つれづれなるさっちII

「いつき組」組員 「街」同人 俳人井上さちの日々  第一句集「巴里は未だ」文學の森

とべ動物園のキリンの赤ちゃんの一般公開初日♪

 

 

アフリカゾウ

お姉さんの媛(左)、妹の砥愛(中)、お母さんのリカ(右)

f:id:sattisatisatti:20200526230510j:plain

砥愛ちゃん、大きくなったなあ♪

 

 

 

お天気は曇りのち雨。

今朝の愛媛新聞に、とべ動物園のキリンの赤ちゃんが26日に初公開!という記事が載っていました。

26日というと、今日ではないですか?!

これは、見に行かないと☆

(ちょうどお天気も下り坂だし〜)

 

 

 

とべ動物園のキリンの赤ちゃんは5月13日に元気に誕生しました。

本当におめでとうございます!

なんと、夏井いつき組長と同じ誕生日ではないですか。

お母さんは2016年生まれの杏子、お父さんは2012年生まれのリュウキです。

2月のサポーターズデーで、エコーでお母さんの杏子のお腹を調べている様子を見せてもらったりして、赤ちゃんの誕生を5月くらいと聞き、心待ちにしておりました。

杏子は初めての出産でしたが、上手に赤ちゃんの世話をしているそうです。

 

この杏子は福山市立動物園からお嫁に来てくれたのですが、実はとべ動物園にとてもゆかりの深いキリンなのです。

なぜなら杏子のお母さんは、2010年にとべ動物園で生まれたかりん(柑麟)なのです。

かりんの母親であるジュンコは高齢であった為、かりんがわずが5ヶ月の時に亡くなりました。

ジュンコは体が弱って足が立たなくなってからも、子供のかりんを守ろうと頑張っていたそうです。

素晴らしいお母さんでした。

ジュンコ亡き後、キリン舎で寂しそうにしゃがみこんでいたかりんの姿を思い出します。

やがてかりんは福山市立動物園に嫁ぎ、初めて生まれたのが杏子でした。

おそらくはブリーディングローンの一環で、福山に嫁いだかりんの子を故郷のとべに還してもらったのでしょう。

更に福山市立動物園のかりんは、杏子の下に2017年にすもも(♀)、2019年にははっさく(♂)を出産していているそうです。

あの幼かったかりんが立派なお母さんに成長しているのですね。

ジュンコ、かりん、杏子、そして今回の赤ちゃんへと引き継がれた命の物語に感動せずにはいられません。

赤ちゃんは男の子です。

現在とべ動物園ではキリンの赤ちゃんの名前候補を募集しています。

私も今日投票して来ましたよ。

 

では、初公開のキリンの赤ちゃんの写真をどうぞ♪

むぎゅっとしたお口がかわいい〜。

f:id:sattisatisatti:20200526230542j:plain

 

おすまし顔。

角はぺたんとしていて柔らかそうです。

f:id:sattisatisatti:20200526230612j:plain

 

座っています。

f:id:sattisatisatti:20200526230525j:plain

 

お母さんの杏子のお顔。美人ですね。

f:id:sattisatisatti:20200526230425j:plain

 

杏子の長い足。

f:id:sattisatisatti:20200526230556j:plain

 

杏子の身長は4メートル以上ありそうですね。

f:id:sattisatisatti:20200526230648j:plain

 

親子の交流

f:id:sattisatisatti:20200526230629j:plain

 

おっぱいを飲んでいます。

f:id:sattisatisatti:20200526230719j:plain

 

おっぱいは後ろ足の付け根のあたりでしょうか。

f:id:sattisatisatti:20200526230405j:plain

 

生後13日でもうこんなにしっかりとしているんですね。

f:id:sattisatisatti:20200526230449j:plain

 

どうかこれからも健やかでありますように。

 

こちらはお父さんのリュウキです。

f:id:sattisatisatti:20200526230756j:plain

 

おめでとう。

f:id:sattisatisatti:20200526230736j:plain


 

 

 

 

 

 

 

 

光合う月と花蜜柑の雌蕊  さち

 

ひかりあうつきとはなみかんのめしべ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北上のアサギマダラ&センダンの花&大好きジャングルモック♪

 

 

 

ヒメジョオン

f:id:sattisatisatti:20200525201434j:plain

 

 

 

お天気は晴れ時々曇り。

今日も除草剤の散布です。

 

 

 

早朝ウォーキングの途中、なんと今年初めてアサギマダラに出会う事ができました。

それも次々と3頭も!

f:id:sattisatisatti:20200525201340j:plain

f:id:sattisatisatti:20200525201244j:plain

f:id:sattisatisatti:20200525201253j:plain

 

たまたまカメラを持っていてよかったです。

アサギマダラは今、北上の旅の途中。

こんなご時世なので情報は入って来ませんが、姫島ではアサギマダラの大乱舞の起こっている時期ではないでしょうか。

 

2015年5月の姫島のアサギマダラの記事はこちら↓

satti.hatenablog.com

ああ、懐かしい。。

姫島に行きたいけれど、今年は我慢ですね。

車海老も美味しかったです〜♪

 

 

 

 

ウォーキング中に見える入江。

f:id:sattisatisatti:20200525201306j:plain

f:id:sattisatisatti:20200525201323j:plain

 

 

 

 

 

センダン(樗)の花が咲き始めました。

f:id:sattisatisatti:20200525201416j:plain

 

高い場所に咲く小花なのでちょっと見えにくいのですが、薄紫のこんなお花です。

f:id:sattisatisatti:20200525201427j:plain

いい香りがするそうですよ。

 

 

 

 

 

メレルのジャングルモックを新調しました。

f:id:sattisatisatti:20200525201448j:plain

とても丈夫で防水力も強く、夫婦で長年リピートしています。

軽い山歩きから、街歩きまで用途が広く、履きやすくて、足を守ってくれているようなフィット感がたまりません。

ジャングルモック、いい靴です♪

www.merrell.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリシタンの浦や樗の花匂う  さち

 

きりしたんのうらやおうちのはなにおう

 

 

 

 

 

 

 

 

みかんの花&ウツギにアオスジアゲハ&「単眼複眼」にウスバシロチョウの写真♪

 

 

 

スイカズラ

f:id:sattisatisatti:20200521202001j:plain

 



お天気は晴れのち曇り。

今日も除草剤の散布です。

5月上旬から次々と咲き始めた柑橘の花もそろそろ終盤です。

こちらは極早生みかんの花。

f:id:sattisatisatti:20200521201819j:plain

収穫期はみかんで一番早いのに、お花は遅く咲くのが不思議です。

 

 

 

 

 

作業中に金緑色の美しい葉虫を見つけました。

サルトリイバラの葉の上に乗っていたのはアカガネサルハムシです。

アカガネサルハムシ

f:id:sattisatisatti:20200521201833j:plain

大きさは6ミリくらいでしょうか。

ヤマブドウ、トサミズキ、ハッカ等の葉が好物だとか。

銅板細工のような転々とした体表も印象的です。(クリッククリック♪)

 

 

 

 

 

卯の花(ウツギ)が満開になって、アオスジアゲハが吸蜜に来ていました。

f:id:sattisatisatti:20200521201841j:plain

f:id:sattisatisatti:20200521201857j:plain

 

モンシロチョウも。

f:id:sattisatisatti:20200521201908j:plain

 

アサヒナカワトンボの姿もまだ見かけます。

鳶色の翅が綺麗。

f:id:sattisatisatti:20200521201924j:plain

 

 

 

 

5月19日の愛媛新聞の「単眼複眼」にウスバシロチョウの写真を掲載して頂きました。

f:id:sattisatisatti:20200521201952j:plain

ピューマの赤ちゃん以来、久しぶりの掲載でした。

私にとっても初めて出会った蝶だったので、採用して頂き嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200512223118j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギター背負う少年乗せる夏の風  さち

 

ぎたーせおうしょうねんのせるなつのかぜ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだミヤマカワトンボ&卯の花の季節&「伊月庵通信2020夏号」が届きました♪

 

 

 

クロアゲハ

f:id:sattisatisatti:20200517201734j:plain

 

 

 

お天気は曇りのち晴れ。

今日は前に園地で集めていた間伐材の薪を運んで、家の納屋に収納しました。

我が家はいまだに薪でお風呂を焚いているのです。

これであと2年くらいは大丈夫。

いつか薪ストーブも欲しいなあ♪

 

 

 

 

 

今日のミヤマカワトンボ

f:id:sattisatisatti:20200517201916j:plain

f:id:sattisatisatti:20200517202012j:plain

 

1つの岩に何頭も留まっています。

f:id:sattisatisatti:20200517202021j:plain

f:id:sattisatisatti:20200517201950j:plain

 

こちらは細い棒に4頭も!

f:id:sattisatisatti:20200517201933j:plain

だいぶ数が増えてきました。

 

アップで見ても綺麗です。

ミヤマカワトンボ(♂)

f:id:sattisatisatti:20200517202042j:plain

 

ミヤマカワトンボ(♀)

f:id:sattisatisatti:20200517202031j:plain

 

 

 

 

 

カワトンボの季節に山や川沿い等で白いお花を咲かせているのが卯の花(ウツギ)。

唱歌「夏は来ぬ」でも歌われている、清々しいお花です。

少し前から咲いていたのはマルバウツギ。

マルバウツギ

f:id:sattisatisatti:20200517201804j:plain

f:id:sattisatisatti:20200517201748j:plain

 

遅れて今の時期から咲き始めるのがウツギです。

ウツギはマルバウツギよりも少しうつむきがちにしっとりと咲いています。

ウツギ

f:id:sattisatisatti:20200517202001j:plain

f:id:sattisatisatti:20200517201904j:plain

 

 

 

 

伊月庵通信2020夏号が届きました。

f:id:sattisatisatti:20200517202100j:plain

 

その中に「季語」の座という読者参加の互選のコーナーがあります。

ノミネート20作品の中から読者の選の数で順位が決まるのですが、兼題「北風」の1位に選んで頂きました。

f:id:sattisatisatti:20200517202116j:plain

 

北風や鯨のように鳴く巨木  井上さち

 

選と評を下さった皆様に感謝しつつ、さえずり句会の仲間達からも嬉しい声をかけてもらったりして、喜びに浸っております。

晴々と祝杯をあげたいところですが、現在人間ドックを前に禁酒中。。(笑)

こんなミラクルな事はもう二度とないでしょう。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

風船虫手を振るだけでいいのです  さち

 

ふうせんむしてをふるだけでいいのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて出会った憧れのウスバシロチョウ&しいたけの榾木作り♪

 

 

 

SOU・SOUで夏らしい柄の手ぬぐいを選んでみました。

f:id:sattisatisatti:20200512223429j:plain

 

 

 

お天気は晴れ時々曇り。

今日は旦那くんの通院の日だったので、松山まで一緒に行って来ました。

おかげさまで経過は順調です。

 

 

 

 

 

道中、伊予市の秦皇山に立ち寄りました。

数年前、愛媛新聞で五月の秦皇山にウスバシロチョウが現れるという記事を読んだ事があって、いつか訪れてみたいと思っていたのです。

ウスバシロチョウ、本当にいるのかしら?

山頂へ続く細い道路を進みます。

 

いた!

 

初めて見るウスバシロチョウです。

f:id:sattisatisatti:20200512223054j:plain

山の頂上を少し下ったあたりの、日当たりのよい道路沿いのアザミやタンポポで吸蜜していました。

時折上空の木々の間を滑るように旋回しています。

綺麗。

モンシロチョウよりは一回り大きいです。

f:id:sattisatisatti:20200512223100j:plain

シロチョウという名ではありますが、実はアゲハチョウの仲間なのだとか。

低山に年に一度だけ(5月頃)現れる蝶で、幼虫の食草はムラサキケマンです。

アゲハチョウ科には珍しく、卵で越冬したり、繭を作って蛹になるという特異な生態を持っているそうです。

乳白色で少し透き通っている翅が特徴で、まるで森の妖精のよう。

f:id:sattisatisatti:20200512223109j:plain

f:id:sattisatisatti:20200512223118j:plain

ウスバシロチョウに出会えて本当に嬉しかったです。

 

 

 

 

帰宅後、旦那くんがしいたけの榾木作りをしていました。

少し前に切り倒して準備していたクヌギの木に、しいたけ菌の駒打ちをします。

f:id:sattisatisatti:20200512223410j:plain

 

こんな金槌みたいな道具で榾木に穴を開けます。

右の尖った方を木に打ち込むと、横の穴から木のクズがぽんと出て来ます。

f:id:sattisatisatti:20200512223233j:plain

f:id:sattisatisatti:20200512223132j:plain

 

更にドリルでもう少し穴を深くして。

f:id:sattisatisatti:20200512223251j:plain

 

金槌の平らな部分でこんこん!としいたけ菌を打ち込みます。

f:id:sattisatisatti:20200512223327j:plain

f:id:sattisatisatti:20200512223348j:plain

 

しいたけ菌はいつもこのにくまるくん(290号)を使っています。

f:id:sattisatisatti:20200512223216j:plain

肉厚でとっても美味♪

初収穫は来年の秋くらいからでしょうか。

それまでは現役の榾木くん達にがんばってもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

雲海の朝木道の先に夫  さち

 

うんかいのあさもくどうのさきにつま

 

 

 

 

 

 

 

葉桜の中に&今年初のアオスジアゲハとクロアゲハとカラスアゲハ&図書館再開の日♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200511214019j:plain



 

お天気は晴れ。

今日の作業は除草剤の散布等。

枯れにくいオオアレチノギクを狙ってやっつけました。

スギナ、クローバー、ツユクサリュウノヒゲ等も枯れにくい草ですが、オオアレチノギクは他の草に比べて背丈が高くなるのでやっかいです。

小さなうちにやっつけておかなくては。

 

 

 

 

 

すっかり葉桜になってしまった熊野神社の桜の木に、一足遅れて咲いていたお花。

ひっそりとがんばっています。

f:id:sattisatisatti:20200511212506j:plain

 

 

 

 

 

 

ミヤマカワトンボのにぎわい

f:id:sattisatisatti:20200511212521j:plain

f:id:sattisatisatti:20200511212529j:plain

f:id:sattisatisatti:20200511212642j:plain

 

 

 

 

 

最近は黒い大型の揚羽が飛んでいるのを見かけるようになりましたが、彼等は高速で飛んでいるので、撮るのは難しいいなあと思っていました。

でも今日は運良く、給水中の揚羽に出会う事ができました。

 

アオスジアゲハ

f:id:sattisatisatti:20200511212546j:plain

 

 

クロアゲハ

f:id:sattisatisatti:20200511212623j:plain

 

 

カラスアゲハ(左)、クロアゲハ(右)

f:id:sattisatisatti:20200511212634j:plain

 

 

カラスアゲハ(♂)

f:id:sattisatisatti:20200511212555j:plain

f:id:sattisatisatti:20200511212609j:plain

表翅はまるで金緑の粉をまぶしたような美しさです。

 

 

 

 

 

そして、今日は待ちに待った図書館再開の日!

嬉しい兆しですね。

本は心のごちそうです。

今日借りた10冊はこちら♪

f:id:sattisatisatti:20200511212654j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

卯の花の谿に金色なる翅音

 

うのはなのたににきんいろなるはおと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホオジロのかけひき&増えてきたミヤマカワトンボ&涼しげなアオテンナンショウ♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200507164325j:plain

 

 

 

お天気は晴れ。

目には新緑がみずみずしく、五月の風も爽やかで、気持ちの良い一日でした。

歳時記はもう夏のページです。

今日はポンカンの苗木に水をあげたり、庭の草引きをしたりしました。

 

 

 

 

 

庭には数日前から2羽のホオジロがいて、ずっと賑やかに囀っています。

互いに近づいたり離れたりと、どうやら恋のかけひきをしている様子。

f:id:sattisatisatti:20200507164047j:plain

1羽はお顔の隈取の白黒が濃くて(左)、もう1羽(右)は薄い茶色をしています。

調べてみると、お顔の隈取の濃い方が♂のようです。

 

ホオジロ(♂)

f:id:sattisatisatti:20200507164014j:plain

f:id:sattisatisatti:20200507164310j:plain

 

ホオジロ(♀)

虫をくわえているのかな?f:id:sattisatisatti:20200507164022j:plain

f:id:sattisatisatti:20200507164300j:plain

かわいい〜♪

ホオジロといえど、恋は単純ではないのだなあ、と思いました。

そういえば、今年はまだみかん園でホオジロ等の小鳥の巣を見つけていません。

小鳥達は木がわさわさに茂っていて、目立ちにくい場所に、上手に巣を作ります。

みかんの剪定、がんばったせいかしら(笑)

 

 

 

 

 

小川では大型のミヤマカワトンボの姿がぐんと増えてきました。

ミヤマカワトンボ 左(♂)、右(♀)

f:id:sattisatisatti:20200507164151j:plain

 

ミヤマカワトンボ(♂)

f:id:sattisatisatti:20200507163947j:plain

よく翅をぱたぱたしています。

f:id:sattisatisatti:20200507163957j:plain

f:id:sattisatisatti:20200507164358j:plain

f:id:sattisatisatti:20200507164410j:plain

 

ミヤマカワトンボ(♀)

f:id:sattisatisatti:20200507164212j:plain

♀の胴体は褐色で、翅の色は♂よりも幾分薄く、黒い帯のような模様もあります。

まだアサヒナカワトンボも多くいるので、河原は沢山のカワトンボで賑わっています。

 

アサヒナカワトンボ

f:id:sattisatisatti:20200507164110j:plain

f:id:sattisatisatti:20200507164125j:plain

 

サカハチチョウも綺麗でした。

その名の通り、サカハチチョウの表翅には漢字の「八」を逆さまにしたような模様があります。

まるでモザイクのような美しさ。

サカハチチョウ

f:id:sattisatisatti:20200507164247j:plain

 

ちょっと遠かったのですが、今年初のコミスジです。

ミスジ

f:id:sattisatisatti:20200507164237j:plain

 

 

 

 

 

散歩中に拾ったキリの花

綺麗にすぽんと落ちるものですね。

f:id:sattisatisatti:20200507164033j:plain

キリの大木を見上げてみると、やっと3分咲きくらいになっていました。

f:id:sattisatisatti:20200507164420j:plain



 

 

 

農道脇の杉林の中には、アオテンナンショウが仏炎苞を立ち上げていました。

前に紹介したムサシアブミと同じく、テンナンショウ属の仲間です。

どっしりとしたムサシアブミとは違い、すらりとした切れ長の目の男子のような涼しげな印象です。

アオテンナンショウ

f:id:sattisatisatti:20200507164527j:plain

f:id:sattisatisatti:20200507164443j:plain

f:id:sattisatisatti:20200507164508j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

蜜柑咲き初むピッコロ鳴るように  さち

 

みかんさきそむぴっころなるように