つれづれなるさっち3

「いつき組」組員 「街」同人 俳人井上さちの日々  第一句集「巴里は未だ」文學の森

ツマキチョウがひらひら&川名津神楽の柱松神事&ドライフラワーのハーバリウム&チャールズヨットついに完成♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20180423061835j:plain


  

 

お天気は今日も晴れ。

ここ数日は新しく作ることになった保内の清見園の間伐に精を出しています。

保内の清見園からの景色 

f:id:sattisatisatti:20180423062052j:plain

 

密植ぎみで、この前草刈機を持って園内を移動するのが大変だったので、通りやすく、また木々の中までよくお日様があたるように、いらないと思う木を選んで伐採しています。

まずチェーンソーで息子Tが薪燃料用にぶんぶんと大きく切り、更に旦那くんがバッテリー剪定バサミでウィンウィンと小さく切り、残った枝葉を私がチッパーシュレッダーでガーッとぱらぱらにしています。

昔は木を切った時には、枝を燃やして片付けたりしていたけれど、火事の心配があるので、今ではこのチッパーシュレッダーが大活躍してくれています。

 

 

 

そんなこんなの作業中にふわりふわりと白くて小さなちょうちょうが!

わあ!ツマキチョウです!

カメラが手元になかったので、息子Tがスマホで撮ってくれました。

かなりトリミングしたので粗いですが 。

 

ツマキチョウ

f:id:sattisatisatti:20180423062701j:plain

ツマキチョウは長い間私たちの周りを行ったり来たりして、ゆっくり見せてくれました。

ありがとう。

ツマキチョウはこのあたりではあまり見かけない蝶なのです。

数年前にぼやけた写真を1枚撮った事があったけれど、それ以来かなあ。

 

 

 

モンキアゲハ

f:id:sattisatisatti:20180423062043j:plain

 

 

モンキチョウ

f:id:sattisatisatti:20180423061902j:plain
 

 

ナミアゲハ

f:id:sattisatisatti:20180423061914j:plain

 

 

ベニシジミ

f:id:sattisatisatti:20180423061930j:plain


 

 

 

 

シャガ

f:id:sattisatisatti:20180423061939j:plain
 

 

オンツツジ

f:id:sattisatisatti:20180423062000j:plain

 

 

オオジシバリ

f:id:sattisatisatti:20180423062014j:plain

 

セッコク

f:id:sattisatisatti:20180423061949j:plain
 

 

ムサシアブミ

f:id:sattisatisatti:20180423062029j:plain


 

 

 

 

 

 

 

 

昨日と今日は川名津地区の春祭。

昨夜は夜10時半頃に家を出発して、川名津神楽の柱松神事を見に行ってきました。

ちょうど寒くもなく、穏やかな春の夜で、とても大勢の観客で賑わっていました。

f:id:sattisatisatti:20180423062138j:plain
 

 

将軍舞

f:id:sattisatisatti:20180423062107j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062124j:plain

 

 

 八雲舞

f:id:sattisatisatti:20180423062151j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062201j:plain



岩戸開

f:id:sattisatisatti:20180423062212j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062223j:plain

 

 

羅刹

f:id:sattisatisatti:20180423062234j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062246j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062300j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062314j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062329j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062345j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062357j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062419j:plain

 

 

大蛇退治

f:id:sattisatisatti:20180423062436j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062454j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062509j:plain

 

 

鎮火の舞

f:id:sattisatisatti:20180423062522j:plain

 

 

柱松

f:id:sattisatisatti:20180423062538j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062555j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062610j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062626j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062644j:plain

 

 

 

 

 

先日のJUN先生のドライフラワー教室ではハーバリウムを作りました。

f:id:sattisatisatti:20180423061849j:plain

お花を選ぶ時には少し悩んだけれど、あとは瓶に入れてオイルを流し込むだけなのでとても簡単。

JUN先生、お世話になりました。

 

 

 

 

 

旦那くんの帆船「チャールズヨット」がついに完成しました⭐︎

おめでとう! 

f:id:sattisatisatti:20180423062709j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062739j:plain

f:id:sattisatisatti:20180423062723j:plain

 

そして、また新しい船の製作に取り掛かっています。

今度は伊達政宗にちなんだ船だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潰れたるトウシューズ百囀れよ  さち

 

つぶれたるとうしゅーずひゃくさえずれよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俳句王国がゆく八幡浜&四万十市トンボ自然公園&俳壇5月号に♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20180415204549j:plain

 

 

 

お天気は曇りのち腫れ。

少々露あり。

緑のカーテン用に琉球朝顔を植えたり、花壇にセンニチコウやジニアの苗を植えたりしつつ、庭に羽釜を出して筍を湯がいたりしておりました。

 

 

午後の「俳句王国がゆく」もよかったですね♪

主宰は「花鳥」の坊城俊樹先生。

俳句甲子園ではおなじみの先生です。

前半のチーム戦では、どーや市場と黒い商店街とプロペラの模型飛行機が紹介されて、それぞれを詠みながら、俳句王国チーム(スザンヌさん、小川春休さん、高久麻里さん)と八幡浜チーム(二宮清純さん、まとむさん、正人さん)が対決。

2対1でまとむさんのいる八幡浜チームが勝利しました。

後半のチャンピオン戦ではテーマ「お金」でゲスト6人が対決し、チャンピオンとなったのはわれらがさえずり句会のまとむさんでした!

最後の正人さんとの決勝戦は接戦でしたね。

まとむさんも正人さんも大健闘でした。

おめでとうございます!

 

接戦だった決勝戦

春甘藍六元にして痩せつぽち  正人

啓蟄のこつこつ割って貯金箱  まとむ(チャンピオン⭐︎)

 

その他のゲストのみなさんの素敵だった句

今朝〆の文字踊りたる桜鯛  二宮清純

きらめきて泳ぐ鱵になりたいの  スザンヌ

風光るすこし赤見え黒ポスト  小川春休

ゴム巻きながら春空を思ひけり  高久麻里

 

 

 

 

 

では、先日の四万十のトンボ公園で撮った写真をどうぞ♪

f:id:sattisatisatti:20180415203901j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180415204005j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180415203923j:plain

ここに来るのは2回目です。

この日は平日だったせいかとっても空いていて、ゆっくりじっくり見て回る事ができました。

 

アヤメやスイレンヒメコウホネなどがもう咲き始めていました。

f:id:sattisatisatti:20180415204357j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180415204312j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180415204519j:plain

 

さてさて、トンボはいるのかな〜?

いたいた!

 

一番よく見かけたのはこのトンボ、タベサナエです。

タベサナエ

f:id:sattisatisatti:20180415203941j:plain

f:id:sattisatisatti:20180415204051j:plain

f:id:sattisatisatti:20180415204209j:plain

 

 

そして、オオイトトンボ。といってもそんなに大きくはありません。(4センチくらい)

とっても綺麗な色です。青いのが♂で黄色っぽいのが♀です。

オオイトトンボ(左が♂、右が♀)

f:id:sattisatisatti:20180415204027j:plain

f:id:sattisatisatti:20180415204044j:plain

オオイトトンボ(♂)

f:id:sattisatisatti:20180415204102j:plain

 

 

シオヤトンボ(♂)

f:id:sattisatisatti:20180415204153j:plain

f:id:sattisatisatti:20180415204227j:plain

シオヤトンボ(♀)

f:id:sattisatisatti:20180415204709j:plain

 

 

ヨツボシトンボ

f:id:sattisatisatti:20180415204243j:plain

f:id:sattisatisatti:20180415204301j:plain

 

 

コサナエ(♀)

f:id:sattisatisatti:20180415204635j:plain

 

 

そしてこの日初めて見たのがホソミイトトンボです。オオイトトンボよりも更に小さくて(3センチくらい)、飛んでいる姿はまるで妖精のようでした。 

ホソミイトトンボ

f:id:sattisatisatti:20180415204338j:plain

なんと羽化直後のようです!感動!

f:id:sattisatisatti:20180415204537j:plain

 


前にここで買ったチョウトンボのビーズのブローチをバッグに着けて歩きました。

下の二つは今回買ったものです。

左がコナカハグロトンボのブローチ、右はマルタンヤンマのストラップ。

f:id:sattisatisatti:20180415204749j:plain



 

f:id:sattisatisatti:20180415203840j:plain

f:id:sattisatisatti:20180415204650j:plain

f:id:sattisatisatti:20180415204730j:plain

 

私なりに高知を楽しんだ二日間でした。

俳句やっててよかった〜♪

 

 

 

 

 

 

俳壇5月号が届きました。

f:id:sattisatisatti:20180415213053j:plain

 

もくじf:id:sattisatisatti:20180415212916j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180415212936j:plain

 

152ページ「現代俳句の窓」で新作6句を発表させて頂いております。

f:id:sattisatisatti:20180415212955j:plain

句集でお世話になった「文學の森」以外の出版社からも、このような依頼を頂けた事をありがたく思っております。

 

 

また俳壇5月号内に「街」主宰の今井聖先生関連の記事が二つ。

まずは俳人協会四賞授与式の記事が冒頭のカラーページに載っているのですが、今井先生がご著書「言葉となればもう古し 加藤楸邨論」で俳人協会評論賞を受賞されています。

この写真は授賞式の様子ですね。

今井先生、おめでとうございます。

f:id:sattisatisatti:20180415213038j:plain

 

もうひとつは75ページの「あにまる歳時記」で、今井先生が13歳で逝った愛犬梅吉くん(ラブラドール・レトリバー)との思い出を書いておられます。

思わずうるうる。。

これは必見です。

お見逃しなく♪

 

俳壇 2018年 05 月号 [雑誌]

俳壇 2018年 05 月号 [雑誌]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春色の労研饅頭俳都かな  さち

 

はるいろのろうけんまんとうはいとかな

 

 

 

 

 

 

 

 

新園地での草刈り&石川直樹「この星の光の地図を写す」&4月のまほろば句会♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20180413232826j:plain


 

 

お天気は晴れ。

今日はJAの仲介で新しく作らせて頂く事になった、保内の清見園の草刈りをしました。

これまで80歳台のご夫婦が作っておられたそうです。

新たな耕作者は息子T⭐︎

私は今日初めて行ってみたのですが、日当たりがとてもよくて、町を一望できる景色の素晴らしい所でした。

やや傾斜がきついのが難点ですが、ここなら美味しい柑橘ができそうです。

それにしても、草刈り、大変だった〜。。

 

 

 

 

 

 

さてさて11日は高知県南国市のまほろば句会へ行ってきました。

高速を走るのが苦手な私は、ゆっくり下道を走ります。

景色を見たり、道の駅に寄って、美味しい物を見つけたりしながら行くのが大好き!

行きは内子町から久万高原町を経由して仁淀川沿いに進むルートです。

 

「小田の郷せせらぎ」で一休み。

f:id:sattisatisatti:20180413231700j:plain

 

ここで見逃してはいけないのが「オダメイド」の絶品アイスです。

f:id:sattisatisatti:20180413231642j:plain

黒豆やいちご味もおすすめですが、今回ははったいこのアイスを選びました。

昔懐かしい香ばしい風味♪

 

可愛い苔玉も2個連れて帰りました。

f:id:sattisatisatti:20180413233359j:plain

 

  

 

 

 

 

高知に着いたのは昼過ぎ頃。

いつもなら牧野植物園が定番だったのですが、この日は晴れたり時折雨が降ったりと不安定なお天気だったので、高知県立美術館に寄ってみる事に。

こちらの常設展ではいつ来てもシャガールが見られるのがいいですね。

企画展では冒険家で写真家の石川直樹さんの「この星の光の地図を写す」が開催されていてとても興味深く楽しませて頂きました。

北極や南極、高山や辺境の地等で撮影されたものです。

以下、会場の撮影可能スポットで撮った写真をどうぞ。

(フラッシュなしなので暗いです)

f:id:sattisatisatti:20180413231744j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413231805j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413231820j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413231834j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413231849j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413231904j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413231922j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413231939j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413231954j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232009j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232023j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232039j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232054j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232109j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232123j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232138j:plain

 

 

特に驚いたのは最後のコーナー。

 

石川さんの愛用の品々

f:id:sattisatisatti:20180413232226j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232249j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232306j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232330j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232355j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232423j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232438j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232453j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232524j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232509j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413232629j:plain

 

押してみました⭐︎

f:id:sattisatisatti:20180413232644j:plain

 

石川さん

f:id:sattisatisatti:20180413232558j:plain

 

2004年に熱気球での太平洋横断に出発する時の映像です。

f:id:sattisatisatti:20180413232542j:plain

 

残念ながら、気球は海に落ちてしまったそうです。

f:id:sattisatisatti:20180413232153j:plain

 

しかし、その時海に沈んだと思われていた気球のゴンドラが、なんと4年後にトカラ列島に漂着したのだそうです!!!

その時ゴンドラから見つかった品々。

f:id:sattisatisatti:20180413232210j:plain

 

この時計が

f:id:sattisatisatti:20180413232659j:plain

 

こんな風に!

f:id:sattisatisatti:20180413232715j:plain

 

 

この企画展に出会えてとてもラッキーでした。

撮影不可コーナーの写真も見ごたえありです。

この展示は6月10日まで開催されています♪

 

 

 

 

 

 

さあ、夜はまほろば句会へ。

f:id:sattisatisatti:20180413232952j:plain

 

 会場にはまっことマンデーさん心づくしのお花があちこちに飾られているのです♪

f:id:sattisatisatti:20180413233011j:plain

 

この日は先日「百年俳句賞」を受賞されたリンドさんもお見えになっていました。

リンドさん、ご受賞おめでとうございます。

句会では新しい発見に満ちたいい句に沢山出会うことができました。

さち並選三句の作者はマンデーさん、遍路石さん、ちえさん。

さち特選二句の作者はのぶひでさん、リンドさんでした。

俳句は詠むのも大事ですが、あらためて読む事の楽しみと喜びで胸がいっぱいになった夜でした。

夏井いつき組長、まほろば句会の皆様、お世話になりました。

f:id:sattisatisatti:20180413233024j:plain

 

お土産にマンデー農園のお野菜を山盛り戴いちゃいました。

f:id:sattisatisatti:20180413233420j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180413233431j:plain

 

マンデーさん、いつもありがとう!

 

 

 

 

 

翌日はうんと遠回りして四万十のトンボ公園に寄って帰りました。

その様子はまた次回の記事で⭐︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翁草牧野博士の丸眼鏡  さち

 

おきなぐさまきのはかせのまるめがね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年初のアサヒナカワトンボとベニシジミ&くーの狂犬病予防接種♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20180410213557j:plain

 

 

 

お天気は腫れ。

除草作業は一旦完了したので、剪定などやっております。

今日は川のそばの清見園にて。

 

すると視界をキラリと光るものが⭐︎

なんと、アサヒナカワトンボです。

f:id:sattisatisatti:20180410213522j:plain

 

いつもならこのトンボが出現するのは4月の中旬から下旬にかけてでしたが、今年はとっても早かったです。

胴体部分の鮮やかな金緑色は生まれたての証拠です。

なんて綺麗なんでしょう。

翅がオレンジっぽい個体もいましたよ。

f:id:sattisatisatti:20180410213540j:plain

もうカワトンボの季節なんですね。

次はミヤマカワトンボかな♪

 

 

 

 

ベニシジミも今年初めてです。

f:id:sattisatisatti:20180410213419j:plain

 

 

スジグロシロチョウ

f:id:sattisatisatti:20180410213531j:plain

 

 

キチョウ

f:id:sattisatisatti:20180410213443j:plain

 

 

 

 

シロツメクサ

f:id:sattisatisatti:20180410213514j:plain

 

 

サルトリイバラ

f:id:sattisatisatti:20180410213450j:plain

 

 

カラスノエンドウ

f:id:sattisatisatti:20180410213458j:plain

 

 

オドリコソウ

f:id:sattisatisatti:20180410213427j:plain

 

 

 

 

 

 

午後はくーの狂犬病の予防接種に行ってきました。

座ったままのくーの様子を見た先生は一瞬迷っておられましたが、食欲もあって元気だと聞くと、じゃあ大丈夫かな、と予防接種をして下さいました。

体調の悪い子は猶予されることもあるようです。

くーもしずかにおりこうに受ける事ができてよかったです。

 

がんばったのだ

f:id:sattisatisatti:20180410213434j:plain

 

八幡浜市の鑑札はこんな感じ。

f:id:sattisatisatti:20180410213615j:plain

なんだかちょっと味気ないです。

もっとかわいいデザインだったら(ボーン型とか)付ける人も増えると思うんだけどなあ。

 

 

 

 

 

 

 

明日は高知のまほろば句会に出席します。

マンデーさんはじめまほろば句会の皆様、お世話になりま〜す♪

 

 

 

 

 

 

 

 

春の月消去していく猫の脚  さち

 

はるのつきしょうきょしていくねこのあし

 

 

 

 

 

 

 

 

ナミアゲハの吸水&ルリタテハがひらひら&フランス製本の句集♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20180404221503j:plain

 

 

 

お天気は今日も晴れ。

午前中は真穴で草刈り、午後は日土で除草剤でした。

まるで夏のような暑さ。

ふ〜。

 

 

 

 

川沿いの園地で今年初めてナミアゲハを撮る事ができました。

それも集まって吸水していたのです。

 

ナミアゲハ

f:id:sattisatisatti:20180404221609j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180404221554j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180404221522j:plain

f:id:sattisatisatti:20180404221640j:plain

 

 アゲハも暑かったんですね。

ついこの間初蝶を見たばかりだというのに、もうこんな光景を見る事ができて嬉しかったです。

 

 

 

 

 

そのすぐ近くでルリタテハがひらひら♪

そ〜っと追いかけてなんとか撮れました。

ルリタテハはその翅の色の美しさから大好きな蝶のひとつです。

 

ルリタテハ

f:id:sattisatisatti:20180404221811j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180404221749j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180404221757j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180404221804j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井上さち第一句集「巴里は未だ」(文學の森

f:id:sattisatisatti:20180404221835j:plain

句集を読んだ皆様から、お手紙、メール、お電話等、数多くの反響を戴いております。

ありがとうございます。

 

この句集は表紙にグラシン紙を巻き込んであるフランス製本(フランス装)という作り方でできています。

まず句集を作る時に悩んだのがハードカバーにするか、ソフトカバーにするかでした。

ハードカバーは高級感がありますが、ちょっと厚くてちょっと重い。

私は句集はしなやかに手の中でしなる方がいいなあ、となんとなく思っていました。

でもこだわりのあるものを作りたい!

そんな時に句集のサンプルから目にしたのがフランス製本でした。

フランス装はハードカバーとソフトカバーの中間的な感じですが、しなるという点ではソフトカバーに近いかもしれません。

半透明なグラシン紙ごしの表紙の味わいもレトロな趣があって気に入りました。

また、表紙と各章の扉部分にある4枚の挿画は、ある漫画家の方に描いて頂いたのですが、これがとても素晴らしいと好評を戴いております。

帯の濃い瑠璃色もフランスの伝統色です。

何より、夏井いつき先生の煌めくような帯文、今井聖先生の力強い序文は私の一生の宝物となりました。

 

句集「巴里は未だ」についてのお問い合わせはこちらのメールアドレスまでどうぞ♪

satisati@mc.pikara.ne.jp

(井上さち)

 

 

 

なのだ

f:id:sattisatisatti:20180404221823j:plain


 

 

 

 

 

 

 

 

 

花曇小さな象を拾いけり  さち

 

はなぐもりちいさなぞうをひろいけり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マムシとの戦い&御衣黄の開花&真穴の座敷雛&法蓮寺のしだれ桜♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20180403205003j:plain

 

 

 

お天気は晴れ。

今日は一人で真穴へ草刈り。

真穴では除草剤では倒れそうにないほどぶっといノゲシがはびこっていたので愛用の草刈機、ロビンハッピースタートを始動させました。

この草刈機を操っていると、自分がなんだかとてもできる職人になったような気がするから不思議。

でも草刈りは重労働です。

をんをん、をんをん、がんばっていると。。

草むらからマムシがぬめっと現れました。

きゃああ!

どうも草刈機にあたって負傷している模様。

しっぽをぴりぴりさせています。

ひー!

ハメ(マムシ)を見つけたらやっつけんといけんよ、と常々言われている私。

やっつけたくはないけれど、やっつけなくてはなりません。

でもさわれない!

そこで大きな石を何度もマムシめがけて投げてみることに。

すると石は命中し、マムシのぴりぴりは静かになり、涙の戦いは終わったのでした。

ごめんね、マムシは悪くないのにね。

 

 

 

 

 

道路沿いのいつもの花壇で緑色の桜、御衣黄が咲き始めていました。

この色も高貴なイメージで大好きです。

f:id:sattisatisatti:20180403204825j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204942j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204747j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204904j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204844j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204922j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204808j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、昨日は真穴の座敷雛と桜見に行っておりました。

まずは真穴の座敷雛の様子をどうぞ。

全部で3軒あったようですが知り合いのお宅2軒を見せて頂きました。

 

矢野家の座敷雛

f:id:sattisatisatti:20180403201649j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403201704j:plain

 

 

f:id:sattisatisatti:20180403201725j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403201741j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403201756j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403201814j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403201834j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403201850j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403201910j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403201929j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403201941j:plain

 

 

薬師神家の座敷雛

f:id:sattisatisatti:20180403203650j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203704j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203717j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203738j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203800j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203822j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203842j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203903j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203925j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203948j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204010j:plain

 

どちらもそれぞれの棟梁さんの渾身の作であり、大勢の地元の方々の協力によって準備が進められてきたそうです。

盆栽などは日土の方から貸り受けたものが多いとか。

うっとりしながら雅な世界を堪能しました。

私も真穴に生まれた長女なので、大昔、座敷雛を飾ってもらったそうです。

その頃のお雛様は少しこぶりで御殿付きのものでした。

父には晩年いろいろと悩まされる事が多かったのですが、愛されて育ててもらったんだなあと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は三瓶経由で宇和の関地池公園へ。

少し遅いはずの宇和の桜ですが、この陽気で早くも散り始めていました。

こいのぼりが勢い良く泳いでいました。

f:id:sattisatisatti:20180403203217j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203158j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403203239j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は高速にのって久万高原町の法蓮寺へ。

ご住職のブログ「法蓮寺日録」で確認していたので、ちょうど満開でした。

しかしやっと到着したのは日没後。

でも、素晴らしかった。

f:id:sattisatisatti:20180403204032j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204100j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204123j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204147j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204210j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204234j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204258j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204319j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204349j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204413j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204435j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204521j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204458j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204702j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204608j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204636j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180403204545j:plain

 

この桜はまるで鳳凰が翼を広げたような姿が魅力的だと思いました。

もう少し待てばライトアップされた幽玄な姿も見られたのでしょう。

今朝の愛媛新聞一面にちょうどその様子が載っていましたね。

ここで売っている百円の小さなクッキー、どれも美味でワインによく合います♪

 

 

 

 

 

 

 

面紙を解けば明るき雛の部屋  さち

 

おもがみをとけばあかるきひなのへや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕映えの石畳の東のしだれ桜♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20180331064814j:plain

 

 

 

お天気は晴れ。

午前中は除草剤の散布、午後はマシン油乳剤の散布等。

仕事の後は、内子町の石畳地区にある東のしだれ桜を見に行ってきました。

この桜は石畳地区の小高い丘の上にあり、樹齢360年とも言われているエドヒガンの一本桜です。

台風で大枝を無くした歴史もありますが、地元の方々の手厚い保護によって、円錐型に咲き溢れる見事な樹形を保っています。

ここ数年訪れていませんでしたが、今年こそはと思い、毎日開花情報を集めていました。

今日は満開との情報⭐︎

行ってみましょう!

しかし出発したのは夕方。

日没までに間に合うでしょうか?

高速を走ってたどり着いてみると。。。

f:id:sattisatisatti:20180331063734j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331063754j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331063837j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331063856j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331063920j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331063942j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064004j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064026j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064052j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064114j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064136j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064203j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064230j:plain

 

そこには夕日を浴びてどっしりと立つ桜の勇姿が!

間に合いました。

日没までわずか10分ほどでした。

ピンク色に染まるしだれ桜の大樹はとてもドラマチックでした。

 

その後東の空からはぽかんとお月様が。

なんてすてき。

f:id:sattisatisatti:20180331064248j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064342j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064408j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064432j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064457j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064519j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20180331064553j:plain

 

 

帰りには大洲城によってお花見のにぎわいも味わいました。

f:id:sattisatisatti:20180331064748j:plain

テレビで紹介されていた屋台の田楽も美味しかったです♪

いい夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

大枝垂桜墓石百基を従えて  さち

 

おおしだれざくらぼせきひゃくきをしたがえて

(昔、東のしだれ桜で詠んだ一句)