つれづれなるさっちII

俳人 井上さちの日々 第一句集「巴里は未だ」(文學の森)

ダムの旅2−2日目 四電の初瀬ダム&雲の上の図書館&市内の布喜川調整池と八代ダム♪

 

 

 

 

 

 

 

お天気は曇り。

今日は少し気温が高くて過ごしやすい1日でした。

 

 

 

ではダムの旅2ー2日目(2023年1月30日)の様子をどうぞ。

鹿野川荘の朝風呂でほっこりした後は美味しい朝食を。

レストランは鹿野川湖ビューです。

 

 

売店には鹿野川荘オリジナルのサウナハットがあったので購入しました。

サウナハットというと5千円くらいするイメージでしたが、タオル地なのに1650円ととてもリーズナブル!

鹿野川荘、とてもいいお宿でした。

 

 

 

鹿野川荘を出発して、高知の檮原方面へ。

この日の日程は特には決めていなかったのですが、旦那くんが檮原に「初瀬ダム」というダムがあるらしいと調べてくれました。

檮原というと、以前から一度行ってみたい場所があったのです。

 

それは、「雲の上の図書館」です。

 

雲の上の図書館は隈研吾さんの設計です。

地元産の木材をふんだんに使ってあり、斬新でありながらも温かい雰囲気のデザインが魅力です。

 

 

館内五ヶ所には海洋堂ジオラマが設置されていて、異空間ぶりを楽しませてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

各所にソファーや椅子、クッション等が配置してあって、ゆっくりとくつろげます。

 

記念にトートバッグを購入♪

 

丸一日、ここで本を読みながらゆっくりと過ごしてみたくなりました。

「雲の上の図書館」は想像以上の素敵な空間でした。

 

 

 

そして初瀬ダムへ。

初瀬ダムは重力式コンクリートダムで、堤の高さは23m、長さは112、5m、有効貯水容量は1121千m3です。

ダムの左岸には、魚が登りやすいようにニ往復する魚道が設けられています。

 

ダム湖が美しいです。

 

堤の奥に管理事務所があります。

 

到着してみて、ここ初瀬ダムが四国電力のダムだと気が付きました。

四国に四電のダムは全部で18ヶ所あるのだとか。

これまで訪れた国土交通省のダムとは、ダムカードの受け取り方やシステムが違っていて、ここのダムカードはメールか郵送で申し込みをしなくてはならないようです。

早速この場でダムに来ている写真を自撮りして、メールに添付してダムカードの申し込みをしました。

 

国土交通省のダムだけでなく、四電のダムにまで足を踏み入れてしまうとは。。

いよいよ深いダムの沼へ(笑)

そういえば少し前、スマホに「よんでんダムアプリ」をインストールしていたのを思い出しました。

起動してみると、すぐにスタンプとダムロボを獲得する事ができました。

初瀬ダムのダムロボは、まほろばウイングとまほろばブレードを持つ勇者風のロボットです。

かっこいい〜♪

ダムロボは全部で18体。

他のダムロボも見てみたいです〜。

 

このよんでんダムアプリには四電のダムと四電以外のダムの両方のスタンプを記録する事ができて、ダムの500m以内に近づいてアプリを起動させると、そのダムのスタンプやダムロボを獲得できるという仕組みです。

またダムへの道案内もしてもらえるので、レアなダムに向かう時には助かりますね。

アプリ内の四電以外のダムのところを見ると、地元八幡浜市内にも二ヶ所のダムがあるのに気づきました。

この二ヶ所のダムにはダムカードはありませんが、せっかくなので帰り道に寄ってみる事にしましょう。

 

各地の道の駅でお買い物を楽しみつつ、八幡浜へ。

 

八幡浜に到着。

まずは「布喜川調整池」へ。

 

調整池という名前ですが、なかなか立派な施設です。

 

ブイの上に並んでいるのは鵜?

 

おお!スリルあり!

 

下流側。

 

市内にこんなダム(調整池)があるなんて知りませんでした。

布喜川調整池は重力式コンクリートダムで、堤の高さは33、7m、長さは110m、有効貯水容量は150千m3です。

事業者は中国四国農政局で、野村ダムからの南予用水送水ネットワークの役割があるようなので、私達みかん農家もきっとお世話になっているのでしょうね。

 

 

 

そして今回のダムの旅のラストは、同じく八幡浜市内の八代ダムです。

それは榎峠から更に山の方へ入り、細いくねくね道を頂上の周辺まで登った先にありました。

道が細いのでダムの手前の三叉路のあたりに車を停めて、200mほど歩くとダム湖が現れました。

 

しかし堤の上は草ぼうぼうで歩く事はできませんでした。

ここはダムというよりはため池のよう。

八代ダムは土質で造られたアースダムで、事業者は愛媛県、堤の高さは24、2m、長さは93、2m、有効貯水容量は26千m3です。

人の気配もなく、まるで忘れ去られたようなダムでしたが、きっと大事な役目があるのでしょうね。

心に残っているのは、ダムを下る道からの絶景です。

初めてこの位置から見る諏訪崎は、リアス式海岸の素晴らしい景色で、ふるさと八幡浜を再発見したような気分でした。

 

充実のダムの旅2はこれでおしまい。

長い記事を見て頂きありがとうございました。

 

 

 

 

貝殻を真っ白にする冬の月  さち

 

かいがらをまっしろにするふゆのつき

 

 

 

 

ダムの旅2−1日目 野村ダムと鹿野川ダム♪

 

 

 

 

 

 

お天気は晴れ。

気持ちの良い一日でした。

ウォーキングをしながら今日も園地の見回り等。暇なの?(笑)

そろそろ立春が近いので、澤沿いのフキノトウスポットに立ち寄ってみました。

すると…

1つだけありました♪

かわいい。

まだまだ寒いけれど、春は近づいているんですね。

 

 

 

ダムの旅2−1日目(2023年1月29日)

1月29日から一泊でダムの旅に出かけてきました。

今回は西予市の野村ダムと大洲市鹿野川ダムをメインにして、翌日は高知県へ足を伸ばして檮原町にある四電の初瀬ダムに行き、帰り道に地元八幡浜にある小さなダム、布喜川調整池と八代ダムを訪ねてみました。

29日の朝、家の周辺には雪はありませんでしたが、宇和町に出るとまさかの雪。

次第に道路にまでうっすらと雪が積もってくるではありませんか(汗)

一応チェーンは携帯していたのですが、広い場所に車を停めて様子をみます。

大丈夫そうなので、まずは西予市の野村ダムへ行ってみましょう!

 

無事野村ダムに到着しました。

 

雪景色です。

 

風は無いけれど、時折ふわふわと雪が舞います。

ダム湖にはたっぷりの水。

南予用水でみかんもお世話になっている水です。

水の中に大きくて黒い魚が見えました。

ブラックバスかしら?

 

湖に映った雪化粧の山々が美しいです。

 

素敵。

 

下流側。

野村ダムはダムの重さで水を支えている重力式のダムです。

愛媛県にあるダムの中では大きな規模で、ダムの堤の長さは300mで1位、高さでは60mで8位、そして貯まる水の量は1270万m3で6位になります。

これは愛媛県で10万人が一年間に使う水道用水に匹敵するそうです。

 

ダムを見た後は管理事務所でダムカードを戴きました。

寒い中をようこそと労って頂きました。

ありがとうございます。

 

駐車場の近くに咲いていた健気なお花。

サザンカでしょうか。

 

 

 

その後は、大洲市鹿野川ダムへ。

野村ダムからは車で30分くらいの距離です。

鹿野川ダムに到着。

 

ダム湖の水は野村ダムと比べると水位が低いようでした。

 

下流側。

鹿野川ダム重力式コンクリートダムで、堤の高さは61m、長さは167、9mあります。

そして貯水容量はなんと4820万m3で、愛媛の多目的ダムの中では富郷ダムに次いて2位の規模だそうです。

鹿野川ダムダム湖はとても広大ですものね。

こちらでも管理事務所でダムカードを戴きました。

ありがとうございます。

 

野村ダムと鹿野川ダムダムカードです。

 

昼食は湖畔にある「鹿野川荘」で。

この日のお宿もこちらにとっています。

ふふふ、ここのレストランでは「鹿野川ダムカレー」を戴く事ができるんです〜♪

 

どどん!

超巨大なお椀にびっくり。

 

蓋を取ると、中は二段になっています。

わ〜い、エビフライ♪

 

このご飯の量に圧倒されます(汗)

 

旦那くんともシェアして頑張って食べたんですが、完食は無理でした。

ごめんなさい。

でも、鹿野川ダムカレー、とっても美味しかったです。

前からこのダムカレーを食べるのを楽しみにしていたので、それが叶って幸せでした。

ご馳走様。

 

 

 

 

鹿野川ダムのもう一つの楽しみはオシドリを見る事でした。

ダム湖の周りの道をオシドリを探しながら歩きます。

ここはオシドリの飛来する湖としてよく知られています。

 

鹿野川荘から鹿野川湖大橋まで往復で6キロくらいの道を歩いてみたのですが…。

最後までオシドリの姿を見つける事はできませんでした。。

 

かなり期待していただけにちょっと残念でした。

時期的に少し遅かったのかもしれません。

鹿野川湖大橋

 

橋の欄干にはオシドリのデザイン。

 

でもコゲラの姿を見る事ができました。

上と下に二羽います。

 

枝をツンツン。

 

愛らしい姿です。

 

動画もどうぞ↓

www.youtube.com

 

 

 

チェックインまでまだ時間があったので、風の博物館・歌麿館に寄ってみました。

 

エントランス


肱川町で、国内で初見となる歌麿の版木「狐釣の図」が発見、寄贈された事から、浮世絵に関する数々の展示が行われています。

 

ショップでは素敵な絵葉書が沢山あって、選ぶのが楽しかったです。

絵葉書コンテスト作品より

 

シルクスクリーン作家、山田きよさんの作品

 

これは双海の景色ですね。

 

こちらは先日撮った写真です。

 

ここでは句友の天玲さんの書道教室も開催されているようです!

習ってみたい〜。

 

他にはなんと仏像彫刻教室まで!

興味しんしん。

 

 

 

そしてお宿にチェックイン。

鹿野川荘は温泉もとても良好です。

とぅるとぅる系のお湯でした。

温泉利用の一般のお客さんも多く、人気の温泉だとわかりました。

 

夕食はご当地グルメ

 

先付

 

鯛薄造り

 

鮎の塩焼き

 

鯛のあら炊き

 

鮟鱇の唐揚げ

 

中でもご当地色が強く美味だったのが「とんくりまぶし」です。

その名の通り、柔らかい豚肉の角煮とご当地名産のほくほくの栗が入っています。

栗が大きい〜。

普段はお肉は苦手な私なんですが、この「とんくりまぶし」はいける!と思いました。

その食べ方には三段階あって、初めはそのまま、次は山葵などの薬味を添えて、最後はおだしをかけてさらさらと戴きます。

まるでひつまぶしみたいな食べ方ですね。

 

デザートは苺とケーキ

 

ご当地グルメ、いいですね。

鹿野川荘の「鹿野川ダムカレー」と「とんくりまぶし」はおすすめのメニューです。

ああ、太っちゃったかも。。(笑)

 

ダムの旅2−2日目につづく。。

 

 

 

 

 

金剛杖二センチちびて日脚伸ぶ  さち

 

こんごうづえにせんちちびてひあしのぶ

 

 

 

 

レモンの収穫&愛媛の「ゆかりアーティスト」に♪

 

 

 

 

 

 

お天気は曇り。

大寒波が来る前に家の裏のレモンを収穫しました。

レモンは寒さに弱いのです。

レモンの大好きな伯母に送ります。

 

 

 

昨日はじいじの十三回忌の法事をしました。

まだコロナがこのような状況なので、家族と夫のきょうだいだけの小人数で行いました。

皆でお線香をあげて、般若心経を唱えた後は会食。

ほっこりと温かい集まりで、思い出話にも花が咲き、じいじも喜んでくれたと思います。

無事法事が終わって安心しました。

 

 

 

娘Hが愛媛県文化振興財団のサイトで、愛媛の「ゆかりアーティスト」として紹介されています。

お正月に帰った時に、ゆかりアーティストの取材を受けたと聞いていたので、記事がアップされるのを楽しみにしていました。

Hの事を取り上げて頂きありがたいです。

ぜひ下のリンクをクリックして、皆様も記事をご覧になって下さいね♪

note.com

 

twitter.com

 

 

 

 

 

雪明り義母の肌着に書く名前  さち

 

ゆきあかりははのはだぎにかくなまえ

 

 

 

 

 

いちご狩り&双海の水仙&ワンコインコンサートのご案内♪

 

 

 



 

お天気は曇りのち雨。

まさかの雨で、歩いて園地の見回りをしていたらびしょ濡れになっちゃいました。

来週は強い寒波が来そうなので、甘平や清見に被害が出ないか心配です。

 

 

 

昨日は家族でいちご狩りに行ってきました。

予約していたのは、大洲市菅田の「川本いちご園」さんです。

今期の川本いちご園のスタートは1月15日。

いちご狩りを楽しみにしていた我が家は、皆の行ける日を選んで即予約!

川本いちご園さんには以前にも訪れた事があって、いちごの味がとても良かったのです。

入園料は大人が1500円です。

 

いちご園に到着しました。

 

二ヶ所ある大きなハウスの中を回りながら、色々な種類のいちごの食べ比べをする事ができます。

いちごの種類は2023年は「紅ほっぺ」「あまおとめ」「紅い雫」「あまえくぼ」「章姫」の5種類。

さあ、一番美味しいのはどれでしょう?

 

 

 

 


全種類食べてみたけれど、どれも甘い!みんな美味しい!

甲乙つけ難かったけれど、私のおすすめは「紅い雫」かしら。

愛媛オリジナルの品種だし、甘いのはもちろん、実の紅さと雫状の形の美しさも魅力です。

私は小さくて紅い苺を沢山食べたけれど、旦那くんは大きいのばっかり食べてました(笑)

 

いちごの花には蜜蜂が来ていましたよ♪

 

今回私の食べた苺の数は60個!

結構攻めたのではないでしょうか(笑)

みんな大満足!

「川本いちご園」おすすめです。

3月いっぱいは開園されているそうですよ♪

予約をされてからどうぞ。

川本いちご園・トップページ

 

 

 

その後は双海の水仙園で気持ちの良い景色を楽しませてもらいました。

元はみかん園だったそうですが、今は多くの方が訪れる双海の名所に。

見せて頂き、ありがとうございます。

 

水仙の香りも清々しかったです。

でも、前日の雨で地面がぬかるんでいて、傾斜もあるので少し滑りやすかったかも。

もし行かれる方は滑りにくい靴でお出かけ下さいね。

 

 

 

さてさて、お知らせをひとつ。

1月29日に大阪でHが出演するコンサートがあります。

一流の演奏を一流のホールで!というコンセプトのもとに、大阪大学会館で開催される「ワンコイン市民コンサートシリーズ」の第121回公演です

Hは2017年にもこのワンコインコンサートでリサイタルを行っています。

satti.hatenablog.com

 

今回は「サクソフォン四重奏団アニマ」でバリトンサックスを担当するようです。

四人の中にはHと同じくインペトゥスのメンバー酒井希さんや、以前松山の萬翠荘でデュオコンサートをご一緒した寺田麗美さんのお姿もあります。

とびきり優れたサクソフォン奏者からなる超絶技巧集団と紹介されています。

画像

 

こちらからは2017年のHのワンコインコンサートの動画も見る事ができます。↓

sites.google.com

 

申し込みフォームはこちら↓

sites.google.com

お近くの方はぜひお運び下さいませ♪

 

 

 

 

 

大寒のしゃわしゃわ洗う洗濯機  さち

 

だいかんのしゃわしゃわあらうせんたくき

 

 

 

 

 

清見のサンテ入れ完了&苺を食べるルル♪

 

 

 



 

 

お天気は晴れ。

ようやく清見タンゴールのサンテ入れが終わりました。

ふうぅ〜。

これで私も冬休み気分です。

この清見の園地は宮内地区にあります。

ひょっとするとこの園地から農道を行くと、先日紹介した「大峠隧道」に繋がっているのかも?と思って、歩いてみる事にしました。

農道はスマホのマップに出ていない事が多いので、カンを頼りに進みます。

すると…なんと35分ほどで大峠隧道に到着する事ができたのです!

意外と近かったんですね。

不思議スポットに無事辿り着けてなんだか嬉しかったです。

 

 

 

ではうちのルルが苺を食べている動画をどうぞ♪

苺一個を完食するまでの2分30秒です。

何のオチもありませんがとにかくかわいいのです(笑)


www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

冬凪や広目天のような犬  さち

 

ふゆなぎやこうもくてんのようないぬ

 

 

 

 

 

聖地巡礼への扉&不思議スポット大峠隧道♪

 

 

 

 

 

 

お天気は晴れ時々曇り。

箱根駅伝を見届けた後は、ペーパードライバーのHの練習を兼ねて近所を少しドライブしました。

まずは「みなっと」でお土産を購入。

みなっと」の広場には、毎年おなじみのみかんのオブジェが登場しています。

くっつけられているのは本物のみかんです♪

 

凧も揚がっていましたよ。

 

 

そのままフェリーターミナルの方へ少しお散歩しました。


新しいフェリーターミナルです。

段々畑をイメージした建物だそうです。

 

「すずめの戸締り」に登場していた旧フェリーターミナルは、残念ながら現在は解体されて跡形もありません。

せっかくアニメの聖地となったのにちょっと残念ですね。

私も映画を見ましたが、愛媛は主人公にとって暖かく、大事な場所として描かれています。

この写真は去年の2月18日、私が歩き遍路の時に偶然撮影していた旧ターミナルです↓

 

映画に出ていたターミナルとほぼ同じ方向、同じ船が写っていてびっくりしました。

 

新しいターミナルは屋上からの景色が良いので入ってみましょう。

すると、、ターミナルの1階にはこんな看板が。

聖地巡礼への扉」?

 

案内に沿って進んでみると。

 

なんとそこには「すずめの戸締り」の扉が!

よくできていますね。

「みなっと」にこの扉があるらしいとは聞いていましたが、今はフェリーターミナルの1階に設置してあったんですね。

 

お返し申す!

 

ドアの隣にはあの「黄色い3本足の椅子」も!

映画のワンシーンが蘇ってくるようです。

 

偶然にもこの扉と椅子を見つける事ができて嬉しかったです。

椅子と扉はこの方々が作成されたようです。

ありがとうございます。

 

ターミナル屋上からの景色

 

 

 

その後はHが情報を見つけて行きたがっていた、とある不思議スポットへ。

それは国道をそれて細いくねくね道を登った先にありました。

八幡浜の宮内と伊方を結ぶ「大峠隧道」です。

 

なんとトンネルの中には更に小さいトンネルがあるのです!!!

この大峠隧道は全長が110.2m。

昭和27年に開通しましたが、直後の長雨でトンネルの導坑が崩落。

その後昭和33年に工事が再開されたものの、国道197号の大峠トンネル(1081 m)の開削が決まり、大峠隧道は幅の狭い部分がそのままという不完全な形で残される事となったそうです。

中の狭い部分は軽四ならなんとか通過できますが、大型車は無理だと思います。

隧道の中の運転旦那くんに変わってもらいました。

その時の様子を動画でどうぞ♪

なんだか異世界に通じているような不思議な体験でした。

まるで軽く生まれ変わったような気持ちにも。

近くにこんな不思議なスポットがあったなんて新しい発見でした。


www.youtube.com

隧道はもちろん、道中の道もとても狭いので、行かれる方は運転にご注意下さいね♪

 

 

 

帰宅してから、夕空が綺麗だったので、YouTubeでフェリターミナルからのライブ映像を見てみると、海に夕日の道ができていて最高に美しかったです。



 

 

 

俎始猪切り分ける男らよ  さち

 

まないたはじめししきりわけるおとこらよ

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます♪

 

 

 

我が家のルルです♪

 

 

 

おけましておめでとうございます

お天気は曇り時々晴れ。

初日の出は見れなかったので、テレビで見たダイヤモンド富士をどうぞ♪

 

こちらは了月院の花手水です。

 

見事ですね。ブラボー!

 

 

 

長女Hが帰省して、家族だけのゆったりとしたお元日です。

今日はみんなで広いみかん山まで歩いて行って、凧揚げをしました。

用意した凧は三つ。

ゲイラカイト的なのが二つと連凧が一つです。

舞いあがれ〜♪

 

 

まずまずの風が吹いていて、意外とうまく凧は揚がりました。

それでも時折あっという間に急降下したりして(笑)わーわーきゃーきゃー言いながら走ったり笑ったり。

るで子供にかえったような楽しい時間でした。

指に感じた凧の鼓動が心地よかったです。

また行こうっと♪

 

 

 

今年も「婦人画報」のおせちです。

家族からも好評でした。

 

壱の重


弍の重

 

参の重

これがあるうちはちょっと楽ができていいですね。

 

 

 

お知らせ

去年の10月にHが出演した、ザ・フェニックスホール企画運営のコンサート「浜辺のアインシュタイン」が、令和4年度文化庁芸術祭「大賞」を受賞したそうです。

画像

www.bunka.go.jp

関係者の皆様、おめでとうございます。

 

そしてH、おめでとう!

まるで命を削るような演奏だったと本人から聞いています。

よく頑張りました。

とても誇らしく思います。

twitter.com

 

 

 

 

巴里は未だ昨日の日付なる湯冷め  さち

 

ぱりはまだきのうのひづけなるゆざめ