つれづれなるさっち3

「いつき組」組員 「街」同人 俳人井上さちの日々  第一句集「巴里は未だ」文學の森

アサギマダラ100頭飛来&一気にマーキング1号、2号、3号発見♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20181015224210j:plain

 

 

 

お天気は晴れ時々曇り。

今日は清見タンゴールの仕上げ摘果等。

 

 

 

 

 

午後1時、アサギマダラ100頭飛来!

f:id:sattisatisatti:20181015224256j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015224333j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015224326j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015224315j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015224307j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015224250j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015224245j:plain

 

 

 

そしてついに!

昼前に帰宅した時、マーキングの個体を続けて3頭も発見しました。

 

マーキング1号 

えひめ うわ 10/4−21

f:id:sattisatisatti:20181015224200j:plain

 

マーキング2号 

えひめ おに 10/3−21

f:id:sattisatisatti:20181015224219j:plain

 

マーキング3号 

えひめ うわ 10/14−31

f:id:sattisatisatti:20181015224226j:plain

 

どちらも宇和や鬼ヶ城等、県内の南部からの飛来です。

アサギネット掲示板によると、筆跡やマークの方法から、どうやら3頭とも宇和のMさんがマーキングされた個体のようです。

それも、2号の「えひめ おに 10/3−21」の個体は、一度10月10日に宇和島の光満で再捕獲されていて、なんと今回が再々捕獲の奇跡的な個体である事がわかりました。

南へ渡っていくのが秋のアサギマダラの習性ですが、県の南部から我が家への北進の個体はこれまでにも何度か発見しているので、鳥等生物の渡りの銀座である、細長い佐田岬半島を経由して、最短で海を渡ろうとしているのではないかと思います。

佐田岬半島の付け根の小高い場所にある我が家は、格好のアサギマダラの立ち寄りスポットであるのかもしれません。

次回はもっと遠くからのマーキングを期待しています。

3頭とも写真を撮ったあとは、そっとフジバカマに返しました。

どうか元気で旅を続けてくれますように。。

 

 

 

 

 

アカタテハ

f:id:sattisatisatti:20181015224231j:plain

 

イチモンジセセリ

f:id:sattisatisatti:20181015224239j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスモスの風がさらって行く譜面  さち

 

こすもすのかぜがさらっていくふめん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋麗の石鎚山へ♪

 

 

 

朝霧の大洲城

(この朝今年初めての肱川あらしが観測されたそうです)

f:id:sattisatisatti:20181015013227j:plain
 

 

 

お天気は晴れ。

今日は早起きして憧れの石鎚山へ登って来ました。

成就社や土小屋までは何度か行った事がありますが、頂上まで行くのは初めてです。

旦那くんは2度目だそうですが、子どもの頃だったので50年ぶりだそうです(笑)

久万高原から石鎚スカイラインを走って、土小屋を出発するルートを選びました。

f:id:sattisatisatti:20181015013242j:plain

 

午前中は青空が美しくてわくわくしながら登りました。

f:id:sattisatisatti:20181015013256j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013313j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013328j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013343j:plain

 

リンドウのお花に元気をもらいます。

f:id:sattisatisatti:20181015013403j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013416j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013430j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013444j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013459j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013516j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013529j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013540j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013603j:plain

 

登山者の列が続いています。 

f:id:sattisatisatti:20181015013626j:plain

 

途中鎖場があって、ニの鎖は私も頑張って登ったのですが、どこに足をかけたらいいかわからないような所もあって、ちょっとドキドキしました。

f:id:sattisatisatti:20181015014610j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013647j:plain

 

ひい〜!

f:id:sattisatisatti:20181015014624j:plain

 

三の鎖も登る!という旦那くんと別れ、私は迂回路で。

f:id:sattisatisatti:20181015013701j:plain

 

お互い別ルートで無事に石鎚山頂上社に到着!

f:id:sattisatisatti:20181015013732j:plain

 

頂上社から見る天狗岳です。

f:id:sattisatisatti:20181015185952j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013759j:plain

 

お参りをして、頂上で食べたおにぎりは最高でした。

f:id:sattisatisatti:20181015013833j:plain

 

山頂付近の紅葉は10月上旬だったそうですが、まだ十分美しかったです。

f:id:sattisatisatti:20181015013903j:plain

 

それにしても、この日は紅葉シーズンの快晴の日曜日とあって、山頂付近は人でいっぱい!

テレビ局もお山の賑わいを撮影に来ていたようで、ドローンも何度も飛んでいました。

ドローンの音、最初はスズメバチかと思っちゃいました(笑)

駐車場も県外ナンバーが多かったし、やはり石鎚山は人気のあるお山なのですね。

天狗岳に向かう道も行列ができていました。

「天狗待ち」というそうです。

f:id:sattisatisatti:20181015013847j:plain

 

私はあの絶壁を見ただけで無理でしたが、旦那くんはせっかくだから天狗岳にも行って来る!と言います。

旦那くんの姿を望遠で追います。

f:id:sattisatisatti:20181015013925j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013939j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015013959j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015014020j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015014037j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015014100j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015014445j:plain

 

でも山頂付近に着いたあたりで、天狗岳はガスに覆われ始めました。

f:id:sattisatisatti:20181015070855j:plain

 

あらら。。と思っていたけど、このおかげで旦那くんはブロッケン現象を見ることができたそうです。

ブロッケン現象(ブロッケンげんしょう、: Brocken spectre)とは、太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、と似た光の輪となって現れる大気光学現象

旦那くん撮影の2枚(虹の中にあるのは旦那くんの影です)

f:id:sattisatisatti:20181015014117j:plain

f:id:sattisatisatti:20181015014120j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181015014147j:plain

 

よかったよかった。

足がすくんでうずくまっている人もいたそうです。

鎖場も天狗岳も難なく登った旦那くん、とても2年前に大病を患った人には見えません。

お山の力を戴いてこれからも元気でいて下さい。

 

f:id:sattisatisatti:20181015014205j:plain


帰り道の山頂に近い登山道でかわいいネズミを見つけました。

ハタネズミでしょうか。

f:id:sattisatisatti:20181015014218j:plain

まるでぜんまいじかけのおもちゃのような動きでとってもかわいらしかったです。

 


つれづれなるさっち3 石鎚山のネズミ

 

旦那くんのスマホの万歩計によると、この日の歩数は19983歩でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

霊山は青鈍色や芋嵐  さち

 

れいざんはあおにびいろやいもあらし

 

 

 

 

 

 

 

 

アサギマダラ60頭飛来&Kiss11月号のアンケートにご協力お願いします♪

 

 

 

寄り添って。。    (左ツマグロヒョウモン♂、右キタテハ)

f:id:sattisatisatti:20181013191512j:plain

 

 

 

お天気は快晴。

今日も極早生みかんの収穫へ。

昼頃には極早生園全てをひととおり摘んで回る事ができました。

今年の極早生は特に色づきが良かったので、もう9割くらいは収穫できたような気がします。

なんだかスムーズ!

息子のおかげもありますね。

ありがたやありがたや。

 

 

 

 

 

 

 

午後1時、アサギマダラ60頭飛来。

時折風が強く吹いたので、飛来数が少し減ったのでしょう。

雨よりも風が飛来数を左右します。

f:id:sattisatisatti:20181013191531j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191634j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191702j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191553j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191501j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191426j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191340j:plain

 

前にモンシロチョウ♪

f:id:sattisatisatti:20181013191356j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191413j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191326j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191316j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191228j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191252j:plain

 

 

 

今日は、なんとブログの読者という方々がアサギマダラを見に来て下さいました。

熱心にスマホでアサギマダラを撮影されていましたよ。

それに、Mのデビュー作の載った「Kiss11月号」まで買って、読んで下さっているというからびっくりです。

 

Kiss(キス) 2018年 11 月号 [雑誌]

Kiss(キス) 2018年 11 月号 [雑誌]

 

 

本当にありがとうございます。

こんな拙いブログでも読んで下さっている方がおられるのを実感しました。

Kiss11月号を買って下さった皆様、ぜひアンケートにもご協力頂き、Mを応援して下さったら嬉しいです。(ネットからもできるとか?)

f:id:sattisatisatti:20180926071532j:plain

どうかよろしくお願い致します。

 

 

 

モンシロチョウ

f:id:sattisatisatti:20181013191241j:plain

 

 

アカタテハ

f:id:sattisatisatti:20181013191217j:plain

 

 

ツマグロヒョウモン

f:id:sattisatisatti:20181013191715j:plain

 

 

ヒメアカタテハ

f:id:sattisatisatti:20181013191623j:plain

 

 

キタテハ

f:id:sattisatisatti:20181013191441j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191452j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181013191542j:plain

かっこいい!

 

 

 

 

 

 

 

猪避けの空砲星の残りけり  さち

 

ししよけのくうほうほしののこりけり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アサギマダラ80頭飛来♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20181009213206j:plain

 

 

 

お天気は曇りのち雨。

今日も蒸し暑かったです。

降って来るまではみかんの収穫、あとは選果作業など。

 

 

 

 

午後1時、アサギマダラ80頭飛来。

今日は姫島にも50頭飛来(村役場HPより)したそうです。

アサギマダラは大きくたおやかに羽ばたきます。

庭中でひらりんひらりん

まるで桃源郷のよう。

マーキングはまだ見つかりません。

こんなに沢山いるのになあ。。

アサギマダラが驚いて飛んでいってしまわないよう、フジバカマの周囲をゆ〜っくりゆ〜っくり歩きながらながめています。

 

f:id:sattisatisatti:20181010195544j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181010195522j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181010195554j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181010195607j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181010195622j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181010195631j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181010195505j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

ダッシュ島の横は猫島鰯雲  さち

 

だっしゅじまのよこはねこしまいわしぐも

 

 

 

 

 

 

 

 

アサギマダラ40頭飛来♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20181009213413j:plain


  

 

お天気は晴れ。

今日も極早生みかんの収穫です。

日差しが強くて風も吹かず、あちあちの1日でした。

それでもおしごとスイッチがかちんとオンになって、無心に摘み続けた私です。

えらいぞ、わたし!

 

 

 

 

 

 

午後1時、アサギマダラ40頭飛来!

やはりぐんと数が増えてきました。

それでも今日のような暑い日は、アサギマダラ達は日陰の場所を好んで集まっているように見えました。

たしかアサギマダラは20℃くらいの気温を好むと聞いた事があります。

晴天より少し曇りがちなお天気のほうが彼らには快適なのかもしれませんね。

f:id:sattisatisatti:20181009213125j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009213133j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009213214j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009213221j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009213255j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009213242j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009213232j:plain

 

 

今日、2年前の記事に佐礼谷小学校の保護者の方からコメントを戴いておりました。

その記事とは「サレダニ小学校」とマーキングのあるアサギマダラを見つけた記事でした。

d.hatena.ne.jp

 

当時マーキング発見のお知らせを佐礼谷小学校にお届けしたところ、校長先生から丁寧なお礼のお便りを頂き、感激したものでした。

子供達はこのブログを見て喜び、フジバカマを植えてみたいと言っていたそうです。

今日のコメントによると、佐礼谷小学校の子供達は今年も地域の方々と共に、アサギマダラのマーキングを始めているそうです♪

そうですか、今年も!

我が家のマーキング1号はいったいどこから飛んできてくれるのでしょう。

楽しみに待っています☆

 

 

今日も地面にアサギマダラの翅が落ちていました。

f:id:sattisatisatti:20181009213149j:plain

 

また鳥にやられたのかと思っていたんですが、その後旦那くんがアサギマダラを捕まえているハラビロカマキリを見つけました!

f:id:sattisatisatti:20181009213348j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009213359j:plain

 

そういえば、先日のふじみんさんのパーティーでお会いしたリンダ様が「ハラビロカマキリが蝶を捕まえて食べるのよ。」と言っておられたのを思い出しました。

リンダ様、全くその通りでございました。

教えて頂きありがとうございます!

そして、疑っていたカラスさんとヒヨドリさん、ごめんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

月代やプルトニウムを運ぶ船  さち

 

つきしろやぷるとにうむをはこぶふね

 

 

 

 

 

 

 

アサギマダラ30頭飛来&伊月庵と宝厳寺&岡田一美さん出版記念パーティー♪

 

f:id:sattisatisatti:20181009010910j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009010851j:plain

 

 

 

お天気は晴れ。

極早生みかんの収穫へ。

「爽やか」というよりは「秋暑し」の陽気です。

今日は急峻な園地でみかんの採りカゴを二回もひっくり返すという失敗をしましたが、息子Tがすぐに来てみかんを一緒に拾ってくれました。

いまだに息子が一緒に農業をしているのが、何だか夢の中の事のような気がしています。

クローラ(運搬車)や一輪車を上手に操る息子をちらちらっと見ながら、うふふ♪とみかんを摘んでおります。

 

 

 

 

 

午後1時、アサギマダラ30頭飛来。

もう鑑賞期に入ったと言っていいでしょう。

我が家をご存知のみなさん、ぜひアサギマダラを見にいらして下さい♪

まだマーキングの個体は見つかっていません。

農繁期ゆえ私がアサギマダラを観察できるのは昼食後のわずか30分程度。

丸一日じっと観察できたらなあ。。

f:id:sattisatisatti:20181009011847j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011812j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011912j:plain

 

アサギマダラの翅の透け感のわかる一枚です。 

f:id:sattisatisatti:20181009011923j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011943j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011022j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009010941j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009010921j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009010927j:plain

 

 

 

めずらしくキタテハも来ていました。

f:id:sattisatisatti:20181009011857j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011932j:plain

 

 

 

 

 

 

さてさて、昨日はふじみんこと岡田一美さんの句集「記憶における沼とその他の在処」の出版記念パーティーに出席してきました。

一緒に行ったのはまとむさんと瑞木さんです。

今回は私が運転手で、みんなでわくわくしながら俳都へ向かいました。

せっかくなので、少し早めに出発して道後の「伊月庵」を訪れてみようという事に。

伊月庵は、今年夏井いつき組長がお造りになった句会所を兼ねた庵です。

突然の訪問で、この日はカルチャーのみなさまの句会中だったのにもかかわらず、庵の中も見学させて頂く事ができました。

f:id:sattisatisatti:20181009011206j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011225j:plain

組長、カルチャーのみなさま、お邪魔いたしました。

兼光さん、ひかるんさん、温かく対応して下さりありがとうございました。

とても素敵な句会所で、いつかさえずり句会でも利用したいと思います。

 

 

 

伊月庵のすぐ上は一遍さんで有名な宝厳寺です。

f:id:sattisatisatti:20181009011241j:plain

 

新築された美しい宝厳寺です。

f:id:sattisatisatti:20181009011302j:plain

 

境内にはりっぱな銀杏の大木があり、ぎんなんが沢山落ちていました。

f:id:sattisatisatti:20181009011345j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011320j:plain

 

かわいらしい蟷螂や斑猫の姿もありました。

f:id:sattisatisatti:20181009011424j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011506j:plain

斑猫は近づくと逃げていくので、この日のちっこいカメラでは撮る事ができず残念でした。

自然豊かな所です。

黒田杏子先生の句碑もありました。

 

稲光一遍上人徒跣  黒田杏子

 

いなびかりいっぺんしょうにんかちはだし

f:id:sattisatisatti:20181009011437j:plain

 

夕日のあたる宝厳寺には芒や萩もあり、ゆっくりと深まりゆく秋を感じました。

f:id:sattisatisatti:20181009011527j:plain

 

 

 

このあたりには「道後オンセナート」の関連でしょうか、不思議なアート作品があちこちに展示してありました。

f:id:sattisatisatti:20181009011136j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011117j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011541j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011602j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011615j:plain



 

 

その後は道後を散策。

この日はちょうど松山祭りで、あちこちで御神輿を見ることができました。

思いがけずお祭り気分を楽しむ事ができてよかったです。

f:id:sattisatisatti:20181009011629j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011649j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011704j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011721j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011743j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011757j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181009011107j:plain

 

 

 

 

 

そして、パーティー会場へ。

会場には組長はじめ有名俳人の皆様が多数詰めかけておられました。

久しぶりにお会いした懐かしい方々、今回初めてお会いして言葉を交わした方々等、私にとっても嬉しい出会いがいっぱいでした。

ハンドルキーパーの私はノンアルコールのメニューに「十六夜(いざよい)」という素敵なお名前の飲み物があったのでそれを戴きました。

見た目はソルティドッグのようで、お味はグレープフルーツのようでした。

イタリアンのお料理も美味しく戴きました。

 

ふじみんさんの夫、マイマイさんの口笛コンサートもあり、「愛の挨拶」等数曲。

マイマイさんの優しくて心のこもった音色にはとても感動しました。

f:id:sattisatisatti:20181009012002j:plain

マイマイさん、口笛がお上手なのできっと楽器を吹いてもうまいのでは、と思いました。

サクソフォン奏者の娘Hも子供の頃から口笛の達人でしたもの。

 

ふじみんさん、お花のようににっこりと微笑まれて、お幸せそうで羨ましい限り。

せっかくお写真掲載のお許しを頂いたのに、こんなぽわんとしたピントでごめんなさい。

でもふじみんさんの美しさは伝わりますね。

f:id:sattisatisatti:20181009011958j:plain

 

句集の方はまだ時間がなくて深くは読めていませんが、冒頭の一句にいきなり痺れております。

 

火蛾は火に裸婦は素描に影となる  岡田一美

 

クール!

動かぬ素描と妖しく動く火蛾の対比が見事です。

裸婦の素描にからまるようにはたはたと点滅する火蛾の影。

そこには画家とモデルの存在も。

全ては夏の夜の深まりの中に。。

 

ふじみんさん、句集「記憶における沼とその他の在処」のご上梓、まことにおめでとうございます!

f:id:sattisatisatti:20181009012009j:plain

 

帯八句

火蛾は火に裸婦は素描に影となる

暗渠より開渠へ落葉浮き届く

かたつむり焼けば水焼く音すなり

椿落つ痛みつつ且つ喰はれつつ

死者いつも確かに死者で柿に色

照り返す葉表を蜘蛛歩きけり

くらがりの沼へ水入る蛾の羽ばたく

白藤や此の世を続く水の音

 

これからゆっくりと楽しませて頂きます。

アマゾンでも購入できるそうですよ♪

記憶における沼とその他の在処

記憶における沼とその他の在処

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五線譜に書かれし手紙秋桜  さち

 

ごせんふにかかれしてがみあきざくら

 

 

 

 

 

 

 

 

雨でもアサギマダラ20頭飛来♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20181005231908j:plain

 

 

 

お天気は雨のち曇り。

時折小雨がぱらつきました。

 

 

 

午後1時、アサギマダラ20頭飛来。

f:id:sattisatisatti:20181005231858j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181005231842j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181005231811j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181005231718j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20181005231705j:plain

こんなお天気でもアサギマダラは訪れてくれました。

今日はわりと早朝から来ていて、夕方は早めにいなくなっていました。

台風を予感しての行動かもしれません。

 

 

アサギマダラの次に多く訪れている蝶はミドリヒョウモン、その次がイシガケチョウといったところです。

 

ミドリヒョウモン

f:id:sattisatisatti:20181005231821j:plain

 

イシガケチョウ

f:id:sattisatisatti:20181005231738j:plain

 

あとは、ツマグロヒョウモンアカタテハヒメアカタテハと続きます。

ツマグロヒョウモン(♀)

f:id:sattisatisatti:20181005231758j:plain

 

 

実は蝶よりも多く来ている虫がいます。

それは、オオハナアブ

f:id:sattisatisatti:20181005231853j:plain

複眼にはクールな模様があってちょっとかっこいいのです。

 

 

ミドリヒョウモンの♂2頭がツマグロヒョウモンの♀にかなりしつこく求愛していました。

f:id:sattisatisatti:20181005231834j:plain

このような誤認求愛行動は時折あるもののようです。

 

 

 

 

午後は温泉へ。

岩盤浴はほぼ貸切でとってもリラックスできました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の虹のはじめとまんなかとおわり  さち

 

あきのにじのはじめとまんなかとおわり