も遍路道です。

f:id:sattisatisatti:20190406072105j:plain

 

道はちょっと小高い場所へ向かっています。

f:id:sattisatisatti:20190406072121j:plain

 

大50番札所繁多寺の御所のような山門。

皇室との結びつきが深いお寺だそうです。

桜が綺麗。

f:id:sattisatisatti:20190406072135j:plain

 

繁多寺本堂

f:id:sattisatisatti:20190406072206j:plain

 

繁多寺大師堂

f:id:sattisatisatti:20190406072221j:plain

礼拝。 

 

花時

f:id:sattisatisatti:20190406072236j:plain

 

そばにはため池。

見晴らしの良いお寺です。

お花見に来ている方々も多かったです。

f:id:sattisatisatti:20190406072252j:plain

 

 

次は51番札所石手寺

繁多寺からは約3キロ、徒歩で50分の道のりです。

f:id:sattisatisatti:20190406072308j:plain

 

道を下り。

f:id:sattisatisatti:20190406072323j:plain

 

広い道路へ。

f:id:sattisatisatti:20190406072409j:plain

 

お山の上に見えるのは石手寺の大師像ですね。

f:id:sattisatisatti:20190406072425j:plain

 

雲行きがあやしくなり雨がばらばら降って来ました。

道を急ぎます。

f:id:sattisatisatti:20190406072456j:plain

 

石手寺前です。

f:id:sattisatisatti:20190406072510j:plain

 

石手寺の国宝の仁王門です。

f:id:sattisatisatti:20190406072525j:plain

 

境内の中央には見事な三重塔。

晴れ間が出て来ました。

よかった。

f:id:sattisatisatti:20190406072543j:plain

 

石手寺本堂

f:id:sattisatisatti:20190406072614j:plain

 

石手寺大師堂

f:id:sattisatisatti:20190406072558j:plain

礼拝。

 

これでこの日のコース、47番八坂寺から51番石手寺までを無事踏破しました。

松山はあと残り2ケ寺です。

f:id:sattisatisatti:20190406072732j:plain

 

 

お宿は道後の「にぎたつ会館」

www.islands.ne.jp

お遍路さん専用のお得なプランを利用しました。

f:id:sattisatisatti:20190406072751j:plain

 

 

少し道後を散策しましょう。

 

子規博の俳句は  散る花は散らぬ花より美しき  子規

f:id:sattisatisatti:20190406072806j:plain

 

道後公園はお花見で大にぎわい。

f:id:sattisatisatti:20190406072821j:plain

 

標本木もほぼ満開です。

f:id:sattisatisatti:20190406072835j:plain

 

道後温泉

f:id:sattisatisatti:20190406072933j:plain

 

火の鳥のモニュメント

f:id:sattisatisatti:20190406073002j:plain

 

道後温泉は現在改修工事中。

f:id:sattisatisatti:20190406073015j:plain

 

その工事の様子を冠山から足湯に入って眺める事ができるのです。

お遍路の足をたっぷり癒してもらいました〜♪

この足湯、おすすめです。

f:id:sattisatisatti:20190406073031j:plain

 

鮮やかな朱塗りが美しい伊佐爾波神社。

f:id:sattisatisatti:20190406073120j:plain

 

上人坂には組長がお造りになった伊月庵があります。

f:id:sattisatisatti:20190406082614j:plain

 

伊月庵の桜です。

f:id:sattisatisatti:20190406082630j:plain

 

まだ若木というのに健気に咲いています♪

f:id:sattisatisatti:20190406082645j:plain

 

上人坂の突き当たりにある宝厳寺の山門

f:id:sattisatisatti:20190406082655j:plain

 

宝厳寺本堂

広い境内のベンチで絵葉書をしたためました。

f:id:sattisatisatti:20190406082709j:plain

 

にぎたつ会館「お遍路プラン」のお部屋はまずまずの広さ。

f:id:sattisatisatti:20190406082738j:plain

 

夕食

桜葉豆腐

f:id:sattisatisatti:20190406082753j:plain

 

お造り三種盛り

f:id:sattisatisatti:20190406082808j:plain

 

里芋饅頭

f:id:sattisatisatti:20190406082823j:plain

 

鰻柳川

f:id:sattisatisatti:20190406082838j:plain

 

山菜と浅利の釜飯

f:id:sattisatisatti:20190406082853j:plain

 

蛤と蝶湯葉のお吸い物

f:id:sattisatisatti:20190406082907j:plain

 

フルーツ

f:id:sattisatisatti:20190406082920j:plain

 

 

夜の道後

f:id:sattisatisatti:20190406082935j:plain

 

 

朝食はバイキング。

f:id:sattisatisatti:20190406083014j:plain

 誰?結構食べてるねって言ったの!(笑)

 

2日目の歩数は42158歩。

一気に5ケ寺を巡りました。

 

3日目の様子はまた次回♪

 

長い記事にお付き合い下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面紙を解けば明るき雛の部屋  さち

 

おもがみをとけばあかるきひなのへや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩き遍路の旅2 1日目 坂本屋のお接待&46番番札所浄瑠璃寺♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20190404000451j:plain


 

 

お天気は晴れ。

ちょっと空気が冷たいです。

二泊三日の歩き遍路旅第二弾を終えて、たまった家事を片付けていたらあっという間に1日が過ぎました。

熊野神社の桜は満開を迎えて、ほんの少しづつ散り始めています。

花冷えの日が続いたせいか、お花が長く楽しめそうです。

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20190404000430j:plain

 

 

 

 

 

 

それではお遍路旅2の様子をどうぞ♪

ちょっと長くなりそうなので1日分づつ3回に分けて更新しますね。

 

 歩き遍路の旅2 1日目 坂本屋のお接待&46番札所浄瑠璃寺

 

早朝に家を出発したのですが、金剛杖を忘れている事に気付いたのが大洲あたりでした。

なんてことでしょう!

そんなあわてんぼの私を叱ることも無く、静かに家へとUターンしてくれる旦那くん。

ありがたやありがたや。

旦那くんが中継地点まで送迎してくれるおかげで、私の歩き遍路の旅も続ける事ができています。

感謝しています。

送迎をしてくれつつ、旦那くんも納経帳を持ち、車でささっとお寺を周ってお遍路を楽しんでいるようです。

さあ、杖を取りに帰って再び久万へ。

前回歩き終えたのは、岩屋寺から少し下った所でした。

何の目印もない所で車に乗ったので、その場所がわかるかな?と思っていたのですが、なんとか見つける事ができました。

 

前回歩き終えた場所です。

f:id:sattisatisatti:20190302223055j:plain

 

ここですね!

再スタートです。

f:id:sattisatisatti:20190403192328j:plain

 

少し歩くと高原ゴルフ倶楽部の入り口でした。

f:id:sattisatisatti:20190403192349j:plain

 

晴れたり曇ったりの肌寒い日でした。

f:id:sattisatisatti:20190403192408j:plain

 

久万には天体観測館があるんですね。

興味しんしん。

f:id:sattisatisatti:20190403192427j:plain

 

歩道のない道はほぼ右側を歩きます。

f:id:sattisatisatti:20190403192443j:plain

 

あ、峠御道トンネルです。

ここは歩道の段の無い狭いトンネルなので注意が必要です。

車に良く見えるように蛍光タスキをかけて歩きました。

なぜかトンネルの中はずうっとごうごう風が吹いていましたよ。

f:id:sattisatisatti:20190403192459j:plain

 

道路の端のアスファルトとコンクリート隙間からわんさか出ていたど根性つくし達。

がんばってるね!

f:id:sattisatisatti:20190403192516j:plain

 

水仙が綺麗。

f:id:sattisatisatti:20190403192529j:plain

 

久万美術館開館中です。

ちょっと寄ってみたかったなあ。

f:id:sattisatisatti:20190403192550j:plain

 

再び久万の、街中を通ります。

f:id:sattisatisatti:20190403192605j:plain

 

まだ「くままちひなまつり」が続いているんですね。

f:id:sattisatisatti:20190403192635j:plain

 

ほのぼの案山子さん達。

f:id:sattisatisatti:20190403192658j:plain

 

右は松山方面です。

f:id:sattisatisatti:20190403192714j:plain

 

弘法大師ゆかりの久万銘菓「おくま饅頭」のお店。

どんなお味なんでしょう。

f:id:sattisatisatti:20190403192731j:plain

 

美しい学校です。久万中学校かしら。

f:id:sattisatisatti:20190403192746j:plain

 

道の駅「天空の郷さんさん」

f:id:sattisatisatti:20190403192802j:plain

 

 ここでお弁当とおやつを購入!

もちろんおくま饅頭も♪

f:id:sattisatisatti:20190403221246j:plain

 

のどかな風景です。

f:id:sattisatisatti:20190403192821j:plain

 

歩きやすい広い歩道は助かります。

f:id:sattisatisatti:20190403192835j:plain

 

うららか〜。

f:id:sattisatisatti:20190403192854j:plain

 

街はずれにも「くままちひなまつり」が飾ってありました。

日土東地区の「莚田おひなさま街道」みたい。

f:id:sattisatisatti:20190403192909j:plain

 

左は松山へ向かう三坂道路。

遍路道はまっすぐ進みます。

浄瑠璃寺まで行くけど乗らん?」と、車からおひげのおじいさんが声をかけて下さいました。

みなさんとっても親切です。

f:id:sattisatisatti:20190403192929j:plain

 

右下に見えるのがさっきの三坂道路。

このあたりの桜はまだ咲いていません。

空も暗くなり、時折雨もぱらついて、急に寒くなってきましたよ。

f:id:sattisatisatti:20190403192944j:plain

 

三坂道路との分岐の先の休憩所です。

ここでお弁当を戴くとしましょう♪

f:id:sattisatisatti:20190403193019j:plain

 

天空の郷で買った山菜たっぷりの「せり御飯弁当」です。

アルミカップに色々なお漬物やお惣菜が入っていてヘルシーで美味!

f:id:sattisatisatti:20190403193001j:plain

 

どんどん道を進みます。

木がきれいに切ってあったお山。

久万は林業が盛んですものね。

f:id:sattisatisatti:20190403193030j:plain

 

右手に三坂峠の遍路道の入り口が見えて来ました。

f:id:sattisatisatti:20190403193045j:plain

 

歩きの醍醐味はやっぱり遍路道です。

f:id:sattisatisatti:20190403193107j:plain

 

ちゃんと整備されている道ですね。

f:id:sattisatisatti:20190403193126j:plain

 

個人のお庭の中のような道を抜けて。

f:id:sattisatisatti:20190403193144j:plain

 

あ、ムスカリがいっぱい♪

f:id:sattisatisatti:20190403193158j:plain

 

山中にはこんな看板が!

台風被害のため危険箇所あり「悪路通行注意」

むむむ。大丈夫かしら?

f:id:sattisatisatti:20190403193216j:plain

 

古い看板には「ふじ屋」1泊2000円!

「ふじ屋」さん、まだやってますか〜?(笑)

f:id:sattisatisatti:20190403193234j:plain

 

ゆるやかな下りの歩きやすい道です。

f:id:sattisatisatti:20190403193249j:plain

 

危険箇所は時に気になりませんでした。

f:id:sattisatisatti:20190403193306j:plain

 

開けた場所に出ると、なんと松山が見えて来ましたよ。

f:id:sattisatisatti:20190403193320j:plain

 

ちょっと霞んでいますが感動しました。

f:id:sattisatisatti:20190403193334j:plain



 鍋割坂?

f:id:sattisatisatti:20190403205724j:plain

 

道中には阪本小学校六年生達による、お遍路さんへの励ましのメッセージがあちこちに!

f:id:sattisatisatti:20190403205742j:plain

 

ありがとう!

f:id:sattisatisatti:20190403205824j:plain

 

絵も上手!

f:id:sattisatisatti:20190403205906j:plain

 

がんばります!

f:id:sattisatisatti:20190403205926j:plain

 

先人達の赤い案内札も数多く。

f:id:sattisatisatti:20190403205844j:plain

 

久万街道は昔は高知への最大の難所とされていたそうです。

でも三坂峠の遍路道は歩きやすいとてもいい道でした。

f:id:sattisatisatti:20190403205803j:plain

 

ミツマタの花ですね。

f:id:sattisatisatti:20190403210751j:plain

 

美しい杉林です。

f:id:sattisatisatti:20190403210857j:plain

 

大樹に巻き付いた太いつるに驚きました。

f:id:sattisatisatti:20190403210835j:plain

 

休憩所にテント?

どなたかが休んでおられるようです。

f:id:sattisatisatti:20190403210921j:plain

 

道が広くなってきました。

f:id:sattisatisatti:20190403210948j:plain

 

桜の木の先にあったのは‥

f:id:sattisatisatti:20190403211008j:plain

 

旧遍路宿の「坂本屋」さんです。

歴史を感じる素晴らしい建物ですね。

地元のボランティアの方々が土日にお接待をされているのです。

この日はちょうど日曜日でした♪

f:id:sattisatisatti:20190403211029j:plain

 

一階にはこのようにお雛様が飾ってありました。

f:id:sattisatisatti:20190403211050j:plain

 

男性のお接待の方が親切にお声掛けをして下さり、「二階にも古いお雛様を飾ってあるので、ぜひ見て行って下さい。」との事。

ありがたく荷物を降ろし、靴を脱いでお二階へ上がらせて頂く事にしました。

 

二階に上がってみると‥

なんとまあ。。

f:id:sattisatisatti:20190403211112j:plain

 

美しや。。

大きくて見事なお雛様ではありませんか。

その楚々とした上品なお顔立ちに思わず見入ってしまいました。

いつ頃の時代のものでしょう。

きっと価値の高いお雛様だと思います。

f:id:sattisatisatti:20190403211159j:plain

 

すると女性のお接待の方が、二階へお茶と大判焼きを持って来て下さったのです。

わ〜、ありがとうございます。

大判焼きには「坂本屋」の焼印も。

f:id:sattisatisatti:20190403211226j:plain

 

なんて贅沢な時間でしょう。

f:id:sattisatisatti:20190403211238j:plain

 

更にお餅の入ったおぜんざいまで!

ごちそうさまでした。

心も体もぽかぽかになりました♪

f:id:sattisatisatti:20190403211252j:plain

 

いろりを囲んでのみなさんとのおしゃべりも暖かく。

f:id:sattisatisatti:20190403211314j:plain

 

至れり尽くせりのお接待のお礼に、私の句集を2冊プレゼントさせて頂きました。

1冊は長老のおばあさんが「ほしい!」と受け取って下さり、もう1冊は俳句の好きな人達が回し読んだ後に、坂本文庫に置いて下さるとの事でした。

お接待のみなさん、本当にありがとうございました。

f:id:sattisatisatti:20190403211336j:plain

 

更に道を下って行きます。

f:id:sattisatisatti:20190403211410j:plain

 

細い遍路道へ。

f:id:sattisatisatti:20190403211431j:plain

 

この看板にもいつも助けてもらっています。

f:id:sattisatisatti:20190403211539j:plain

 

綺麗な桜。

f:id:sattisatisatti:20190403211603j:plain

 

窪野公園にはお遍路さん用のお手洗いがありました。

ありがたいです。

遍路道には休憩所は多くあっても、お手洗いは案外少ないのです。

f:id:sattisatisatti:20190403211623j:plain

 

案内札の通りに進みます。

f:id:sattisatisatti:20190403211645j:plain

 

大黒屋さんではコーラスのコンサートが終わったところのようでした。

f:id:sattisatisatti:20190403211725j:plain

 

あのお遍路さん激励メッセージ札を書いて下さった坂本小学校ですね!

みなさん、エールをありがとうございました。

f:id:sattisatisatti:20190403211746j:plain

 

静かな田園地帯です。

f:id:sattisatisatti:20190403211806j:plain

 

 

夕方、やっと第46番札所「浄瑠璃寺」に到着しました。

 

本堂

f:id:sattisatisatti:20190403211848j:plain

 

大師堂

f:id:sattisatisatti:20190403212026j:plain

 

はだしで踏めば健脚のご利益があるという「仏足石」。

もちろん踏ませて頂きました。

f:id:sattisatisatti:20190403211905j:plain

 

心身堅固文筆上達のご利益のある「仏手花判」(仏様の指紋)。

俳句上達にもなりそうです。

f:id:sattisatisatti:20190403211946j:plain

 

境内中央には樹齢千年以上というイブキビャクシン。

f:id:sattisatisatti:20190403212054j:plain

 

その根本には豊作のご利益のあるという「もみ大師」。

今年のおみかんの豊作を祈りました。

f:id:sattisatisatti:20190403212115j:plain

 

 

この日のお宿「長珍屋」は浄瑠璃寺のすぐそば。

www.chotinya.jp

お名前から旅籠のような(大福旅館さんのような)お宿を想像しましたが、お部屋はビジネスチックな和室でした。

大浴場は激バブルでとってもよかったです。

f:id:sattisatisatti:20190403211825j:plain

 

お部屋には坊ちゃんのお煎餅。

f:id:sattisatisatti:20190403212135j:plain

 

夕食

f:id:sattisatisatti:20190403212156j:plain

 

朝食

f:id:sattisatisatti:20190403212220j:plain

 

食堂内

f:id:sattisatisatti:20190403212236j:plain

歩き遍路の集うお宿なので、お食事をしながらみなさんとの会話も弾みます。

東京から来られたという男性は、岩屋寺参拝中に娘さんの懐妊の知らせが届き、安産祈願の蝋燭を買ってお祝いしたそうです。

他にも陳さんやキャサリンさんという女性の外国のお遍路さんも宿泊されていて、海外でもお遍路に興味を持つ人が多いんだなあと実感しました。

この日の移動距離はおよそ30数キロ。

歩数は40193歩でした。

 

次回は2日目の様子を更新しますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元素図鑑の上に花冷えのダンベル  さち

 

げんそずかんのうえにはなびえのだんべる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜はもう五分咲き&3月のさえずり句会♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20190328193736j:plain

 

 

 

お天気は晴れ。

今日も除草作業です。

冬に一度草を刈っているので作業はわりとさくさく進むのですが、ずっと背負いの噴霧器でがんばっているのでもう肩がこちこちです。

でも、あと2園地で全園制覇!

今日も摘み忘れの清見タンゴールみっけ♪

f:id:sattisatisatti:20190328193604j:plain

 

 

 

 

 

 

 

夕方は熊野神社へ。

桜はもう五分咲きくらいになっています。

f:id:sattisatisatti:20190328193947j:plain

f:id:sattisatisatti:20190328193803j:plain

 

今日はメジロは見かけませんでした。

鳥も昆虫も草花も、出会いはみんな一期一会ですね。

f:id:sattisatisatti:20190328193818j:plain

f:id:sattisatisatti:20190328193835j:plain

f:id:sattisatisatti:20190328193907j:plain

f:id:sattisatisatti:20190328193850j:plain

f:id:sattisatisatti:20190328193928j:plain

 

 

 

 

 

 

 

さて昨夜はわれらが夏井いつき組長を日土にお迎えして、3月のさえずり句会が開催されました。

今回はなぜかオノマトペの句が多くて、楽しませてもらいました。

朧月、花曇、春愁、桜、春光、紋白蝶、はくれん等、大好きな春の季語が並びます。

 

さち並選三句の作者は、シリウスさん、おかめ媛さん、花紋さん。

さち特選二句の作者は、まとむさん、組長でした。

 

そしてこの句座のベスト3句である、組長のぽんぽん特選を獲得したのは、瀑さん、まとむさん、さちでした。

おめでとうございます&ありがとうございます。

f:id:sattisatisatti:20190328193654j:plain

f:id:sattisatisatti:20190328193717j:plain

 

私のぽんぽん特選句は歩き遍路で生まれた、オノマトペの句でした。

組長からは「信じられる耳を持っている!」と言って頂き、本当に感無量でした。

組長、今回も丹念なご指導をありがとうございました。

f:id:sattisatisatti:20190328193620j:plain

この句会の雰囲気の伝わってくるいいお顔ですね♪

組長と句座を共にできる幸せをまた実感した夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

捨て猫に詫びまた歩き出す遍路  さち

 

すてねこにわびまたあるきだすへんろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやつは摘み忘れていた甘平&熊野神社の桜にメジロ&ベニシジミとスジグロシロチョウ初撮り♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20190326193542j:plain

 

 

お天気は曇りのち晴れ。

お日様が隠れている時はちょっと肌寒いくらいでした。

今日は除草作業など。

甘平園で作業をしていたら、摘み忘れていた果実を発見!

わ〜い。

鳥も気づかなかったみたいです。

おやつに戴いてみると、と〜っても甘くて美味しかったです。

しあわせしあわせ♪

f:id:sattisatisatti:20190326193458j:plain

 

 

 

 

 

 

家の近くの熊野神社の桜は開花宣言が23日で(笑)、今は二分咲きくらいです。

f:id:sattisatisatti:20190326193559j:plain

 

夕方見に行ってみると、ラッキーな事にメジロが来てくれました。

私が木の裏側にいたから、少しの間メジロに気づかれなかったみたいです。

可愛いらしいなあ。

f:id:sattisatisatti:20190326193609j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20190326193616j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20190326193622j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20190326193629j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20190326193635j:plain

 

ミツバチやモンシロチョウも桜に集います。

人だけでなく、鳥や虫にも好かれている桜。

短い花時をみんなでたっぷり楽しみたいですね♪

 

 

 

 

 

アザミ

f:id:sattisatisatti:20190326193311j:plain

 

スモモ

f:id:sattisatisatti:20190326193255j:plain

 

レンゲ

f:id:sattisatisatti:20190326193326j:plain

 

ヒメオドリコソウ

f:id:sattisatisatti:20190326193127j:plain

 

オドリコソウ

f:id:sattisatisatti:20190326193057j:plain

 

オニタビラコ

f:id:sattisatisatti:20190326193040j:plain

 

シャガ

f:id:sattisatisatti:20190321200500j:plain

 

 

 

 

 

今年初めて撮れたベニシジミスジグロシロチョウ

 

ベニシジミ

f:id:sattisatisatti:20190326193116j:plain

 おめめがおっきい!

f:id:sattisatisatti:20190326193109j:plain

 

 

吸水中のスジグロシロチョウ

f:id:sattisatisatti:20190326193520j:plain

 

 

求愛中?のヒメアカタテハ

f:id:sattisatisatti:20190326193644j:plain

 

 

 

 



 

 

  

 

川を行く落椿

f:id:sattisatisatti:20190326193415j:plain

f:id:sattisatisatti:20190326193359j:plain

f:id:sattisatisatti:20190326193339j:plain

 

 

 

 

 

明日はいよいよ3月のさえずり句会です。

いったいどんな春の句に出会えるのでしょう。

わくわく♪

 

 

 

 

 

 

 

初桜今日定年という人と  さち

 

はつざくらきょうていねんというひとと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩白柚湯にびっくり&菜の花畑で出会った蝶たち♪

 

 

 

ショカツサイ

f:id:sattisatisatti:20190321200042j:plain

 

 

 

お天気は雨のち晴れ。

お休みだ〜!

大好きな温泉で岩盤浴三昧です。

それに今日はスペシャルな柑橘湯の日で、お湯に浮かんでいたのは…

なんと大きな大きな晩白柚(ばんぺいゆ)でした!

直径は20センチはあったと思います。

うちでは作っていない珍しい柑橘です。

そんな巨大な果実がお湯の中にぷかりぷかりと40個くらいも!

そっと顔を近づけてみると、野趣にあふれた苦味と酸味の混じった爽やかな香り。

いいね〜。

岩盤浴晩白柚湯(ばんぺいゆゆ)にたっぷりと癒してもらった一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキケマン

f:id:sattisatisatti:20190321200149j:plain

 

夕方には晴れ間が広がり、びっくりするほど気温が上がりました。

日光が当たっていた玄関前の温度計は32℃もあってびっくり!

いきなり夏?!と思いました。

これは、蝶が来ているかも!と思って近くの菜の花畑に行ってみましたよ。

 

いましたいました〜♪

 

モンシロチョウ

f:id:sattisatisatti:20190321200236j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200253j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200116j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200127j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200136j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200205j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200218j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200228j:plain

 

モンキチョウ

f:id:sattisatisatti:20190321200305j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200358j:plain

ヒメアカタテハ

f:id:sattisatisatti:20190321200337j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200347j:plain

 

トラフシジミ

f:id:sattisatisatti:20190321200408j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200415j:plain

 

ルリシジミ

f:id:sattisatisatti:20190321200424j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200434j:plain

 

セイヨウミツバチ

f:id:sattisatisatti:20190321200327j:plain

 

オオハナアブ

f:id:sattisatisatti:20190321200449j:plain

 

モンシロチョウの他にも色々な虫に出会う事ができて嬉しかったです。

 

 

 

熊野神社の桜です。

あとひといき。

f:id:sattisatisatti:20190321200058j:plain

f:id:sattisatisatti:20190321200106j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ばたこばたこと日永の耕運機  さち

 

ばたこばたことひながのこううんき