つれづれなるさっちII

俳人 井上さちの日々 第一句集「巴里は未だ」(文學の森)

大洲の紅葉山&ドライフラワーのクリスマスリース&ひめぽんのアサギマダラの動画♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20211130232344j:plain

 

 

 

お天気は曇りのち雨。

忙しさにかまけてなんだか久しぶりの更新になってしまいました。

それなのにいつも当ブログに訪れて下さってありがとうございます♪

今日もみかんの収穫をしていましたが、午後には雨が降り始めて撤収となりました。

もう七割くらいはみかんの収穫ができたかな?と思ったけれど、旦那くんはまだ6割だと言っていましたよ。

ふうう。。

まだまだ忙しい日々は続きそうです。

 

ナワシロイチゴ

f:id:sattisatisatti:20211130232334j:plain

 

ツワブキヒメアカタテハ

f:id:sattisatisatti:20211130232348j:plain

 

多分ヤマトシジミ

f:id:sattisatisatti:20211130232354j:plain

 

 

 

先週の雨上がりに大洲の紅葉山(稲荷山公園)に行ってみました。

f:id:sattisatisatti:20211130232411j:plain

 

紅葉は既に散り初めていましたが、静かにはらはらと散る様はとても風情があって素敵でした。

f:id:sattisatisatti:20211130232443j:plain

 

お稲荷さんの狐

f:id:sattisatisatti:20211130232423j:plain

 

禰󠄀豆子?

いやいやこれは「知恵の象徴」とされる巻物を咥えているのだそうです。

f:id:sattisatisatti:20211130232435j:plain

 

おでんやたこ焼きやコーヒー、お野菜やお土産まで売っている小さなお店も開店中。

たこ焼きとじゃこカツを戴いちゃいました。

あったかくて美味しかったです♪

f:id:sattisatisatti:20211130232452j:plain

 

かーわいい〜。

f:id:sattisatisatti:20211130232459j:plain

 

 

 

最近作ったドライフラワークリスマスリース

材料はJUN先生から分けて頂いたものがほとんどですが、庭の五葉松やハマヒサカキ等も使ってみましたよ。

キッチンにひとつ。

f:id:sattisatisatti:20211130232323j:plain

 

リビングにみっつ!

f:id:sattisatisatti:20211130232313j:plain

 

一番のお気に入りはリビングの真ん中に飾っていたこのリース♪

プレゼントにしようと思っています。

f:id:sattisatisatti:20211130232401j:plain

 

 

 

11月6日にNHKひめぽんのスクープ映像特集で紹介されたアサギマダラの動画をどうぞ♪


www.youtube.com

番組の担当さんによると、この時期アサギマダラの動画は沢山届くそうですが、その中でもこの動画は特にインパクトが強くて、採用して頂ける事となったそうです。

私の感動が少しでも伝わると嬉しいです。

NHKからは記念品に可愛らしいチコちゃんの魔法瓶を送って頂きました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

すべすべで悲しい新しい毛布  さち

 

すべすべでかなしいあたらしいもうふ

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾーンに入る&サクソフォンコンサートのお知らせ♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20211117201304j:plain

 

 

 

お天気は晴れ時々曇り。

みかんの収穫は最盛期です。

ゾーンに入った(笑)状態でひたすらみかんを摘んでおります。

収穫日和が続いてありがたい限り。

 

 

 

ルリタテハ

f:id:sattisatisatti:20211117201319j:plain

 

ツワブキにミツバチ

f:id:sattisatisatti:20211117201314j:plain

 

 

 

 

 

直前になってしまいましたが、娘Hのコンサートのお知らせです。

ドルチェ楽器予約フォーム もしく はチケットぴあ
からご予約を受け付けております。
皆様のご来場お待ちしております。

 

「シュプレーム」は、セルマーが100年に及ぶ改良や設計、製造を経て、現代のアルトサクソフォンの新たなるアイデンティティーを集約した楽器です。

パリ・セルマー社シュプレーム公式アンバサダーのHが「至上の響きを求めて」シュプレームで演奏します。

 

11月21日15時開演

大阪市北区のドルチェアートホールOsakaにて。

新しいホールのようです。

チケットのお求めはこちらからどうぞ♪

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

星の入東風山の上ホテルかな  さち

 

ほしのいりごちやまのうえほてるかな

 

 

 

 

 

 

 

歩き遍路の旅15 3日目民宿大岐の浜から38番札所金剛福寺♪

 

 

足摺岬灯台

f:id:sattisatisatti:20211104101931j:plain



 

 

お天気は雨のち曇り。

今日から早生みかんの収穫を始めようと、意気込んで4時起きでお弁当を作ったのに、朝早くまさかの雨!

午後からはなんとか収穫できました。

これから超繁忙期に突入です。

 

 

 

では、先日のお遍路3日目の記事を更新します。

 

歩き遍路の旅15 3日目大岐の浜から38番札所金剛福寺へ(2021年10月23日)

 

フェニックスの奥の白い建物が民宿大岐の浜。

昔は教習所の合宿免許の宿泊施設だったそうです。

f:id:sattisatisatti:20211027203436j:plain


朝の散歩で海側に出て見ると、小さな漁港がありました。

もう使われていないみたい。

f:id:sattisatisatti:20211027203446j:plain

 

朝日!

f:id:sattisatisatti:20211027203457j:plain

 

ハマヒルガオでしょうか?

小さなお花でした。

f:id:sattisatisatti:20211027203509j:plain

 

民宿大岐の浜の朝食

ヨーグルトとジャムはおかみさんの手作りだそうです。

ごちそうさま♪

f:id:sattisatisatti:20211027203519j:plain

 

民宿大岐の浜を7時50分に出発。

おかみさんが外に出て来られて、見えなくなるまでずっと見送って下さいました。

とても親切なおかみさんで、色々と良い情報を教えてもらいました。

本当にお世話になりました!

 

国道から一本中に入った遍路道を進みます。

f:id:sattisatisatti:20211027203530j:plain

 

すぐに本物の大岐の浜に到着しました。

f:id:sattisatisatti:20211027203541j:plain

 

とても広大で美しい砂浜です。

f:id:sattisatisatti:20211027203554j:plain

 

この浜辺が遍路道になっているのです。

民宿のおかみさんからも、浜辺の遍路道を行くといいよ、と勧めてもらっていました。

f:id:sattisatisatti:20211027203606j:plain

 

サーファーの親子、素敵。

f:id:sattisatisatti:20211027203616j:plain

 

朝日が眩しくて海がきらきらです。

なんて気持ちがいいんでしょう!

浜で休憩しているサーファーさん達と挨拶を交わしながらゆったりと歩きます。

f:id:sattisatisatti:20211027203621j:plain

 

砂浜を行く私(笑)

f:id:sattisatisatti:20211027203631j:plain

 

沖へ向かうサーファー。

f:id:sattisatisatti:20211027203640j:plain

 

乗ってる乗ってる!

f:id:sattisatisatti:20211027203651j:plain

 

押し寄せる波に心が洗われるようです。

あまりに神々しくて、感動して涙が出そうになりました。

f:id:sattisatisatti:20211027203656j:plain

 

チドリが2羽、波と砂の境をとことこっと歩いていました。

かわいい〜。

f:id:sattisatisatti:20211027203706j:plain

 

大岐の浜の遍路道、それはもう最高でした。

これまで歩いて来た中で最も心に残る遍路道となりました。

f:id:sattisatisatti:20211027203711j:plain

 

道路に出ました。

f:id:sattisatisatti:20211027203722j:plain

 

国道321号。

f:id:sattisatisatti:20211027203733j:plain

 

国道をそれて左の以布利方面へ。

f:id:sattisatisatti:20211027203743j:plain

 

カンナが綺麗。

f:id:sattisatisatti:20211027203804j:plain

 

海が見えて来ました。

f:id:sattisatisatti:20211027203815j:plain

 

ここには、大阪海遊館海洋生物研究所以布利センターがあります。

f:id:sattisatisatti:20211027203850j:plain

 

なんとここではジンベエザメを見る事ができるのです。

それも無料で♪

このセンターの事を教えてくれたのも、民宿大岐の浜のおかみさんでした。

f:id:sattisatisatti:20211027203900j:plain

 

ジンベエザメ、いた〜!

f:id:sattisatisatti:20211027203828j:plain

 

ジンベエザメは最近1匹増えたそうで、水槽の中で2匹が悠々と泳いでいました。

お遍路中にこんなものが見られるなんてびっくりです。

うわ〜!f:id:sattisatisatti:20211027203840j:plain

 

海岸沿いの遍路道を進みます。

f:id:sattisatisatti:20211027203910j:plain

 

この橋を渡って。

f:id:sattisatisatti:20211027203916j:plain

 

小さな浜を行くのですが、ここは漂流ゴミがとても多くて、さっきの大岐の浜とは大違いでした。

f:id:sattisatisatti:20211027203935j:plain

 

薄暗い道へ続きます。

f:id:sattisatisatti:20211027203946j:plain

 

おお、ちょっと不気味な道しるべ発見!

う〜ん、きっと才能のある方が作られたのでしょうが、色もデザインも書体も迫力ありすぎて怖い(笑)

f:id:sattisatisatti:20211027203956j:plain

 

遍路道を進みます。

f:id:sattisatisatti:20211027204226j:plain

 

竹わっさー!

f:id:sattisatisatti:20211027204246j:plain

 

巨木に巻きつく蔓。

f:id:sattisatisatti:20211027204258j:plain

 

ヒヨドリバナにアサギマダラがいました〜。

f:id:sattisatisatti:20211027204321j:plain

 

左の県道27号足摺方面へ。

f:id:sattisatisatti:20211027204551j:plain

 

この工事現場の小屋の先に。

f:id:sattisatisatti:20211027204602j:plain

 

遍路道があったので入ってみました。

手元に地図が無いので(前日に落としちゃいました)つい道しるべがあると入ってしまいます。

これが失敗でした。

f:id:sattisatisatti:20211027204613j:plain

 

またあの不気味な道しるべに遭遇!ひぃ〜。

f:id:sattisatisatti:20211027204757j:plain

 

倒木があちこちにあります。

f:id:sattisatisatti:20211104101328j:plain

 

こんな茂みを潜り抜けたりも。

f:id:sattisatisatti:20211104101340j:plain

 

潜るか跨ぐか悩んだ倒木。

f:id:sattisatisatti:20211104101351j:plain

 

不安になりつつも白い蟹に元気をもらう。

沢蟹のアルビノでしょうか。

f:id:sattisatisatti:20211104101404j:plain

 

またまた竹わっさー!

f:id:sattisatisatti:20211104101413j:plain

 

ここまで来た時、ついに道が無くなった!と思いました。

一度逆戻りしてみたけれど、やっぱり道らしき所はここしか無くて、勇気を出して藪に踏み込みました。

f:id:sattisatisatti:20211104101423j:plain

 

ふうう。。

薮を抜け出し、見た事が無い蝶、蛾?に元気をもらう。

f:id:sattisatisatti:20211104101434j:plain

 

やっと墓地の辺りに出てきました。

遭難したかと思いました(笑)

こんな事なら普通に県道27号を行けばよかったです。

そう長い距離では無いはずなのに、とても長く感じた遍路道でした。

以布利周辺の遍路道は気をつけた方がいいと思います。

f:id:sattisatisatti:20211104101443j:plain

 

集落に出て一安心。

f:id:sattisatisatti:20211104101453j:plain

 

助かった〜。

f:id:sattisatisatti:20211104101504j:plain

 

県道27号に出ました。

f:id:sattisatisatti:20211104101514j:plain

 

海の見えるベンチで一休み。

f:id:sattisatisatti:20211104101534j:plain

 

道の駅「ビオスおおがた」で買ったTシャツの形の藻塩クッキーを食す。

塩味が効いててさくさくのあとを引く美味しさです。

これがお昼ご飯かな。

f:id:sattisatisatti:20211104101524j:plain

 

どこに行っても道沿いにはススキとセイタカアワダチソウばかり。

f:id:sattisatisatti:20211104101544j:plain

 

道は緩やかな登り。

f:id:sattisatisatti:20211104101555j:plain

 

あ、セイタカアワダチソウに何かがいますよ!

f:id:sattisatisatti:20211104101605j:plain

 

これは!サツマニシキではないですか!

初めて見ました。

家の近くにはいないので、ずっと憧れていました。

なんて美しいんでしょう。

f:id:sattisatisatti:20211104101616j:plain

 

だいぶ空が青くなって来ました。

f:id:sattisatisatti:20211104101624j:plain

 

今度はセイタカアワダチソウにアサギマダラ。

f:id:sattisatisatti:20211104101634j:plain

 

またまた謎のバス停発見!「マホーランカーブ」

f:id:sattisatisatti:20211104101644j:plain

 

セイタカアワダチソウにウラナミシジミ

f:id:sattisatisatti:20211104101652j:plain

 

セイタカアワダチソウにイシガケチョウ

f:id:sattisatisatti:20211104101719j:plain

 

またセイタカアワダチソウにサツマニシキがいました。

サツマニシキはセイタカアワダチソウが好きみたいです。

さっきの個体よりもオレンジ部分が濃くて綺麗。

f:id:sattisatisatti:20211104101659j:plain

 

足摺へ2kmの看板。

残りわずかです。

f:id:sattisatisatti:20211104101709j:plain

 

足摺岬東側駐車場

駐車場で景色を見ていると、CH-Rで佐賀からお見えになったご夫婦に、「女性で歩きのお遍路さんは珍しいですね。」と声をかけて頂いて、少しお話ししました。

「佐賀は私の憧れの三船山楽園ホテル(サウナが素敵)があるので行ってみたいんです♪」と言うと、喜んでおられました。

f:id:sattisatisatti:20211104101730j:plain

 

15時、とうとう到着しました。

f:id:sattisatisatti:20211104101741j:plain

 

38番札所金剛福寺 山門

f:id:sattisatisatti:20211104101752j:plain

 

金剛力士像は鮮やかな朱色!

f:id:sattisatisatti:20211104101803j:plain

 

筋肉の表現が面白いです。

f:id:sattisatisatti:20211104101810j:plain

 

龍と狛犬?のついた立派な手水鉢。

水鉢は土佐藩主山内家の寄進です。

f:id:sattisatisatti:20211104101818j:plain

 

三十八番札所金剛福寺 本堂

f:id:sattisatisatti:20211104101836j:plain

金剛福寺嵯峨天皇から「補陀落東門」の勅願を賜った弘法大師が開きました。

補陀楽信仰は平安時代頃から盛んになり、南方の海上にあるとされる観音の浄土「補陀落」に向かって祈りを捧げるというもの。

歴代天皇家からも信仰が厚く、藤原氏が土佐の荘園を寄進する等して、次第に寺は栄えるようになったそうです。

 

38番札所金剛福寺 大師堂

f:id:sattisatisatti:20211104101846j:plain

 

「大師亀」

弘法大師が亀の背中に乗って、海上の不動岩に渡って祈願をしたという伝説にちなんだものです。

f:id:sattisatisatti:20211104101829j:plain

 

ぷっくりと福々しい亀です。

f:id:sattisatisatti:20211104101857j:plain

 

大師亀と本堂の位置関係。

亀の頭を撫でるとご利益があるそうです。

f:id:sattisatisatti:20211104101906j:plain

 

寺で迎えに来てくれた旦那くんと合流。

f:id:sattisatisatti:20211104101917j:plain

 

その後、ジョン万次郎の像を見たり。

f:id:sattisatisatti:20211104101922j:plain

 

アイスクリンを食べながら、足摺岬灯台へお散歩したりしました。

青空に白い灯台が映えます。

f:id:sattisatisatti:20211104101941j:plain

 

この岩が大師が亀に乗って渡ったという不動岩。

f:id:sattisatisatti:20211104101951j:plain

 

この日の歩数は42329歩!

f:id:sattisatisatti:20211104102012j:plain

二日半で岩本寺から金剛福寺までの95kmを踏破しました。

頑張った自分を褒めたいです。

そして、いつも見えない何かに守ってもらっているのを感じます。

無事に歩かせて戴き、本当にありがとうございました。

歩き遍路の旅15はこれにて終了。

次回はここ足摺の金剛福寺から歩き始めます。

多分、みかんの収穫が終わってからになるでしょう。

 

 

 

今回長距離を歩きながら決断した事があります

私井上さちは「街俳句会」を退会させて頂く事にしました。

今井先生はじめ、「街」の皆さまには大変お世話になりました。

句会や総会で横浜を訪れる事ができて、楽しい思い出がいっぱいです。

今後は「いつき組」という広場に集う、無所属の俳人として精進致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ななかまど母は魔女にも王女にも  さち

 

ななかまどはははまじょにもおうじょにも

 

 

 

 

 

歩き遍路の旅15 2日目民宿白浜(黒潮町)から民宿大岐の浜(土佐清水市)まで♪

 

 

 

間引いたにんじんの葉っぱを食べるルル。

うまいでつ

f:id:sattisatisatti:20211102133241j:plain

 

 

 

お天気は晴れ。

今日は清美タンゴールのサンテ入れをしました。

 

 

 

嬉しかった事ふたつ。

先日の「アサギマダラのマーキング2号発見」のコメント欄に、「マル リノ」の標識者の方から書き込みを戴き、移動情報等を知る事ができました

去年の事も覚えて下さっていました。

ありがとうございます。

satti.hatenablog.com

標識者ご本人と繋がる事ができてとても感激しました。

ネットってすごいなあ。

ブログに情報を掲載して本当に良かったです。

 

それから、11月5日のNHK松山の夕方のニュース「ひめぽん」に、私の撮ったアサギマダラの動画がちょこっと出るかもしれません。

アサギマダラの乱舞の様子をスクープBOXに投稿していたのです。

多分短いカットで、ひょっとすると当日のニュースの影響でボツになってしまうかもしれませんが、もし良かったらチェックしてみて下さいませ♪

 

 

 

では、先日のお遍路2日目の様子を更新します。

 

歩き遍路の旅15 2日目38番札所金剛福寺を目指し、民宿白浜から民宿大岐の浜へ(2021年10月22日)

 

民宿白浜の朝ごはん

パンなのにうどんもついててなんだか嬉しい(笑)

f:id:sattisatisatti:20211027200934j:plain

民宿白浜はお食事処でもあるので、ドライブの途中などにぜひお立ち寄り下さい。

カツオのたたきは絶品です。

 

民宿白浜を出発したのは7時20分。

あったかくてくつろげるお宿でした。

お世話になりました!

f:id:sattisatisatti:20211027200945j:plain

 

鬼の洗濯岩風な海岸線。

f:id:sattisatisatti:20211027200954j:plain

 

雨は上がったようです。

f:id:sattisatisatti:20211027201005j:plain

 

海が綺麗。

f:id:sattisatisatti:20211027201014j:plain

 

岩の上に碑?

f:id:sattisatisatti:20211027201025j:plain

 

井の岬トンネル通過。

f:id:sattisatisatti:20211027201036j:plain

 

伊田地区にやってきました。

f:id:sattisatisatti:20211027201047j:plain

 

伊田トンネル通過。

f:id:sattisatisatti:20211027201057j:plain

 

右手にはくろしお鉄道の有井川駅

f:id:sattisatisatti:20211027201107j:plain

 

上川口地区が見えてきました。

f:id:sattisatisatti:20211027201117j:plain

 

道から見える田んぼにはコスモスが植えてありますよ。

綺麗ですね〜。

f:id:sattisatisatti:20211027201130j:plain

 

ちょっと遠回りしてコスモスの囲り歩きました。

f:id:sattisatisatti:20211027201137j:plain

 

また海が、見えてきました。

f:id:sattisatisatti:20211027201145j:plain

 

すると、、不思議な名前の駅とバス停を見つけましたよ☆

駅は「海の王迎駅(うみのおうむかええき)」

バス停は「王無の浜(おうなしのはま)」です。

f:id:sattisatisatti:20211027201155j:plain一体どんなエピソードが残されているのか気になり、帰ってから調べてみました。

この王というのは後醍醐天皇の第一皇子「尊良親王(たかよししんのう)」の事。

後醍醐朝の有力政治家として一品親王に叙されますが、1331〜1333年の元弘の乱鎌倉幕府に捕縛され、土佐国流罪となってしまいます。

その後同地からの脱出に成功した尊良親王は、九州に渡り鎮西探題を撃滅し、父(後醍醐天皇)の為に幕府打倒に向けて貢献したのでした。

つまり海から来た親王を迎えた事が、そのまま地名に繋がっていたのです。

こうして今もその地名が残っているのは、海から来た親王がいかに凛々しく、美しく、神々しかった事を物語っているのではないでしょうか。

南北朝時代の歴史物語「増鏡」によれば、尊良親王はたいそうな美男子であったと記されていて、その歩く姿に宮中の若い女官達は色めきたち、土佐国配流中でさえ「ふりがたくなまめかし」とその容姿に衰えの無かった事が描かれているそうです。

尊良親王はやがて足利軍との金ヶ崎の戦いで力尽き、27歳の若さで潔く自害して果てたそうです。

ああ、なんてドラマティックなんでしょう。

f:id:sattisatisatti:20211027201211j:plain

 

「クジラに会える町」の看板

f:id:sattisatisatti:20211027201221j:plain

 

少しづつ青空に。

f:id:sattisatisatti:20211027201231j:plain

 

道の駅「ビオス大方」

ここでおやつとおつまみ購入(笑)

f:id:sattisatisatti:20211027201241j:plain

 

ポップな自販機スポット発見♪

f:id:sattisatisatti:20211027201252j:plain

 

タイルがかわいい。

f:id:sattisatisatti:20211027201304j:plain

 

タイル左官工さんの経営だったんですね。

f:id:sattisatisatti:20211027201315j:plain

 

今度はクジラの乗っかった電話ボックス発見!

黒潮町(かつての大方町)はクジラの町。

子供達が小さい頃、ホエールウォッチングをした楽しい思い出があります。

f:id:sattisatisatti:20211027201324j:plain

 

ここはまだ国道56号。

f:id:sattisatisatti:20211027201334j:plain

 

道沿いにはセイタカアワダチソウとススキがいっぱい。

秋も深まってきました。

f:id:sattisatisatti:20211027201345j:plain

 

下田の口から県道42号へ入ります。

f:id:sattisatisatti:20211027201847j:plain

 

ここの分岐を右へ。

f:id:sattisatisatti:20211027201907j:plain

 

左は「下田の渡し」ルート。

これまでも何度か渡船に乗るルートがありましたが、歩きにこだわって橋を選んできたので、今回も右の四万十大橋ルートを目指します。

f:id:sattisatisatti:20211027201917j:plain

 

袋がけしてある柑橘がありました。

多分小夏(ニューサマーオレンジ)ですね。

うちも昔作っていたなあ。

f:id:sattisatisatti:20211027201927j:plain

 

もうこの辺りは四万十市のようです。

f:id:sattisatisatti:20211027201938j:plain

 

四万十大橋に到着しました。

f:id:sattisatisatti:20211027201948j:plain

 

流石にとても大きな橋です。

橋の途中にベンチがあって休憩できるのですが、ここでポケットに入れていた遍路地図が無い事に気づいて愕然としました!

何度も出して見ているうちに、橋の手前で落としてしまったようです。

仕方ない…あとは道標を頼りに進む事にしましょう。

f:id:sattisatisatti:20211027201958j:plain

 

四万十川

f:id:sattisatisatti:20211027202011j:plain

 

橋を渡った後は国道321号を行けばいいはず!

f:id:sattisatisatti:20211027202023j:plain

 

しばらくは川沿いの道。

f:id:sattisatisatti:20211027202034j:plain

 

大岩を過ぎた辺りで道は山手に。

f:id:sattisatisatti:20211027202043j:plain

 

ここも321号をまっすぐに。

f:id:sattisatisatti:20211027202053j:plain

 

四万十野鳥公園内の休憩所で一休み。

f:id:sattisatisatti:20211027202431j:plain

 

セイタカアワダチソウも案外綺麗。

f:id:sattisatisatti:20211027202441j:plain

 

大文字山」?

f:id:sattisatisatti:20211027202458j:plain

 

右を見ると…これですね。

かわいい大文字山

f:id:sattisatisatti:20211027202452j:plain


今から五百有余年前、京の戦乱を避けて家領の中村に下向した関白、一条教房公が京の都を模した街造りを行った名残のようです。

f:id:sattisatisatti:20211027202508j:plain

 

足摺まで38km!

だいぶ38番札所、金剛福寺に近づいてきました。

f:id:sattisatisatti:20211027202519j:plain

 

どんどん行きますよ。

お昼ご飯がまだだなあと思いつつ歩く。

f:id:sattisatisatti:20211027202529j:plain

 

伊豆田トンネル通過。

なんと1620mもありました。

トンネルの中で土佐清水市に入ったようです。

f:id:sattisatisatti:20211027202549j:plain

 

やっぱり地図が無いと心細いです。。

f:id:sattisatisatti:20211027202559j:plain

 

看板を見ると現在地はここ。

この日のお宿は民宿「大岐の浜」です。

f:id:sattisatisatti:20211027202609j:plain

 

もうひと踏ん張り。

f:id:sattisatisatti:20211027202618j:plain

 

ただひたすらに歩きます。

f:id:sattisatisatti:20211027202638j:plain

 

ロッジカメリア前。

お遍路さんの為の格安のお宿なのですが、今は休業されているようです。

f:id:sattisatisatti:20211027202648j:plain

 

だいぶ陽が落ちてきました。

ここは鍵掛橋のあたりかな。

f:id:sattisatisatti:20211027202658j:plain

 

民宿いさりび前。

f:id:sattisatisatti:20211027202939j:plain

 

本当に暗くなってきたので、安全の為ヘッドランプを灯して歩きます。

f:id:sattisatisatti:20211027202949j:plain

 

民宿くもも前。

f:id:sattisatisatti:20211027202959j:plain

 

18時10分、ようやく民宿大岐の浜に到着しました。

優しい女将さんが迎えて下さり、ウェルカムドリンクを出して下さいました。

手作りの紫蘇ジュースでした。

ほっ。

f:id:sattisatisatti:20211027203010j:plain

 

夕食 

お刺身が美味しかった〜♪

f:id:sattisatisatti:20211027203020j:plain

 

この日の歩数は71988歩!

人生で最も多く歩いた日更新です(感涙)

f:id:sattisatisatti:20211027203031j:plain

 

お月様の綺麗な夜でした。

お宿の前からは、海にキラキラと月の道が伸びていて、とても美しかったです。

この日無事に7万歩以上を歩けた事に感謝して。。

 

3日目へつづく。

 

 

 

 

 

王無の浜や背高泡立草  さち

 

おうなしのはまやせいたかあわだちそう

 

 

 

 

 

歩き遍路の旅15 1日目予土線と37番札所岩本寺から民宿白浜(黒潮町)まで♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20211027195708j:plain



 

 

お天気は晴れ。

早生みかんの収穫時期ですが、着色基準が厳しくてまだ採れそうにありません。

今日は除草作業をしました。

 

では、先日のお遍路の様子を更新します♪

 

 

 

歩き遍路の旅15 1日目岩本寺から民宿白浜へ(2021年10月21日)

 

八幡浜駅を出発したのは8時12分。

予讃線宇和島行きです。

いつもとは反対側の乗り場なのでホームから見る改札はなんだか新鮮な感じ。

f:id:sattisatisatti:20211027195612j:plain

 

宇和島行きの車両がやってきました。

f:id:sattisatisatti:20211027195623j:plain

 

窪川まで片道2340円! 安い!

f:id:sattisatisatti:20211027195632j:plain

 

2両目に乗ったのは私一人だけでした。

f:id:sattisatisatti:20211027195643j:plain

 

車窓から見えた宇和のマンモス。

f:id:sattisatisatti:20211027195653j:plain

 

北宇和島予土線に乗り換えです。

f:id:sattisatisatti:20211027195659j:plain

 

待ち時間の間に海洋堂「ウルトラトレイン号」がやってきて停車しました!

かっこいい〜!

f:id:sattisatisatti:20211027195718j:plain

 

その後、私の乗る窪川行きの「しまんトロッコ号」がやってきました。

(専用のトロッコ車両を連結するのは休日や祭日のみ)

思いがけないツーショットに感激!

f:id:sattisatisatti:20211027195728j:plain

 

北宇和島駅を9時36分に発車。

駅を出発する度に、運転手さん達が大きな声と動作で爽やかに指差し確認をしておられて、とても素敵でした。

f:id:sattisatisatti:20211027195734j:plain

 

川沿いの景色が美しいです。

f:id:sattisatisatti:20211027195746j:plain

 

沈下橋も見えました。

f:id:sattisatisatti:20211027195756j:plain

 

途中の土佐大正駅で20分ほどの休憩時間がありました。

ここでは初代新幹線0系をイメージした「鉄道ホビートレイン号」に遭遇!

生で見たのは初めてです!

f:id:sattisatisatti:20211027195802j:plain

 

かわいい!

f:id:sattisatisatti:20211027195811j:plain

 

またまた嬉しいツーショット!

予土線って楽しい♪

f:id:sattisatisatti:20211028223949j:plain


そして、窪川駅に到着したのは12時6分。

前回の歩き遍路の旅14の終着点はここだったので、今回はここ窪川駅から歩き始めます。

f:id:sattisatisatti:20211027195821j:plain

 

窪川駅のすぐ近くに岩本寺がありますが、その手前で左に曲がり、国道56号に入ります。

f:id:sattisatisatti:20211027195831j:plain

 

37番札所岩本寺から、38番札所金剛福寺までは95km、徒歩で30時間の道のりとされていますが、今回はその距離を約二日半で歩く予定です。

f:id:sattisatisatti:20211027195841j:plain

 

微かに雨が降っていますが、このくらいならかっぱ無しで行く事にしましょう。

f:id:sattisatisatti:20211027195852j:plain

 

黒潮町に〜一歩!

f:id:sattisatisatti:20211027195902j:plain

 

片坂第一トンネル通過。

f:id:sattisatisatti:20211027195909j:plain

 

片坂第二トンネル通過。

f:id:sattisatisatti:20211027195916j:plain

 

気温は15℃。

ずいぶん秋らしくなってきました。

f:id:sattisatisatti:20211027195929j:plain

 

片坂第三トンネル通過。

f:id:sattisatisatti:20211027195942j:plain

 

山の中の道です。

f:id:sattisatisatti:20211027195949j:plain

 

のどかな景色。

f:id:sattisatisatti:20211027195959j:plain

 

歩いていると、ふと道沿いにおられたおじいさんに声をかけられました。

「その先の家でおじいさんがお接待をしよるから寄ってみなさいや。いいおじいさんやから。」

どうしたものかとそのお家の前を通りかかると、中から、「一休みしていかんかな?」と声がします。

ちょっとびっくりしたけれど、せっかくなので立ち寄らせて頂きましょう♪

f:id:sattisatisatti:20211027200038j:plain

 

お家の縁側には優しそうなおじいさんがおられました。

ずっと歩きのお遍路さんを待っておられるのでしょうか。

縁側のそばには冷蔵庫があって、色々な種類の飲み物が揃えてあります。

お腹のすいたお遍路さんの為にカップ麺まで準備しておられました。

「好きなものをどうぞ」と言って頂き、私は野菜ジュースを選ばせてもらいました。

ジュースは疲れた体に染み渡るようで、とても美味しかったです。

f:id:sattisatisatti:20211027200008j:plain

 

お接待のおじいさん

f:id:sattisatisatti:20211027200018j:plain

 

お話をするうちに、私が八幡浜から来たと知ると、「八幡浜には昔八十八か所の札所があったんよ。」と、こんな資料を出して見せて下さいました。

古い納経帳の御朱印のコピーです。

大黒山 豫州八幡濱 吉蔵寺

右上に微かに三十七番とあります。

f:id:sattisatisatti:20211027200028j:plain八幡浜に札所があったとは初耳でした。

帰宅して調べてみると、廃仏毀釈によって荒廃していた37番札所岩本寺(先日のポップアートのお寺)は、八幡浜の豪商、大黒屋野本家に、岩本寺の本尊と納経版木を3500円で売却してしまったそうです。

そして野本家の開山した大黒山吉蔵寺(吉蔵は当主の名)が、明治から大正にかけて37番札所を名乗るようになりました。

しかしその後、宇和町にある43番明石寺の次に37番札所がある事に困惑する遍路が多くなり、また再興した岩本寺から本尊と版木の返還を求められて、裁判の結果、それらは岩本寺に返還される事となったそうです。

なるほど!

知らなかった〜。

飲み物の他にもお遍路の資料を揃えておられるようで、勉強されているのだなあと思いました。

おじいさん、お接待とお話をありがとうございました。

 

休憩所で荷物を下ろして。

f:id:sattisatisatti:20211027200047j:plain

 

お昼ご飯のおいなりさんを食す♪

f:id:sattisatisatti:20211027200058j:plain

 

現在地はこの辺り。

この日の宿はもう少し先の白浜海岸にあるのです。

f:id:sattisatisatti:20211027200105j:plain

 

お手洗いを探していると伊与喜駅がありました。

f:id:sattisatisatti:20211027200115j:plain

 

よかった〜。

f:id:sattisatisatti:20211027200126j:plain

 

下に見えるのはくろしお鉄道の線路。

f:id:sattisatisatti:20211027200137j:plain

 

雨は止まず、少しづつ強くなってきました。

f:id:sattisatisatti:20211027200147j:plain

 

道の駅なぶら土佐佐賀前

寄ってみたいけれど時間なし。

f:id:sattisatisatti:20211027200157j:plain

 

横浜トンネル通過。

f:id:sattisatisatti:20211027200207j:plain

 

海が見えてきました。

だいぶ薄暗くなって心細くなってきましたよ。

f:id:sattisatisatti:20211027200217j:plain

 

すっかり日の落ちた18時、ようやくこの日のお宿「民宿白浜」に到着しました。

親切なおかみさんに迎えて頂き、ほっとしました。

f:id:sattisatisatti:20211027200229j:plain

 

夕食

好きなものばっかり♪

カツオのたたきがすんごく美味しかったです。

f:id:sattisatisatti:20211027200240j:plain

 

この日の歩数は43098歩!

半日にしては中々の歩数ではないでしょうか。

雨の降る中、なんとか辿り着けました!

f:id:sattisatisatti:20211027200252j:plain

 

 

 

 

 

秋雪や尾根畳なわる果てに海  さち

 

しゅうせつやおねたたなわるはてにうみ

 

 

 

 

 

足摺の絶景宿♪

 

 

 

道の駅「めじかの里」のイカの一夜干し

f:id:sattisatisatti:20211024205700j:plain

 

 

 

お天気は晴れのち曇り。

昨日歩き遍路の旅15を終えた後、金剛福寺に迎えに来てくれた旦那くんと足摺に一泊し、今日無事に帰宅したところです。

 

宿泊したのは足摺サニーサイドホテル。

travel.rakuten.co.jp

f:id:sattisatisatti:20211024205422j:plain設備は古いですが、清潔。

温泉もとっても良かったです。

 

ホテルの裏には岩礁や展望台への遊歩道があって、絶景を楽しむ事ができるのです。

多分宿泊者だけしか行けないので、この景色を見る為だけでもここに宿泊する値打ちは十分あると思います。

岩礁

f:id:sattisatisatti:20211024205433j:plain

 

スリルあり。

f:id:sattisatisatti:20211024211318j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211024205445j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211024211308j:plain

 

海水が綺麗。

熱帯魚みたいなお魚も見えました。

f:id:sattisatisatti:20211024205519j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211024205457j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211024205509j:plain

 

おや、釣り人さん、釣れたみたいですよ♪

f:id:sattisatisatti:20211024205529j:plain

 

すごいすごい!(ポーズありがとう♪)

f:id:sattisatisatti:20211024205540j:plain

 

展望台側

f:id:sattisatisatti:20211024205553j:plain

 

下に見えるのはさっきの釣り人さん。

f:id:sattisatisatti:20211024205605j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211024205617j:plain

 

太平洋!

f:id:sattisatisatti:20211024205628j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211024205651j:plain

空と海の青が素晴らしかったです。

 

歩き遍路の旅15はまた後ほど更新します。

今回は7万歩以上歩いた日もありました。

まさに高知の道は修行の道場です。

 

 

 

 

 

 

留学の機影溶け行く秋の空  さち

 

りゅうがくのきえいとけゆくあきのそら

 

 

 

 

 

アサギマダラのマーキング2号発見♪

 

 

八幡浜 ねずみ島

f:id:sattisatisatti:20211020163806j:plain

 

 

 

お天気は曇り。

風冷えのする一日でした。

こんな日はアサギマダラもあまり来てくれません。

昼頃に10頭くらいはいたようです。

今年のアサギマダラの飛来数のピークは今月の15、16日で、両日共250頭以上の大乱舞を見る事ができました。

今週は急に寒くなったので徐々に減ってきていますが、穏やかだった昨日は100頭の飛来がありました。

以下の写真と動画は昨日の様子です。

f:id:sattisatisatti:20211020163737j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211020163747j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211020163754j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211020163857j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211020163817j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20211020163825j:plain

youtu.be

 

それにマーキング2号も発見しましたよ。

マーキング2号 マル 8.30 リノ 2327

f:id:sattisatisatti:20211020163800j:plain

調べてみると、群馬県片品村丸沼高原スキー場でマークされたものだとわかりました。

なんだか見覚えのあるマーキングだと思ったら、去年もここからのマーキングの蝶が来ていたのでした。

satti.hatenablog.com

1号の「小岩」は長野からたった3日で愛媛まで移動していましたが、この2号「マル リノ」は約50日かけて群馬から愛媛県八幡浜市日土町へと移動した事になります。

あらためて、アサギマダラの一頭一頭にそれぞれ異なった物語があり、その移動は千差万別だという事がわかりました。

この不思議な旅に浪漫を感じずにはいられません。

いつもマーキングを見つけた時に情報をお知らせしているサイトがあったのですが、今年はなぜがそこが開けません。

悪しからず、このブログに掲載することでお知らせの代わりとさせて頂きます。

 

 

 

ようやく極早生みかんの収穫が終わったので、ほっと一息つきながらお遍路旅の準備をしておりました。

そう!明日から歩き遍路の旅15に出発します。

今回は窪川岩本寺から足摺岬金剛福寺まで、二日半で95Kmを歩く予定です。

予土線窪川まで移動するので、しまんトロッコに乗れるかも?と調べてみたのですが、残念、土日のみの運行のようでした。

ま、景色は楽しめると思います。

また頑張って歩いてきますね〜♪

 

 

 

 

 

青い眼の007秋の虹  さち

 

あおいめのぜろぜろせぶんあきのにじ