つれづれなるさっちII

「いつき組」組員 「街」同人 俳人井上さちの日々  第一句集「巴里は未だ」文學の森

ペンキ塗り職人の気分&「単眼複眼」にピューマの赤ちゃんの写真♪

 

 

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200121194516j:plain


 

 

お天気は晴れ。

数日前から庭のフェンスと倉庫の屋根のペンキ塗りをしています。

気分はペンキ塗り職人!

さびを丁寧に落として、、

フェンスはミルキーホワイトに。

f:id:sattisatisatti:20200121194650j:plain

 

倉庫の屋根はオーシャンブルーに。

f:id:sattisatisatti:20200121194609j:plain

塗って塗って塗りまくって。。

できたー!

 

庭に置いている木の椅子も白くリニューアル。

f:id:sattisatisatti:20200121194631j:plain

明日からお天気が崩れるようなので、今日中にできてよかったです♪

 

手についたペンキが落ちない。。(涙)

 

 

 

 

 

もうじいじの植えた小梅が咲いています。

このぶんだと桜も早いのかしら。。

f:id:sattisatisatti:20200121194456j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200121194421j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200121194441j:plain


 

 

 

 

 

 

昨日(1/20)の愛媛新聞の「単眼複眼」にピューマの赤ちゃんの写真を掲載して頂きました。

f:id:sattisatisatti:20200121195043j:plain

 

今年初の掲載、ありがとうございます。

みなさんも、愛らしいピューマの赤ちゃんを見に、ぜひとべZOOへ♪

 

f:id:sattisatisatti:20200112204000j:plain

 

 

 

 

 

 

 

大寒や碧い瞳のピューマの仔  さち

 

だいかんやあおいひとみのぴゅーまのこ

 

 

 

 

 

 

 

ジョウビタキにフンガイ&ネズミとしろくまの折り紙作品♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200118185145j:plain

 

 

 

お天気は曇り。

早朝ウォーキングから帰ってみると、軽トラ、サンバーくんのミラーに鳥のフンがいっぱい!

またあいつだね!と思いつつ、水をかけながらごしごしと洗い流しておりました。

きれいになったのも束の間、その後草刈りをしにお山に行こうとすると、すでに軽トラのミラーが沢山のフンで汚されています。

それも両方!

あらら。

たった1時間くらいの間によくも頑張ったものだこと!(笑)

犯人はジョウビタキです。

何度も目撃しました。

ジョウビタキのこの行動は、鏡に映った自分を敵だと思って、縄張りを主張しているのだそうです。

初めは軽乗用車のラパンでした。

ラパンはミラーが格納できるので、格納後は大丈夫でした。

次はオープンカー、ビートのミラーに。

ビートは古い車なので格納ができず、仕方なく両方レジ袋をかぶせております。

そしてついにサンバーくんまでレジ袋姿に。

これまで、ジョウビタキは綺麗だし人懐こいイメージがあって好きだったのに、今ではあいつ呼ばわりです。

いいかげん諦めてくれないかなあ。。

でも許す♪

 

ジョウビタキはこんな鳥

ジョウビタキ(♂)

f:id:sattisatisatti:20200118185709j:plain

 

ジョウビタキ(♀)

f:id:sattisatisatti:20200118185651j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200118185106j:plain

 

 

 

 

 

図書館で借りていた折り紙の本を参考にしながら作ってみたのがこちら。

宝船に乗った干支のねずみです。

景気良く小判をいっぱいに(笑)

f:id:sattisatisatti:20200118185117j:plain

 

ねずみのお顔を少しふっくらさせたら、しろくまにもなりそうだと思って、アレンジしてみたのがこれ↓

希望をこめて赤ちゃんも2頭いるのです♪

f:id:sattisatisatti:20200118185154j:plain

日本ではホッキョクグマの数は減る一方で、この冬もなかなか出産のニュースがありません。

12月28日に仙台の八木山動物公園のポーラが赤ちゃん1頭を出産したそうですが、残念な事に死産だったそうです。

ポーラは赤ちゃんを舐めたり、自分の近くに引き寄せて育てようとし、母親の姿をみせていたそうです。

本当に切ないです。

どうかどうか、日本でホッキョクグマの赤ちゃんが授かりますように。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水仙や漁港のボス猫はジョニー  さち

 

すいせんやぎょこうのぼすねこはじょにー

 

 

 

 

 

 

歩き遍路の旅5 3日目72番札所曼陀羅寺から75番札所善通寺まで♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200113191818j:plain

 

 

 

天気は晴れのち曇り。

今日は草刈りへ。

例年ならこの時期、草は冬枯れ状態になるはずなのですが、今年はどうした事でしょう。

草の勢いは止まず、特にノゲシがすごいです。

頑張りました!

 

 

では去年の暮れに行った、お遍路旅5の3日目の様子をアップします。

 

歩き遍路の旅5 3日目 72番札所曼陀羅寺から総本山75番札所善通寺を行く。(2019/12/25)

宿泊した「大師の湯」は温泉施設なので、朝6時から大浴場を使う事ができます。

6時に大浴場に行ってみると貸切状態!

わ〜い!

たった一人でゆっくりと浸かる事ができて、足の疲れをたっぷりと癒してもらいました。

やっぱりお遍路には温泉のあるお宿が最高だな、と思う。

 

大師の湯の朝ごはん

f:id:sattisatisatti:20200113174111j:plain

 

さあ、出発です。

「いやだに温泉大師の湯」お世話になりました。

f:id:sattisatisatti:20200113174144j:plain

 

3日目もいいお天気です。

f:id:sattisatisatti:20200113174126j:plain

 

大師の湯の少し上の遍路道を右へ。

まず向かったのは72番札所曼陀羅寺です。

71番札所弥谷寺からは徒歩で1時間15分、約4㎞の道のりです。

f:id:sattisatisatti:20200113174204j:plain

 

雑木の中の遍路道です。

木立の中から朝日がきらり☆

f:id:sattisatisatti:20200113174221j:plain

 

竹林です。

f:id:sattisatisatti:20200113174244j:plain

 

がんばって

ありがとう!

f:id:sattisatisatti:20200113174303j:plain

 

池に映ったおうち

f:id:sattisatisatti:20200113174326j:plain

 

道路に出ました。

f:id:sattisatisatti:20200113174347j:plain

 

この道は曼陀羅寺道というのですね。

f:id:sattisatisatti:20200113174404j:plain

 

道は高速道の方へ。

f:id:sattisatisatti:20200113174422j:plain

 

高速道路の下を潜ります。

f:id:sattisatisatti:20200113174437j:plain

 

また細い道です。

f:id:sattisatisatti:20200113174452j:plain

 

右はため池。

香川は本当にため池が多いです。

f:id:sattisatisatti:20200113174511j:plain

 

広い道に出て来ました。

f:id:sattisatisatti:20200113174526j:plain

 

この池も大きいなあ。

f:id:sattisatisatti:20200113174548j:plain

 

車通り多し。

f:id:sattisatisatti:20200113174605j:plain

 

ここを右ですね。

f:id:sattisatisatti:20200113174624j:plain

 

赤い矢印に身を委ねて。

f:id:sattisatisatti:20200113174640j:plain

 

のどかな雰囲気の道。

f:id:sattisatisatti:20200113174655j:plain

 

左が曼陀羅寺ですね。

右は73番の出釈迦寺ですぐ近くのようです。

まずは72番の曼陀羅寺へ。

f:id:sattisatisatti:20200113174717j:plain

 

72番札所曼陀羅寺 山門

f:id:sattisatisatti:20200113174732j:plain

 

仁王門の山門です。

f:id:sattisatisatti:20200113174748j:plain

 

手水鉢の龍

f:id:sattisatisatti:20200113174804j:plain

 

72番札所曼陀羅寺 本堂

曼陀羅寺の歴史は古く、推古天皇の時代の596年に、この地の豪族で弘法大師の祖先でもある佐伯家の氏寺として建立されました。

その頃は世坂寺と呼ばれていましたが、807年に唐から帰国した大師が曼陀羅寺と改名し、唐から持ち帰った金剛界胎蔵界両界曼荼羅を安置し、母、玉依御前の仏果菩薩を祈ったと伝えられています。

礼拝。

f:id:sattisatisatti:20200113174827j:plain

 

72番札所曼陀羅寺 大師堂

礼拝。

f:id:sattisatisatti:20200113174847j:plain

 

境内には、大師が曼陀羅寺と改名した時に、記念に植えられたという不老の松がありましたが、残念ながら2002年に枯死しました。

その幹を材として掘られたのがこの笠松大師です。

f:id:sattisatisatti:20200113174905j:plain

 

座禅を組む大師の姿が掘られています。

f:id:sattisatisatti:20200113174926j:plain

 

平安時代歌人西行も訪れたという古刹です。

f:id:sattisatisatti:20200113174942j:plain

 

 

 

次は73番札所出釈迦寺へ。

72番札所曼陀羅寺からは徒歩で10分、0.5㎞の距離です。

近いですね。

先ほどの道を少し引き返し、小高い方へ進みます。

f:id:sattisatisatti:20200113175002j:plain

 

道沿いのビオラ

たくさん咲いていてかわいらしいこと。

f:id:sattisatisatti:20200113175028j:plain

 

石段の先が出釈迦寺のようです。

f:id:sattisatisatti:20200113175044j:plain

 

72番札所出釈迦寺 山門

f:id:sattisatisatti:20200113175102j:plain

 

また手水鉢には龍がいましたよ。

f:id:sattisatisatti:20200113175120j:plain

 

境内の木に繋がれていたかわいいわんちゃん達。

f:id:sattisatisatti:20200113190454j:plain

 

ミニチュアシュナウザーかな?

ご主人のご夫婦は納経所におられるようでした。

ワンちゃん連れのお遍路もいいですね。

近づくとちょこっと吠えられちゃいましたが、おりこうに待っていましたよ。

f:id:sattisatisatti:20200113190510j:plain

 

73番出釈迦寺 本堂

弘法大師が7歳の時、今の出釈迦寺の奥にある我拝師山の頂きに足を踏み入れました。

大師は「仏門に入って多くの人を救いたい。この願いが叶うのなら御釈迦様よ、現れたまえ。願いが叶わぬなら命を捨ててこの身を諸仏に捧げる。」と念じ、断崖から飛び降りたのでした。

すると大師の下で紫雲がたなびき、釈迦如来と天女が現れ、天女が大師の体を抱きとめたのだそうです。

こうして願いが叶えられた大師は釈迦如来像を刻んで本尊とし、出釈迦寺を創設したのでした。

f:id:sattisatisatti:20200113190550j:plain


なんてドラマティックな言い伝えなのしょう。

f:id:sattisatisatti:20200113190539j:plain

 

73番札所出釈迦寺 大師堂

礼拝。

f:id:sattisatisatti:20200113190523j:plain


出釈迦寺からの風景

f:id:sattisatisatti:20200113190619j:plain

 

 

この次は74番札所甲山寺です。

73番札所出釈迦寺からは徒歩で40分、約2㎞の道のりです。

緩やかに道を下って。

f:id:sattisatisatti:20200113190629j:plain

 

静かな所です。

f:id:sattisatisatti:20200113190647j:plain

 

田んぼの中の道です。

f:id:sattisatisatti:20200113190730j:plain

 

この道に沿って右には広い道路がありますが、この道が本来の遍路道

ちょっと地図を見ていたら通りかかったおじいさんが、

こっちの道の方が車が通らんけん、安全やけんな!

と親切に教えてくれました。

この周辺で、おじいさん達があと3人くらいも話しかけてくれました(笑)

わざわざ車を停めて声をかけて下さったりして、みなさん優しくて嬉しかったです。

f:id:sattisatisatti:20200113190813j:plain

 

麦の緑色が綺麗。

f:id:sattisatisatti:20200113190829j:plain

 

道沿いのお花も美しいです。

f:id:sattisatisatti:20200113190847j:plain

 

到着しました。

74番札所甲山寺 山門

f:id:sattisatisatti:20200113190906j:plain

 

74番札所甲山寺 本堂

礼拝。

弘法大師善通寺曼陀羅寺の間に伽藍を建てようと霊地を探していた所、甲山の中腹に白髪の老人が現れ、「ここが探し求めていた聖地なり。この地に寺を建てよ。」と告げられ、そこで大師は石を削って毘沙門天を刻み、山の岩窟に安置したそうです。

f:id:sattisatisatti:20200113191003j:plain

 

その毘沙門天の岩窟は境内の奥にありました。

f:id:sattisatisatti:20200113190922j:plain

 

74番札所甲山寺 大師堂

f:id:sattisatisatti:20200113190945j:plain

 

甲山寺は女性の守り神としても信仰があるようです。

境内にはうさぎの親子の石碑もありました。

納経所でうさぎの形の可愛らしい和三盆をお土産に購入。

 

f:id:sattisatisatti:20200113191021j:plain

 

 

 

そして、今回予定していた最後の札所、75番札所善通寺へ。

74番札所甲山寺からは徒歩で25分、1.5㎞の道のりです。

f:id:sattisatisatti:20200113191035j:plain

 

弘田川沿いの道

f:id:sattisatisatti:20200113191055j:plain

 

広い道路へ。

f:id:sattisatisatti:20200113191118j:plain

 

大きくてかわいらしい外観の病院です。

四国こどもとおとなの医療センター

f:id:sattisatisatti:20200113191138j:plain

 

カタパンのお店発見!

テレビで見たことのあるお店です。

レトロな店構えがたまりません。

あとで寄ろうっと♪

f:id:sattisatisatti:20200113191152j:plain

 

善通寺に到着しました!

広大な境内は通りを隔てて東西ふたつに分かれているのです。

75番札所善通寺 通りから金堂(本堂)側の山門

f:id:sattisatisatti:20200113191344j:plain

 

75番札所善通寺 金堂(本堂)

f:id:sattisatisatti:20200113191358j:plain

 

金堂正面

善通寺弘法大師生誕の聖地です。

807年、唐から帰国した弘法大師が、真言宗最初の根本道場として、長安青龍寺を模して、父善通の名を寺号として創建しました。

真言宗善通寺派の総本山であり、高野山、東寺と合わせて、弘法大師の三大霊跡とされている名刹です。

f:id:sattisatisatti:20200113191415j:plain

礼拝。

金堂の内部では大きな金色の薬師如来が迎えてくれました。

 

船の形の巨石の手水鉢

f:id:sattisatisatti:20200113191502j:plain

 

二頭の龍がいます。

f:id:sattisatisatti:20200113191450j:plain

 

四国で最も高い五重の塔は高さ43mです。

f:id:sattisatisatti:20200113191518j:plain

 

五百羅漢の姿も。

f:id:sattisatisatti:20200113191538j:plain

 

通りの西側の御影堂(大師堂)の山門

f:id:sattisatisatti:20200113191214j:plain

 

広い参道

f:id:sattisatisatti:20200113191238j:plain

 

75番札所善通寺 御影堂(大師堂)

f:id:sattisatisatti:20200113191254j:plain

 

大師堂はかつて佐伯氏屋敷があった所で、つまり大師はこの場所で誕生したのだそうです。

礼拝。

f:id:sattisatisatti:20200113191313j:plainこれで今回のお参りを無事終えることが出来ました。

よかった。。ありがとうございます。

 

カタパン屋さんへゴー!

f:id:sattisatisatti:20200113191558j:plain

 

赤ちゃんをおんぶした若いお嫁さんが応対してくれましたよ。

とっても美しい人でした〜。

陳列ケースもレトロで素敵。

f:id:sattisatisatti:20200113191614j:plain

 

大きなパンはすでに売り切れていたので、小丸パンと石パンとそら豆のおせんべいを購入。

f:id:sattisatisatti:20200113191742j:plain

 

左が石パン(笑)で、右が小丸パン↓

お味は生姜の風味でほんのり甘く、大分の臼杵煎餅に似ています。

美味しい!でも堅い!(笑)

くつわ堂の瓦煎餅よりも堅いんじゃないかしら。

香川の人は堅いおせんべいが好きみたいです。

f:id:sattisatisatti:20200115160228j:plain

 

お参りを終えた後は旦那くんのお迎えを待ちながら昼食を戴く事に。

善通寺の駐車場側の「讃岐おもてなしうどん たんたかたん」へ。

このおうどんは讃岐風のこしのあるおうどんで美味しかったです。

このセットでたしか千円くらいでした。

コスパ高し!

f:id:sattisatisatti:20200113191628j:plain

 

たんたかたん」前に旦那くん到着!

いつもお迎えありがとう♪

f:id:sattisatisatti:20200113191641j:plain

 

帰り道の伊予灘サービスエリアで食べた「おいり伊予柑ソフト」

そいうえばこの日はクリスマスだったのでした。

f:id:sattisatisatti:20200113191655j:plain

 

この日の歩数は半日だったので18820歩でした。

f:id:sattisatisatti:20200113191726j:plain


 長い記事にお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

大寒のからんくるんと木の玩具  さち

 

だいかんのからんくるんときのがんぐ

 

 

 

 

 

 

 

今借りている10冊&舵が付いた「H.M.S.FLY」&青い瞳のピューマの赤ちゃん♪

 

 

 

ポンカン

f:id:sattisatisatti:20200112203545j:plain

 

 

 

お天気は曇り時々雨。

昨日ようやく清美タンゴールのサンテ入れが終わったので、のんびりと過ごした雨の一日でした。

本を読んだり、折り紙を折ってみたり(笑)

干支にちなんだ「ねずみ」と「龍」(わたくし辰年♪)

f:id:sattisatisatti:20200112204615j:plain

 

参考にしたのはとってもかわいい縁起物折り紙の本です。

f:id:sattisatisatti:20200112204648j:plain

 

今借りている10冊はこちら。

f:id:sattisatisatti:20200112204631j:plain

不思議とスピリチュアルなセレクトに。

 

魔法雑貨の作り方 魔法使いの秘密のレシピ

魔法雑貨の作り方 魔法使いの秘密のレシピ

 
いしばしなおこの縁起物折り紙

いしばしなおこの縁起物折り紙

 

 これ凄かった〜!↓

キモめし

キモめし

 
小さな幸せがみつかる世界のおまじない

小さな幸せがみつかる世界のおまじない

  • 作者:亀井 英里
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2019/12/11
  • メディア: 単行本
 
かか

かか

 
巡礼の家 (文春e-book)

巡礼の家 (文春e-book)

 
魔法使いの教科書:神話と伝説と物語

魔法使いの教科書:神話と伝説と物語

 
小箱

小箱

 
影裏 (文春文庫)

影裏 (文春文庫)

 
タカラヅカの解剖図鑑

タカラヅカの解剖図鑑

 

 

 

 

 

 

このブログを書いていると、隣で旦那くんが

ついに舵が付いた!!!

と感慨深げに言っておりますよ。

旦那くんは今4つめの帆船模型「H.M.S. FLY」を製作中です。

舵の取り付けは難しいらしく、船底と舵の下のラインと、船体と舵の白いラインの両方を揃えるのが大変なのだそうです。

f:id:sattisatisatti:20200112204714j:plain

 

製作し始めてすでに9ヶ月!

毎日毎日少しづつ。。

とても細かい作業のようです。

がんばってね。

f:id:sattisatisatti:20200112204735j:plain

 

 

 

 

 

最後は先日動物園で撮った写真の残りです。

 

美しいたてがみのライオンはバリーでしょうか。

f:id:sattisatisatti:20200112203559j:plain

 

 

象の親子も元気です。

手前左が媛ちゃん、右が砥愛ちゃん。奥が母のリカさん。

砥愛ちゃん大きくなったなあ。。

f:id:sattisatisatti:20200112203756j:plain

 

リカさんは大きな筒の穴に鼻を入れて、美味しそうに枯れ草を食べています。

f:id:sattisatisatti:20200112203813j:plain

 

もぐもぐ。

f:id:sattisatisatti:20200112203832j:plain

 

 

サイの親子です。

お母さんはクー、子供はフー。(お兄ちゃんは天王寺にいるライくんです。兄弟で風神と雷神にちなんだお名前です)

f:id:sattisatisatti:20200112203620j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200112203639j:plain

 

フーくん、順調に大きくなっています。ちょこんと生えてきたツノがかわいい。

f:id:sattisatisatti:20200112203656j:plain

 

こちらはお父さんのストーム。りっぱなツノですね。

f:id:sattisatisatti:20200112203708j:plain

 

 

そして、公開されたばかりのピューマの赤ちゃんの所へ。

お父さんのピュータです。

野生的なまなざしがかっこいい〜!

f:id:sattisatisatti:20200112203919j:plain

 

ピューマの母子はお父さんと交代で午後1時半からの登場でした。

f:id:sattisatisatti:20200112204047j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200112204011j:plain

 

お母さんのラフは美しくしなやかに成長しました。

私はラフが赤ちゃんの時、ふれあいイベントでラフをなでなでした事があるので、とても感慨深いです。

ラフは子育てが上手だそうです。

2018年にラフが初めて産んだタフくんは、元気に育って今は盛岡市動物園にいます。

f:id:sattisatisatti:20200112204206j:plain

 

赤ちゃんのあどけない仕草は今だけの奇跡のような愛らしさです。

隣にいるジャガーの卯月佐助さんの近くに行って見上げたりしていましたよ(笑)

f:id:sattisatisatti:20200112203935j:plain

 

天王寺から来たジャガーの卯月佐助さん

f:id:sattisatisatti:20200112203904j:plain

 

赤ちゃんのおててのふといこと。

これからどんどん大きくなる事を物語っています。

f:id:sattisatisatti:20200112203950j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200112204024j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200112204036j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200112204116j:plain

 

ピューマの赤ちゃんは魅力的な青いおめめをしています。

f:id:sattisatisatti:20200112204000j:plain

 

細い柵があるので撮るのはなかなか難しかったです。

また会いに来ますね。

 

このピューマの赤ちゃんは現在お名前募集中です。

5つの候補があって、私はニコ、旦那くんはレイに○をつけて投票しました。

f:id:sattisatisatti:20200112203720j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200112203735j:plain

ニコの由来は10月25日生まれだからだそうですが、私は母親のラフとも笑顔でつながっていると思ってニコにしました。

大好きなお友達わんこのお名前もニコちゃんだしね。
どのお名前がつくか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

鏡餅ウオノメバンのずれるずれる  さち

 

かがみもちうおのめばんのずれるずれる

 

 

 

 

 

 

 

 

「2020年版 夏井いつきの365日季語手帖」&ピース20歳おめでとう♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200109220951j:plain

 

 

 

お天気は晴れ時々曇り。

今日は清美タンゴールのサンテ入れ等。

f:id:sattisatisatti:20200109221002j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200109221016j:plain

この時期にしては不思議なほど暖かく穏やかな一日でした。

寒中というのにいったいどうした事でしょう。

地球の気候の変化が気にかかります。

 

 

 

 

 

「2020年版 夏井いつきの365日季語手帖」が届きました。

f:id:sattisatisatti:20200109221458j:plain

この季語手帖では、毎日1つづつ季語を勉強し、その季語を使った一句を鑑賞する事ができます。

私の句集「巴里は未だ」からも「草刈り」と「秋気澄む」の二句を掲載して頂きました。

組長のご本に私の句を載せて頂けるなんて、これほど嬉しい事はありません。

ありがとうございます。

句集を出した甲斐がありました。

さえずり句会の仲間、まとむさんも「囀り」と「セーター」の二句が掲載されています。

ぜひお手にとってご覧になって下さいませ。

巻末には投句作品からの秀作や佳作が発表されていて、特に優秀なものは本編にも採用されているそうです。

2021年版がまた楽しみですね。

みなさんもぜひご投句を〜♪

 

2020年版 夏井いつきの365日季語手帖

2020年版 夏井いつきの365日季語手帖

 

 

 

 

 

 

 

昨日は旦那くんの通院に付き添って松山に行ったので、帰りはとべ動物園に寄って来ました。

会いたい動物がたくさんいます。

 

一番はホッキョクグマのバリーバ。

いつものように行ったり来たり、ひたすら歩いておりました(常同行動)。

f:id:sattisatisatti:20200109221420j:plain

 

そしてプールのお水をごくごく。

f:id:sattisatisatti:20200109221438j:plain

憧れるのは土の地面や木々や草花のある広いパドックです。

現在のこの環境を改善するのは費用がかかって難しいかもしれないけれど、せめて遊具やおやつ等の充実で、バリーバがもっと楽しんで過ごせるのではないでしょうか。

どうかよろしくお願いします。

でもバリーバが元気そうで安心しました。

 

そしてバリーバの娘のピース。

三角コーンを抱き枕に眠っていました。

f:id:sattisatisatti:20200109221034j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200109221057j:plain

 

なんとまあ。。

f:id:sattisatisatti:20200109221116j:plain

かわいらしいなあ〜。

 

あ、起きた?

f:id:sattisatisatti:20200109221135j:plain

 

ピースは20歳になりました。

ほんとうにおめでとう。

f:id:sattisatisatti:20200109221154j:plain

 

ふれあいセンター内ではピースの写真や着ぐるみピースの衣装の展示もありました。

f:id:sattisatisatti:20200109221403j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200109221218j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200109221257j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200109221347j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200109221332j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200109221317j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200109221237j:plain

 

 

明日、1月11日、午後7時30分からNHK総合で「しろくまピース20歳〜家族と歩んだいのちの奇跡〜」が放送されます。

録画しよっと♪

www.nhk.or.jp

 

とべ動物園では先週からピューマの赤ちゃん(女の子)が公開されています。

クロサイの子供フーくんも元気でした。

その様子はまた次回♪

 

 

 

 

 

 

 

豪農や堆くある炭俵  さち

 

ごうのうやうずたかくあるすみだわら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にぎたつ三社詣り♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200101223622j:plain

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

お天気は晴れ。

朝、テレビで見た富士山ごしの初日の出です。(大吉マーク付き♪)

f:id:sattisatisatti:20200101223455j:plain

 

それからお山へウォーキングして、鞍掛山の稜線に出る初日の出を待ちました。

少しだけ雲がかかっていましたが、きらりと初日の出の現れるその瞬間を見る事ができて、とても神々しくお日様の力を戴いたような気がします。

f:id:sattisatisatti:20200101223508j:plain

 

 

 

 

 

その後は初詣へ。

松山の護国神社に初詣に行くのは我が家の恒例行事なのですが、今年は更に、厳島神社と伊佐爾波神社を加えた、「にぎたつ三社詣り」に行ってまいりました。

斉明天皇の御出陣の地である三津の厳島神社と、お立ち寄りになられた地に建つ護国神社と、長旅の疲れを癒されたという道後の石湯の伊佐爾波神社を結ぶ「にぎたつ三社詣り」が新春開運の道として創設されていて、新春期間限定で新年の開運を願う特別な守護玉を、三社それぞれに授かる事ができるのです。

 

厳島神社

f:id:sattisatisatti:20200101223542j:plain

 

護国神社

f:id:sattisatisatti:20200101223645j:plain

 

伊佐爾波神社

f:id:sattisatisatti:20200101223603j:plain

 

どの神社も晴天のお元日で大変な人出でしたが、まるでドラゴンボールを集めているような気分で楽しくお詣りする事ができました。

f:id:sattisatisatti:20200101223740j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200101223759j:plain


 

今年がみなさんにとっても素晴らしい年でありますように。。

 

 

 

 

 

 

 

年新た都会のねずみにはなれず  さち

 

としあらたとかいのねずみにはなれず

 

 

 

 

 

 

 

歩き遍路の旅5 2日目 冬晴の68番札所神恵院から71番札所弥谷寺を歩く♪ 

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20191229162405j:plain



 

 お天気は曇り。

午前中は甘平(かんぺい)のサンテ入れ。

午後はお墓掃除をした後、注連飾りのウラジロを採りにお山へ入りました。

ウラジロを摘む時のぽきっという手応えが新鮮でした。

雨が降り始める前にお墓掃除ができて良かったです。

お墓の近くには立山(桧林)があるので、降り積もった桧の枯葉が濡れると、掃きにくくなって大変なのです。

年用意も少しづつ。。

そして、今夜の楽しみは「グランメゾン★東京」!

 

 

 

 

 

ではお遍路旅の続きです。

 

歩き遍路の旅5 2日目 冬晴の68番札所神恵院から71番札所弥谷寺を歩く♪

民宿「四国路」の朝ごはん

f:id:sattisatisatti:20191229161321j:plain

宿泊客は私一人。

民宿のご主人が、色々と話しかけて下さいました。

昔は農協関係のジュース工場の排水施設のお仕事をされていたそうで、愛媛のポンジュース工場や、保内の柑橘加工場等の設備も手がけられたそうです。

だから八幡浜もよく知っていると。

私が翌日に泊まる「天然いやだに温泉大師の湯」もとてもいい所で、自分たちも同級会はいつもあそこなんよ、とも。

 

民宿「四国路」、お世話になりました。

f:id:sattisatisatti:20191229155948j:plain

 

出発です。

この日まず目指すのは68番札所神恵院

67番札所大興寺からは約9㎞、徒歩で二時間半の道のりです。

f:id:sattisatisatti:20191229160004j:plain

 

鷹みたいな凧が鳥おどしのお仕事をしています。

f:id:sattisatisatti:20191229160020j:plain

 

香川には大きなため池が沢山ありました。

f:id:sattisatisatti:20191229160039j:plain

 

私に気づいて遠くに逃げる鴨ちゃん

f:id:sattisatisatti:20191229160058j:plain

 

高速道の下を潜って。

f:id:sattisatisatti:20191229160134j:plain

 

静かで平らな道です。

f:id:sattisatisatti:20191229160157j:plain

 

このため池では鴨ちゃん達がグループでダンスをしているみたいに、くるくる水面を回っていました。

f:id:sattisatisatti:20191229160216j:plain

 

この日もいいお天気です。

f:id:sattisatisatti:20191229160254j:plain

 

少し賑やかな通りへ出て来ました。

f:id:sattisatisatti:20191229160309j:plain

 

JRの踏切を渡ります。

f:id:sattisatisatti:20191229160350j:plain

 

観音寺の街ですね。

f:id:sattisatisatti:20191229160405j:plain

 

三豊合同庁舎前

f:id:sattisatisatti:20191229160419j:plain

 

遠くの小高い場所に見えるのはお寺かしら。

f:id:sattisatisatti:20191229160438j:plain

 

波のような美しいアーチを描く白い橋は「三架橋」。

f:id:sattisatisatti:20191229160453j:plain

 

日本百名橋にも選ばれていて、観音寺を代表する橋だそうです。

f:id:sattisatisatti:20191229160510j:plain

 

左手の少し小高い場所へ。

f:id:sattisatisatti:20191229160546j:plain

 

68番札所神恵院と69番札所観音寺の山門です。

f:id:sattisatisatti:20191229160607j:plain

 

そう、こちらは同じ境内に二つの札所があるのです。

このような形態は四国八十八ケ所で唯一ここだけだそうです。

山門にも両方のお寺の名前が書かれています。

2つの札所が共存するに至ったのは琴弾八幡宮という古社が大きく関わっています。

703年、海に漂う1隻の船を発見した日証上人が、船から琴の音が流れているのに気づき、引き上げて見ると、中には宇佐八幡神の姿があったそうです。

上人は船を山頂へ引き上げ社殿を作り、琴弾八幡宮として祀り、その別当寺として観音寺を開きました。

その後、弘法大師が琴弾八幡宮を68番札所に、観音寺を69番札所に定めましたが、明治に神仏分離で琴弾八幡宮四国霊場から外されてしまいます。

その後、琴弾八幡宮のふたつの本地仏のひとつは観音寺に、もうひとつは現在の神恵院に移され、神恵院が68番札所となったのだそうです。

f:id:sattisatisatti:20191229160633j:plain

 

ちょうど境内では観音寺の伽藍の整備が行われていて、大型車両が大きな戸を搬入しているところでした。

f:id:sattisatisatti:20191229160645j:plain

 

 68番札所神恵院 本堂

神恵院本堂の外側はこのようにコンクリートの建物のように見えますが…

f:id:sattisatisatti:20191229160704j:plain

 

中に入るとこのようになっていて、ちゃんと屋根のある寺院がありました。

礼拝。

読経の声が綺麗に響きました。

f:id:sattisatisatti:20191229160722j:plain

 

68番札所神恵院 大師堂

f:id:sattisatisatti:20191229160735j:plain

 

69番札所観音寺 本堂

f:id:sattisatisatti:20191229160806j:plain

 

69番札所観音寺 大師堂 

 

 

f:id:sattisatisatti:20191229160910j:plain

 

納経所も1ケ所です。

f:id:sattisatisatti:20191229160753j:plain

 

境内にあった素敵なカフェ「梧桐庵」 

f:id:sattisatisatti:20191229161101j:plain

 

少し早めの昼食を戴きます。

f:id:sattisatisatti:20191229160926j:plain

 

スダチうどん

細麺でスダチの風味がさわやか。おだしうまし。

f:id:sattisatisatti:20191229160950j:plain

 

デザートには銭形アイス

パリパリ最中の抹茶アイスは美味で、白玉と小豆と大の仲良し。

f:id:sattisatisatti:20191229161007j:plain

 

境内の石段の上は薬師堂。

この上の遊歩道を更に登ると、なんと「銭形展望台」に行く事ができるのです!

f:id:sattisatisatti:20191229160826j:plain

 

ほらね。

f:id:sattisatisatti:20191229161022j:plain

 

美しいですね。

f:id:sattisatisatti:20191229161044j:plain

 

さあ、次は70番札所本山寺へ。

69番札所観音寺からは財田川に沿って約5㎞。

徒歩で1時間20分の道のりです。

f:id:sattisatisatti:20191229161340j:plain

 

広い歩道です。

f:id:sattisatisatti:20191229161427j:plain

 

少し細い遍路道へ。

f:id:sattisatisatti:20191229161442j:plain

 

前も後ろもだあれもいません。

この旅の途中、一人も歩き遍路さんには出会いませんでした。

冬だからかしら。

f:id:sattisatisatti:20191229161501j:plain

 

道の両側にはひっつき虫のセンダングサがいっぱいでした。

f:id:sattisatisatti:20191229161517j:plain

 

見慣れないひっつき虫もいました。

これは「オモナミ」ですね。

連れて帰らないようにしなくっちゃ。

f:id:sattisatisatti:20191229161535j:plain

 

またまた鷹の凧発見!

びゅんびゅん飛び回っていいお仕事をしていました。

f:id:sattisatisatti:20191229161547j:plain

 

線路の下を潜って。。

f:id:sattisatisatti:20191229161622j:plain

 

なかなか見れない光景です。

f:id:sattisatisatti:20191229161636j:plain

 

犬の散歩をしているおじいさんが、どっからきたん?と話しかけてくれました。

愛媛ですと答えると、わしも親戚が新居浜におるけん時々愛媛に行くんよと言われておりました。

白いわんちゃんもかわいかったです。

f:id:sattisatisatti:20191229161704j:plain

 

到着しました。

70番札所本山寺 山門(重要文化財

f:id:sattisatisatti:20191229161712j:plain

 

もう門松が飾ってありました。

見事な門松ですね。

f:id:sattisatisatti:20191229161733j:plain

 

龍の手水鉢

f:id:sattisatisatti:20191229162040j:plain

f:id:sattisatisatti:20191229162056j:plain

 

70番札所本山寺 本堂

本山寺は807年に平城天皇の勅願により、弘法大師が建立したそうです。

天正年間に長宗我部元親に襲われた時には、当時の住職が果敢に体を張って軍勢を押し留めようとしましたが、腕を切られてしまいます。

そして境内に押し入った兵士たちの前に現れたのは阿弥陀如来像でした。

それもその阿弥陀如来像は腕から血を流していたのです。

驚いた兵士たちは退き、本山寺は兵火から免れたのだそうです。

f:id:sattisatisatti:20191229161811j:plain

 

70番本山寺 大師堂

f:id:sattisatisatti:20191229162001j:plain

 

ご本尊は馬頭観世音菩薩

馬が草を無心に食べるように、人間の悪い心を食べてくれると言われています。

それにちなんだ2頭の馬の像

f:id:sattisatisatti:20191229161905j:plain

 

また明治時代に建設された五重の塔も見事。

現在大改修の為の御寄進を募っておられるようでした。

f:id:sattisatisatti:20191229161832j:plain

 

 

次の札所は71番弥谷寺

70番札所本山寺からは約13㎞。

徒歩で3時間半の道のりです。

f:id:sattisatisatti:20191229162118j:plain

 

なんと要潤さんの大看板が迎えてくれました。

「ようこそ 僕のふるさと 三豊市へ」 素敵〜♪

f:id:sattisatisatti:20191229162204j:plain

 

高瀬町はお茶どころでしょうか。

f:id:sattisatisatti:20191229162241j:plain

 

あちこちにあるため池。

f:id:sattisatisatti:20191229162315j:plain

 

真っ赤なのはピラカンサですね。

f:id:sattisatisatti:20191229162334j:plain

 

前は遍路地図ばかりながめていましたが、この頃はほぼ道標を頼りに歩いています。

f:id:sattisatisatti:20191229162422j:plain

 

悩んだ時だけ地図を見ます。

f:id:sattisatisatti:20191229162439j:plain

 

はえんえんと。

f:id:sattisatisatti:20191229162520j:plain

 

大きなアロエ

f:id:sattisatisatti:20191229162557j:plain

 

麦畑も多し。

f:id:sattisatisatti:20191229162618j:plain

 

こっちはブロッコリーかな?

f:id:sattisatisatti:20191229162638j:plain

 

だいぶ弥谷寺に近づいてきたようです。

f:id:sattisatisatti:20191229162806j:plain

 

青空に感謝して。

f:id:sattisatisatti:20191229162823j:plain

 

山の方へ。

f:id:sattisatisatti:20191229162850j:plain

 

この日のお宿「天然いやだに温泉大師の湯」に到着。

この時点で午後4時。

チェックインした後で、更に上にある弥谷寺を目指します。

f:id:sattisatisatti:20191229162905j:plain

 

納経所はどこも午後5時までなので急がねばなりません。

f:id:sattisatisatti:20191229162924j:plain

 

71番札所弥谷寺 山門

f:id:sattisatisatti:20191229162942j:plain

 

しかしここからの石段が長いのです。

f:id:sattisatisatti:20191229162959j:plain

 

参道の途中の手水鉢の近くの金剛拳菩薩像

優しいお顔でかがむようにこちらを見ておられて元気をもらいました。

f:id:sattisatisatti:20191229163014j:plain

 

更に石段は続く。

日も暮れてきそうなので急がないと!

f:id:sattisatisatti:20191229163024j:plain

 

71番札所弥谷寺 大師堂

この大師堂は納経所を兼ねているので、まず1番にこちらへ。

時間が時間なので、いつもとは逆に、納経所、大師堂、本堂の順に回る事にしました。

f:id:sattisatisatti:20191229163240j:plain

 

中に入って左手が納経所、右手が大師堂です。

f:id:sattisatisatti:20191229163110j:plain

 

大師堂の裏手には獅子の岩屋という岩窟があります。

ここは幼い弘法大師が学問に励み修行をした場所だそうです。

上部に見えるのは「ほら地蔵尊」。

f:id:sattisatisatti:20191229163038j:plain

 

本堂はまだまだ石段を登ります。

f:id:sattisatisatti:20191229163126j:plain

 

岸壁には磨崖仏が刻まれています。

f:id:sattisatisatti:20191229163146j:plain

 

やうやく本堂に到着しました。

71番札所弥谷寺 本堂

天平年間に聖武天皇の勅願により行基が開創しました。

幼い日の弘法大師が修行の日々を送った場所だそうです。

f:id:sattisatisatti:20191229163208j:plain

 

本堂から見えた夕暮れの景色

f:id:sattisatisatti:20191229163221j:plain

 

暗くならないうちに宿に帰れて良かったです。

f:id:sattisatisatti:20191229163328j:plain

 

夕食

f:id:sattisatisatti:20191229163358j:plain

f:id:sattisatisatti:20191229163412j:plain

f:id:sattisatisatti:20191229163429j:plain

ごちそうさま♪

 

この日の歩数は46370歩!

ちょっと歩きすぎたかな。

でも夜、温泉にゆっくり入ると、だいぶ疲れを癒してもらいました。

いやだに温泉、いいです!非常〜にいい!

f:id:sattisatisatti:20191229163448j:plain

 長い記事にお付き合いくださり、ありがとうございました♪

 

 

 

組長を追ったドキュメンタリー番組はいよいよ明日です↓ お見逃しなく!

www.nhk.or.jp

「夏井いつき 俳句の種をまく」
本放送:総合 2019年12月30日(月)18:05~18:48
再放送:教育(Eテレ) 2020年1月26日(日)15:15~15:58
いずれも<全国向け>

 

 

 

 

 

 

 

ヤッケ着て撒く豊作の御礼肥  さち

 

やっけきてまくほうさくのおれいごえ