つれづれなるさっちII

「いつき組」組員 「街」同人 俳人井上さちの日々  第一句集「巴里は未だ」文學の森

あるき遍路の旅7 2日目85番札所八栗寺から87番札所長尾寺へ♪

 

 

 

アメリカフヨウ

f:id:sattisatisatti:20200805021810j:plain

 

 

 

お天気は晴れ。

暦の上ではもう秋ですが、今年は全くそんな気がしませんね。

だってついこの間梅雨明けしたばかりですもの。

薄雲がかかっていましたが暑かったです〜。

今日もみかんの摘果です。

  

 

 

 

 

 

ではお遍路記事の続編を。

 

歩き遍路の旅7 2日目85番札所八栗寺から87番札所長尾寺まで(2020/7/29)

屋島ロイヤルホテルを出発したのは、気合を入れて午前6時。

85番札所八栗寺のある東へ進みます。

84番札所屋島寺から85番札所八栗寺へは、直通の遍路道を通ると約6キロ、徒歩で二時間半の道のりになります。

でもその道は荒れているという情報があり、今回は安全な国道を経由する道のりを選んだので、実際には8キロくらいの距離になったかもしれません。

前日お山を下るときに、その遍路道のあたりへイノシシが駈けて行くのを見かけました。

ブルブル。。

 

この日も曇り。

梅雨の終わりの蒸し暑いお天気です。

屋島ロイヤルホテルの裏にある陸上競技場、レクザムフィールドを左に見ながら出発です。

f:id:sattisatisatti:20200807215055j:plain

 

橋を渡ると屋島中学校。

f:id:sattisatisatti:20200807215114j:plain

 

朝早くて車通りも少なく歩きやすいです。

f:id:sattisatisatti:20200807215133j:plain

 

あ、琴電

f:id:sattisatisatti:20200807215151j:plain

 

道沿いに珍しい葉っぱのカンナが咲いていました。

調べてみると、ベンガルタイガーというお名前のよう。かっこいい!

f:id:sattisatisatti:20200807215209j:plain

 

八栗寺のある五剣山が見えて来ました。

f:id:sattisatisatti:20200807215228j:plain

 

五剣山と青田と案山子たち。

f:id:sattisatisatti:20200807215247j:plain

 

もう稲穂が実っています。

f:id:sattisatisatti:20200807215308j:plain

 

八栗寺への道しるべ。

f:id:sattisatisatti:20200807215328j:plain

 

マリーゴールドがきれい。

f:id:sattisatisatti:20200807215349j:plain

 

橋の欄干には那須与一が扇の的を射る姿がデザインされています。

歴史の浪漫を感じます。

f:id:sattisatisatti:20200807215409j:plain

 

五剣山がだいぶ迫って来ました。

このあたりは石材店が多かったです。

f:id:sattisatisatti:20200807215425j:plain

 

墓地の石垣の隙間から生えているど根性タカサゴユリ

f:id:sattisatisatti:20200807215442j:plain

 

上りの道になって来ました。

f:id:sattisatisatti:20200807215457j:plain

 

ありがたい看板です。

f:id:sattisatisatti:20200807215517j:plain

 

八栗寺へ向かうケーブルカー乗り場が近づいて来ました。

f:id:sattisatisatti:20200807215536j:plain

 

私はケーブルカーには乗らないので、細い遍路道を行きます。

f:id:sattisatisatti:20200807215557j:plain

 

木々の隙間からちらりと見えたケーブルカー。

後日旦那くんはこのかわいいケーブルカーに乗ったそうです。

赤と青があるみたい。

f:id:sattisatisatti:20200807215615j:plain

 

だいぶ上まで登って来ました。

f:id:sattisatisatti:20200807215629j:plain

 

ようやく八栗寺の下まで来たようです。

展望台のように見晴らしのよい「お迎え大師」様が迎えてくれました。

f:id:sattisatisatti:20200807215643j:plain

 

素晴らしい景色です。

f:id:sattisatisatti:20200807215704j:plain

 

到着しました!

85番札所八栗寺 山門

f:id:sattisatisatti:20200807215726j:plain

 

境内ではハンミョウを見る事ができました。

f:id:sattisatisatti:20200807215742j:plain

 

85番札所八栗寺 本堂

f:id:sattisatisatti:20200807215900j:plain

背後に五剣山を背負う本堂の姿はいかにも深山の寺という佇まいです。

平安時代、若き日の弘法大師がこの地へ訪れた時、天から五本の剣が降って来たそうです。

大師はその剣を山に埋め、ここを五剣山と名付け、お堂を建て、彫った千手観音を祀り、ここから八つの国を見渡せることから八国寺を名付けました。

大師は唐へ渡る前にこの山に入り、八本の栗の木を植えます。

大師の帰国後にはこれらの栗が全て成長していた事から、八国寺から八栗寺に改名されたそうです。

 

85番札所八栗寺 大師堂

f:id:sattisatisatti:20200807215753j:plain

 

朱塗りの多宝塔も緑との対比の美しい事。

f:id:sattisatisatti:20200807215814j:plain

 

本堂左手には歓喜天を祀る順天堂。

商売繁盛、良縁成就、夫婦和合のご利益があるとして信仰を集めています。

f:id:sattisatisatti:20200807215840j:plain

 

広い境内の背後には五剣山。

f:id:sattisatisatti:20200807215919j:plain

 

絵になりますね。

f:id:sattisatisatti:20200807215938j:plain

 

烏天狗も出て来そうなお山です。

f:id:sattisatisatti:20200807220129j:plain

 

さあ、八栗寺をあとにします。

85番札所八栗寺から86番札所志度寺へは、約6.5㎞、徒歩で2時間の道のりです。

f:id:sattisatisatti:20200807220141j:plain

 

車はあまり通らない安全な道です。

f:id:sattisatisatti:20200807220154j:plain

 

ゆっくりと下ります。

f:id:sattisatisatti:20200807220212j:plain

 

源平屋島合戦古戦場跡の碑。

f:id:sattisatisatti:20200807220228j:plain

 

綺麗なお花♪

f:id:sattisatisatti:20200807220246j:plain

 

下って下って。。

f:id:sattisatisatti:20200807220302j:plain

 

青田と集落が見えてきました。

f:id:sattisatisatti:20200807220321j:plain

 

民家の花壇のポーチュラカには美しいミヤマカラスアゲハが。

f:id:sattisatisatti:20200807220335j:plain

 

池に噴水が見えますが浄水場のようです。

f:id:sattisatisatti:20200807220357j:plain

 

下半分はオオアレチノギク。

地球を席巻してしまいそうな強い雑草です。

f:id:sattisatisatti:20200807220417j:plain

 

これはキュウリ畑。

f:id:sattisatisatti:20200807220434j:plain

 

民家のお庭にはトコロテンらしきものが干してありました。

f:id:sattisatisatti:20200807220449j:plain

 

細い道。

f:id:sattisatisatti:20200807220502j:plain

 

青空が出て来ました。

飛行機が飛んでいるのが見えますか?

近くに飛行場があるようです。

f:id:sattisatisatti:20200807220521j:plain

 

広い道に出たと思ったら。。

f:id:sattisatisatti:20200807220538j:plain

 

また細い道へ。

f:id:sattisatisatti:20200807220556j:plain

 

平賀源内の生家だそうです。

びっくり!

f:id:sattisatisatti:20200807220611j:plain

 

大きな灯篭。

f:id:sattisatisatti:20200807220713j:plain

 

昔の街並みが残っています。

f:id:sattisatisatti:20200807220728j:plain

 

志度寺が見えて来ました!

f:id:sattisatisatti:20200807220743j:plain

 

86番札所志度寺 仁王門

f:id:sattisatisatti:20200807220812j:plain

 

見事な五重塔も見えます。

f:id:sattisatisatti:20200807220824j:plain

 

仁王門は国の重要文化財

f:id:sattisatisatti:20200807220836j:plain

 

金剛力士像は仏師運慶作。

f:id:sattisatisatti:20200807220857j:plain

 

緑のとても多い境内です。

f:id:sattisatisatti:20200807220919j:plain

 

緑は美しいのですが、ここは蚊のパラダイス!

f:id:sattisatisatti:20200807220939j:plain

 

86番札所志度寺 本堂

寛文10年に高松藩主、松平頼重によって造営されました。

こちらも国の重要文化財です。

志度寺の歴史は古く、推古天皇の時代に凡園子尼が志度浦に流れ着いた霊木で十一面観音を作り安置したのが始まりとされ、弘仁年間に弘法大師が訪れ霊場としての歴史が始まりました。

f:id:sattisatisatti:20200807220953j:plain

 

86番札所志度寺 大師堂

f:id:sattisatisatti:20200807221013j:plain

ゆっくりと参拝したかったのですが、あまりの蚊の多さに、これまでで最速で読経を終えた私でした。

それでも3箇所蚊に刺される。

 

志度寺に咲いていたお花。

f:id:sattisatisatti:20200807221133j:plain

 

納め札を入れる箱に、金色の納め札がいっぱい見えてびっくりしました。

(金色は結願五十回以上だとか)

f:id:sattisatisatti:20200807221037j:plain

 

志度寺を後にして、次は長尾寺へ。

86番札所から87番札所長尾寺へは、約6.7㎞、徒歩で2時間の道のりです。

自転車で去っていくのは、道を教えてくれた親切なおじいさん。

f:id:sattisatisatti:20200807221058j:plain

 

河原に亀がいっぱい!

f:id:sattisatisatti:20200807221114j:plain

 

少し賑やかな通り。

琴電の踏切ですね。

f:id:sattisatisatti:20200807221147j:plain

 

アガパンサスの季節。

f:id:sattisatisatti:20200807221204j:plain

 

まだまだ歩きます。

f:id:sattisatisatti:20200807221219j:plain

 

日差しが厳しい。

f:id:sattisatisatti:20200807221240j:plain

 

長尾寺がだいぶ近づいて来たみたい。

暑い暑い。

f:id:sattisatisatti:20200807221301j:plain

 

お遍路休憩所発見!

うれしー!

f:id:sattisatisatti:20200807221326j:plain

 

風のよく通る休憩所です。

f:id:sattisatisatti:20200807221407j:plain

 

荷物を置いて、思わず横になりました。

ふ〜!

f:id:sattisatisatti:20200807221426j:plain

 

長尾寺まで後少しかな?

f:id:sattisatisatti:20200807221454j:plain

 

長尾寺まで1.3㎞!f:id:sattisatisatti:20200807221513j:plain

 

がんばれがんばれ!

f:id:sattisatisatti:20200807221532j:plain

 

長尾寺に到着しましたー。

87番札所長尾寺 山門

f:id:sattisatisatti:20200807221553j:plain

 

とても広々とした境内です。

f:id:sattisatisatti:20200807221626j:plain

 

87番札所長尾寺 本堂

f:id:sattisatisatti:20200807221712j:plain

長尾寺奈良時代開創の古刹で、739年に行基聖観音菩薩を刻んで小堂に配置したのが始まりで、弘法大師が唐へ渡る前にここを訪れ唐での修行の成就を祈願したとされています。

 

87番札所長尾寺 大師堂

f:id:sattisatisatti:20200807221729j:plain

 

見事な大木。

f:id:sattisatisatti:20200807221832j:plain

 

静御前の剃髪塚

f:id:sattisatisatti:20200807221901j:plain

 

元寇の役で犠牲となった讃岐の将兵を弔う為に建てられた「経幢」。

f:id:sattisatisatti:20200807221915j:plain

 

この日のお参りを全て終え、あとはお宿へ。

お宿までは、次の札所大窪寺への方向とはやや違っていたので、道中二人のおばあさんが親切に声をかけて下さってありがたいかぎり。

f:id:sattisatisatti:20200807221935j:plain

 

二日目のお宿は「トレスタ白山」。

大浴場やサウナのある温泉施設です。

f:id:sattisatisatti:20200807221954j:plain

 

お部屋は広くてくつろげる和室。

ちょっと足を伸ばしたけれど、やっぱり温泉施設のあるお宿が最高です!f:id:sattisatisatti:20200807222014j:plain

 

窓からの眺めもまずまず。

f:id:sattisatisatti:20200807222035j:plain

 

長尾寺で納経帳に頂いたご朱印です。

花丸がいっぱい書いてあるように見えて、とっても嬉しかったです。

(旦那くんの御朱印には花丸は無い気がしました/笑)

書いて下さる方が違うと、御朱印の文字も全く違ったものになったりします。

それも一期一会の面白さですね。

f:id:sattisatisatti:20200807222106j:plain

 

この日の歩数は45854歩!

結構がんばったと思います。

f:id:sattisatisatti:20200807222124j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田畑は野山へ回帰星月夜  さち

 

でんはたはのやまへかいきほしづきよ

 

 

 

 

 

 

 

 

8月のぴよぴよ句会&歩き遍路の旅7 1日目84番札所屋島寺♪

 

 

 

ヤブミョウガ

f:id:sattisatisatti:20200805021900j:plain



 

お天気は晴れ。

今日もみかんの摘果です。

いつも除草作業は私の仕事だったのですが、今回は旦那くんと息子が手分けして行ってくれたので、摘果に集中する事ができています。

それにしても毎日暑いですね〜。

やけに空が白いのは黄砂かPMなんちゃらかと心配になりましたが、特にそのような報道も無かったので、ただの水蒸気による霞だったのでしょうか。

そういえば、晩夏の季語に「朝曇」というのがあります。

これは陸風と海風が入れ代わる早朝に、前日の強い日差しで蒸発した水蒸気が冷える為に起こる現象なのだそうです。

今が一年で最も暑い時期。

どうか皆さんも熱中症等にお気をつけ下さいね。

 

 

 

オオシオカラトンボ(♂)

f:id:sattisatisatti:20200805021908j:plain

 

 

ウスバキトンボ

f:id:sattisatisatti:20200805021904j:plain

 

 

アゲハの水飲み場

f:id:sattisatisatti:20200805021912j:plain

 

 

 

 

 

さて、昨日はさえずり句会の若手有志メンバーによるぴよぴよ句会が開催されました。

広めの会場で、マスク着用、飲み物持参、間隔を開けての句会でした。

今回、私は初めて句会の「捌き」を仰せつかりました。

「捌き」なんて大役が私にできるのかしら?と思いましたが、出席された皆さんの協力もあり、活発な意見の交換ができて、なんとか無事句会を終える事ができました。

いい勉強をさせて頂き、ありがとうございました。

最近では夏雲システム等、オンラインでできる句会も経験したりして、便利で楽しいなあと思っていました。

でも、実際に句座を囲み、互いに一句についてけんけんがくがくと語り合うのはなんとも楽しく、実のある句会であったように思います。

皆さん、お世話になりました。

 

 

 

 

 

では先日の歩き遍路の記事を更新したいと思います。

 

歩き遍路の旅7 1日目84番札所屋島寺(2020/7/28)

前回歩き終えたのは香川県の83番札所一宮寺でした。(2020/2/2)

あれからコロナの影響により、納経所が閉鎖された時期もありました。

約半年ぶりの歩き遍路の旅です。

JRの始発で高松に向かいます。

 

八幡浜

かわいい車両がいましたよ。

f:id:sattisatisatti:20200802210905j:plain

 

途中、松山駅で乗り換えるのですが、構内のベンチで30分程の待ち時間があります。

去年お遍路で西条の香園寺にJRで向かった時にも、松山駅のベンチで待ち時間を過ごした事があったのですが、その時隣に座っておられたシスターを、またお見かけする事ができたのです。

涼しげなグレーの夏の修道服を着ておられてとても素敵でした。

言葉を交わしたわけではないけれど、なんだか嬉しかったです。

 

松山で乗り換えて高松に到着。

f:id:sattisatisatti:20200802210921j:plain

 

それからタクシーで一宮寺に到着したのは午前10時半くらいでした。

f:id:sattisatisatti:20200802210938j:plain

 

前回迎えに着てもらった一宮寺の駐車場です。

f:id:sattisatisatti:20200802210954j:plain

 

さあ、また歩き始めますよ。

f:id:sattisatisatti:20200802211015j:plain

 

一宮寺から屋島寺へは約16キロ、徒歩で5時間くらいの道のりです。

この日は雲の厚い蒸し暑いお天気。

交通量の多い道路沿いを歩きます。

f:id:sattisatisatti:20200802211034j:plain

 

北へ北へ。

f:id:sattisatisatti:20200802211052j:plain

 

国道11号に合流。

f:id:sattisatisatti:20200802211113j:plain

 

大きな歩道橋を渡ります。

f:id:sattisatisatti:20200802211131j:plain

 

人と自転車の道が分かれている歩道です。

f:id:sattisatisatti:20200802211150j:plain

 

時折陽射しが強くなって、マスクもしているし、なんだか頭痛が。。

水分補給しなくっちゃ!

f:id:sattisatisatti:20200802211209j:plain

 

栗林公園に到着。

公園のベンチでお弁当を食べるとしましょう。

 

f:id:sattisatisatti:20200802211234j:plain

 

高松駅で買った駅弁「サンポート高松幕の内弁当」

かわいいアンパンマン弁当と迷った末、容器が捨てられるこちらに決定!

ごちそうさま。

f:id:sattisatisatti:20200802211252j:plain

 

緑の美しい栗林公園内。

時間が無いのであまり散策はせず、一休みしてまた出発です。

f:id:sattisatisatti:20200802211310j:plain

 

フェリー乗り場の手前を右折して東へ。

f:id:sattisatisatti:20200802211329j:plain

 

屋島寺の看板です。

なんだか空が薄暗くなってきましたよ。

f:id:sattisatisatti:20200802211348j:plain

 

11号をどんどん東へ。

f:id:sattisatisatti:20200802211404j:plain

 

屋島が見えてきました!

f:id:sattisatisatti:20200802211418j:plain

 

11号を離れ屋島寺のある北へ。

f:id:sattisatisatti:20200802211431j:plain

 

大きな陸上競技場があります。

屋島レクザムフィールド

f:id:sattisatisatti:20200802211450j:plain

 

このあたりから急に雨が降ってきました。

f:id:sattisatisatti:20200802211507j:plain

 

だんだん雨足が強くなってきたのでカッパを着る事に。

カッパはポンチョ式でリュックや斜めがけバックの上からかぶって着ることができます。

背中にはライトが当たると光る「南無大師遍照金剛」の文字(笑)

まるで白いてるてる坊主♪

f:id:sattisatisatti:20200802211522j:plain

 

舗装はしてありますが、急な遍路道です。

f:id:sattisatisatti:20200802211539j:plain

 

大雨の中、こんな九十九折りの急坂が延々と。。

はあはあ。。

虫にも刺されたり、険しい道のりでした。

f:id:sattisatisatti:20200802211826j:plain

 

ようやく着きました!

 

84番札所屋島寺 仁王門

f:id:sattisatisatti:20200802211600j:plain


更に四天門もあります。

f:id:sattisatisatti:20200802211618j:plain

 

84番札所屋島寺 本堂

鎌倉時代に建築され、江戸時代に修理された本堂は国の重要文化財

f:id:sattisatisatti:20200802211734j:plain

屋島那須与一が扇の的を射た海岸や義経が危険を冒して弓を拾った場所等、屋島の戦いの源平の古戦場として知られています。

開基は奈良時代に唐から来日した名僧、鑑真で奈良に向かう途中に屋島に立ち寄り北陵にお堂を設けたのが始まりです。
その後嵯峨天皇の勅願を受けた弘法大師による中興で、現在の南陵に移され、大師自らが十一面千手観世音菩薩を刻み本尊としました。

以後衰退した時期もありましたが、江戸時代に高松藩の庇護を受け再び栄えました。

 

本堂の横には大きな夫婦の狸の石像があります。

f:id:sattisatisatti:20200802211650j:plain

 

霧の立ち込める屋島で道に迷った弘法大師の前に、蓑笠をかぶった狸(屋島太三郎狸)が現れて道案内をした伝説があるそうです。

f:id:sattisatisatti:20200802211707j:plain

 

84番札所屋島寺 大師堂

f:id:sattisatisatti:20200802211634j:plain

 

少し雨宿りをしてから屋島寺を後にしました。

f:id:sattisatisatti:20200802211755j:plain

 

 

この日のお宿は屋島ロイヤルホテル。

お食事なしのプランで、スーパーで食材を買って宿泊。

ダイエットのためちょっと摂生。

普通のビジネスホテルですが、タオルが上質で今治タオルかな?と思いました。

f:id:sattisatisatti:20200802211848j:plain

 

お部屋の窓からは屋島ビュー!

f:id:sattisatisatti:20200802211902j:plain

 

この日の歩数は33465歩でした。

屋島寺の坂はちょっときつかったです〜。

f:id:sattisatisatti:20200802211915j:plain



 

 

 

 

 

 

夏の果握手をかわすバッテリー  さち

 

なつのはてあくしゅをかわすばってりー

 

 

 

 

 

 

 

 

お遍路旅から足を伸ばしてアートの島、直島へ♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200731234525j:plain

 

 

 

お天気は晴れ。

酷暑の中、みかんの摘果作業が続いています。

長かった梅雨がようやく明けて、空にはむくむくと夏の雲。

いよいよ本格的な暑さがやってきました。

暑さ以外にも色々と困難な時期ですが、どうか皆様もご自愛下さいね。

 

 

 

今週は半年ぶりの歩き遍路の旅に出かけておりました。

7月27日から29日まで84番札所屋島寺から88番札所大窪寺を歩き、翌日は迎えに来た旦那くんと直島を観光し、昨夜帰宅した所です。

歩き遍路の道中は雨に降られたり、湿気と暑さの中を登ったり下ったり、結構タフな道のりではありましたが、予定通りのコースを無事歩ききる事ができました。

帰宅すると右膝がぷっくりと腫れていました。

でも痛みは無いので大丈夫。

湿布でそのうち回復するでしょう。

 

 

  

では、まずは直島の様子をどうぞ♪

 

宿泊したのはマイロッジ直島。

f:id:sattisatisatti:20200731234237j:plain

 

窓いっぱいに広がる瀬戸内海。

f:id:sattisatisatti:20200731234328j:plain

 

木のぬくもりが優しいオーク材の家具とフローリングに、心地よい寝具。

f:id:sattisatisatti:20200731234307j:plain

 

そして、このお宿にもテレビがないのです。

f:id:sattisatisatti:20200731234254j:plain

 

ゆっくりと流れる島の時間を存分に。

f:id:sattisatisatti:20200731234351j:plain

 

 

 

直島銭湯「I♡湯」

f:id:sattisatisatti:20200801075829j:plain

アーティスト、大竹伸朗の手がけた作品です。

マイロッジ直島からは徒歩で10分くらいの距離。

夕食後、夜の道をとことこ歩いてお湯に入りに行って来ましたよ。

お風呂の壁は白いタイルで、各所にポップな仕掛けがいっぱい。

正面上部にはイソギンチャクとタコと海女の絵。

その下にはジャングルのようなグリーン。

男湯との境の上には巨大な象がどーん!

湯船の底には古い写真や、浮世絵の春画等がコラージュしてあってなんて色っぽい事♪

思わずじいっと見入ってしまいました(笑)

私はこの日の最後のお客だったので、独りでこのぜいたくな空間を味わう事ができて感激しました。

f:id:sattisatisatti:20200731234036j:plain

 

夜の直島パビィリオン

f:id:sattisatisatti:20200731233941j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200731233959j:plain

 

 

f:id:sattisatisatti:20200731234017j:plain

 

 

「南京」草間彌生

f:id:sattisatisatti:20200731234447j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200731234430j:plain

 

 

ニキ・ド・サンファールのビビッドな作品たち

f:id:sattisatisatti:20200731234507j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200731234543j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200731234559j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200731234614j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200731234633j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200731234649j:plain

 

 

「シップヤード・ワークス 切断された船首」大竹伸朗

f:id:sattisatisatti:20200731234725j:plain

 

 

「シップヤード・ワークス 船尾と穴」大竹伸朗

f:id:sattisatisatti:20200731234742j:plain

 

 

f:id:sattisatisatti:20200731234800j:plain

 

 

f:id:sattisatisatti:20200731234819j:plain

 

 

f:id:sattisatisatti:20200731234840j:plain

 

 

f:id:sattisatisatti:20200731234902j:plain

 

 

「赤かぼちゃ」草間弥生

f:id:sattisatisatti:20200731234935j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200801002719j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200731234100j:plain

 

 

f:id:sattisatisatti:20200731234221j:plain

 

 

f:id:sattisatisatti:20200731234201j:plain

 

 

 

最も刺激を受けた場所は地中美術館

全て撮影禁止です。

 

靴を脱いでスリッパで入る白い部屋のモネの展示は、まず巨大な睡蓮の絵が迎えてくれます。

この睡蓮はチョウトンボの翅のグラデーションのような深い青紫。

足元の四角いタイルの心地よい事。

モネの最晩年の「睡蓮」シリーズ5点。

 

ジェームズ・タレルの作品は光そのものを芸術としていて、靴を脱ぎ裸足で階段を登り、作品に接近していきます。

四角いスクリーンのようなものが背景とともに茜色、黄緑色、水色、と刻々と変化し続けます。

光には強弱があり、スクリーン?と背景の境界がなくなって霞の中にいるように混沌としたり、次第にくっきりと境界が現れたりするのを体感する事ができて、まるで瞑想しているような気分になります。

 

ウォオルター・マリアのアートスペースは階段の中程に巨大な球体が鎮座し、部屋の周囲に金箔を施した木彫が各所にに3本づつ配置されています。天窓の自然光の差し込み具合により、部屋の採光状態が変化し、球体の光り方も変化します。

 

作品を見終わったら地中カフェへ。

苺とブルーべリーのケーキ(ケーキは撮影可でした/笑)

f:id:sattisatisatti:20200731234917j:plain

五感で感じる美術館だったように思います。

 

 

 

直島、素晴らしかったです♪

f:id:sattisatisatti:20200731234422j:plain



 

 

歩き遍路の記事はまた次回の更新で♪

 

 

 

 

 

 

 

大荒地野菊地球を席巻す  さち

 

おおあれちのぎくちきゅうをせっけんす

 

 

 

 

 

 

 

捕獲器に今度は何が&オオシオカラトンボの産卵&タマムシみいつけた&星空撮影に挑戦♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200722023559j:plain

 

 

 

お天気は晴れのち曇り。

35℃周辺の厳しい暑さでした。

中々梅雨は明けませんが、長雨後の黒点病の防除が無事終わり、少しほっとしています。

今日はみかんの摘果に汗を流しておりました。

伸びて来た草も気になりますが、今はまず摘果!

草は見ないようにしよっと♪

 

 

 

 

 

このところ家庭菜園のトマトが毎晩何者かに狙われていました。

そこで!旦那くんがじゃこてんを餌に捕獲器を仕掛けていたのです。

翌日捕獲器に入っていたのは…

 

なんとタヌキでした。

f:id:sattisatisatti:20200722023530j:plain

タヌキをこんなに近くでまじまじと見たのは初めてです。

タヌキというと、もっと体もしっぽもまるまるとしているイメージでしたが、夏毛のせいなのか意外とほっそりしています。

ハクビシンは捕獲器の中でぶーっと威嚇してきたり暴れたりしますが、このタヌキはとても静かであどけない目をしていて、なんだか哀れでした。

f:id:sattisatisatti:20200722023518j:plain

かくしてトマトは守られたのでした。

 

 

 

 

 

農道の水たまりでオオシオカラトンボが産卵していました。

車が通るのでこの場所でいいのかちょっと心配ですが、産卵する♀(黄)を守るように周辺を♂(青)が飛び回っていましたよ。

f:id:sattisatisatti:20200722023544j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200722023548j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200722023551j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200722023555j:plain

 

オオシオカラトンボ(♂)

f:id:sattisatisatti:20200722023540j:plain

 

 

 

 

 

 

庭で見つけたタマムシ

f:id:sattisatisatti:20200722023710j:plain

 

綺麗ですね。

f:id:sattisatisatti:20200722023707j:plain

フジバカマの葉っぱの上に乗せると、じきに飛び立って行きました。

撮らせてくれてありがとね。

 

 

 

 

 

未明に星が出ていたので、頑張って撮影してみました。

f:id:sattisatisatti:20200722023653j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200722023632j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200722023612j:plain

カメラはオリンパスペンを愛用していて3台目になりますが、普段はほぼオートで撮っているので、マニュアルに触れる事はあまりなかったのでした。

設定が難しい。。

先日久万高原天体観測館を訪れて以来、星への興味がむくむくと♪

我が家は田舎の山の上なので天の川がよく見えます。

また星の美しい夜に撮影に挑戦してみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の霜とんすうとんと運ぶ筆  さち

 

なつのしもとんすうとんとほこぶふで

 

 

 

 

 

 

初めての写経&鬼百合にモンキアゲハ♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200715113321j:plain

 

 

 

天気予報は曇りだったので、久々に山仕事ができると期待していたのですが。。

早朝、まさかの雨!

お天気のいじわる。

 

 

 

 

 

そこで…

ざわざわした心を落ち着かせる為に写経に初挑戦!

歩き遍路の途中に善通寺で求めた写経帖があったのでした。

適当な墨や筆が見当たらなかったので、筆ペンで書いてみましたよ。

f:id:sattisatisatti:20200715113308j:plain

 

文鎮のかわりに使ったかわいいおじぞうさま。

f:id:sattisatisatti:20200715113254j:plain

 

なかなかいい時間でした。

そして、般若心経には「無」という字がとても多い事に気付きました。

写経とは無になるひとときなのかもしれません。

そういえば、歩き遍路の旅は83番札所一宮寺(2/2)で止まったまま、もう5ヶ月以上が過ぎてしまいました。

そろそろ再開したいところですが、もう少しお天気とご時世が落ち着いてからになりそうです。

 

 

 

 

 

近所の鬼百合が咲き始めて、モンキアゲハが吸蜜に来ていました。

f:id:sattisatisatti:20200715113400j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200715113341j:plain

鬼百合の花粉は真っ赤なのです。

その赤い花粉まみれになりながら、一心に蜜を吸うモンキアゲハ

なんて猛々しく美しい事でしょう。

f:id:sattisatisatti:20200715113351j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200715113331j:plain

 

 

 

 

 

ウォーキング中に遭遇したのは、、、

アナグマ?!

f:id:sattisatisatti:20200715113416j:plain

 

 

 

ウバユリ

f:id:sattisatisatti:20200715113431j:plain

 

 

 

ヤブミョウガ

f:id:sattisatisatti:20200715113447j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月桃の花濡れ城は猩々緋  さち

 

げっとうのはなぬれしろはしょうじょうひ

 

 

 

 

 

 

 

 

狂ったような梅雨&霧のウォーキング&ブロッコリースプラウトがすごい&帆船模型「H.M.S.FLY」の進捗状況♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200713190902j:plain

 

 

 

お天気は雨。

狂ったような梅雨の日々が続いています。

いったいいつまで降るのでしょう。

だたおろおろと暗い空を見あげるばかりです。

昨日「天気の子」を観ました。

3年間降り続いた雨で、海に水没した東京の姿が、今と重なって見えたりして。。

どこかに「晴れ女」はいませんか?

 

 

 

 

 

 

霧と小雨の中、傘を持ってウォーキングへ。

f:id:sattisatisatti:20200713190830j:plain

 

こんな景色の中を歩いています。

f:id:sattisatisatti:20200713190814j:plain

 

霧の森はミステリアス。

イノシシに注意しつつ(笑)

 

 

 

 

 

わずかの雨の止み間や小雨の中、ブッドレアにやってきた蝶達。

 

ナミアゲハ

f:id:sattisatisatti:20200713190734j:plain

 

アカタテハ

f:id:sattisatisatti:20200713190744j:plain

 

キハダカノコ

f:id:sattisatisatti:20200713190759j:plain

 

ヒメアカタテハ

f:id:sattisatisatti:20200713190726j:plain

 

スジグロシロチョウ

f:id:sattisatisatti:20200713190717j:plain

 

イシガケチョウ

f:id:sattisatisatti:20200713190709j:plain

 

 

 

 

 

愛用のエコバッグは、雑誌の付録でお得に入手しました。

大好きな「SOU・SOU」のバッグ2種です。

 大

f:id:sattisatisatti:20200713190935j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200713191018j:plain

 

エコバッグの中には…

ブロッコリースプラウト

f:id:sattisatisatti:20200713190953j:plain

いつもスーパーで大量購入しているのです。

ブロッコリーの新芽というか赤ちゃんです。

毎朝、トマトのスライスとたまねぎのピクルスに山盛り乗っけて戴いております。

f:id:sattisatisatti:20200713191850j:plain

カイワレとよく似ていますが、カイワレのような辛さはなくて食べやすいです。

ブロッコリースプラウトには「スルフォラファン」という優秀な栄養成分が沢山含まれていて、肥満の抑制、腸内フローラの改善、免疫力アップなどの効果があります。

とてもいいです。

こっそりおすすめします♪

 

 

 

 

 

旦那くんが今作っている帆船模型「H.M.S.FLY」

18世紀のイギリスの船です。

f:id:sattisatisatti:20200713191035j:plain

だいぶ形になってきました。

 

毎晩こつこつと作っています。

f:id:sattisatisatti:20200713191128j:plain

 

フィギアヘッドは女神様。

f:id:sattisatisatti:20200713191111j:plain

 

ロープ(糸)の組み方等、とてもとても細かいお仕事です。

f:id:sattisatisatti:20200713191052j:plain

 

f:id:sattisatisatti:20200713191142j:plain

 

この段階で70パーセントくらいの出来上がりだとか。

f:id:sattisatisatti:20200713191215j:plain

 

私にはできないけれど、とてもいい趣味だと思います。

(もう次の船も買っているらしい。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

言の葉の海に遊びて月涼し  さち

 

ことのはのうみにあそびてつきすずし

 

「夏井いつきの一句一遊」20周年のお祝い句。

金曜優秀句に選んで頂きありがとうございます。

「月」に組長のお名前が入っている事を解って頂き嬉しいです。

更に「遊びて」に一句一遊の「遊」、「月涼し」は夏の月の事なので、夏井いつきの「夏」も詠み込ませて頂きました。

多くの俳人を産み続けている「夏井いつきの一句一遊」。

20周年、本当におめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐ろしい雨音&雨の止み間の夏蝶達&ミョウガ初収穫♪

 

 

 

f:id:sattisatisatti:20200707194716j:plain

 

 

 

お天気は雨。

梅雨の末期は大雨になるといいますが、ここ最近は五十年に一度というような豪雨が毎年のようにやってくる気がします。

午前中は雨音が恐ろしいくらいでした。

二年前の西日本豪雨を思い出します。

九州でもあちこちで豪雨被害があったようで、報道を見るのが辛いです。

このあたりも結構な雨量になったと思います。

園地や道路を滝のように水が流れている箇所がありましたが、今の所大きな土砂崩れ等は見あたりませんでした。

雨が多いと増えるのが、みかんの黒点病ですが、そんなの今気にしてもしょうがないです。

命があるというだけでありがたい事だと思います。

午後はいったん止み間がありましたが、夕方からまた雨に。

今後も数日は雨が続きそうなので、まだまだ油断はできません。

皆さんも気をつけて下さいね。

 

 

 

 

 

午後、雨が止んだ時間帯に庭に出ると、あっという間に夏蝶達がやってきました。

雨続きでお腹がすいていたのではないでしょうか。

蝶達は土砂降りの日はどうやって身を守っているのでしょう。

少しでもくつろいでくれますように。

 

アカタテハ

f:id:sattisatisatti:20200707194533j:plain

 

ツマグロヒョウモン

f:id:sattisatisatti:20200707194449j:plain

 

イシガケチョウ

f:id:sattisatisatti:20200707194509j:plain

 

モンキチョウ

f:id:sattisatisatti:20200707194627j:plain

 

クロアゲハ

f:id:sattisatisatti:20200707194650j:plain

 

モンキアゲハ

f:id:sattisatisatti:20200707194730j:plain

 

 

 

 

 

雨の中フウランが咲き始めました。

f:id:sattisatisatti:20200707194431j:plain

 

雫が綺麗。

f:id:sattisatisatti:20200707194436j:plain

 

 

 

 

旦那くんは今年初のミョウガ採りに行っていたのですが…

ばばーん! まさかの大量収穫!

f:id:sattisatisatti:20200707195728j:plain

計ってみると、3キロもありました。

おてがらおてがら♪

綺麗に洗って、親戚におすそわけして回りました。

天ぷらもいいし、ピクルスも美味しいんですよね。

 

旦那くんがお世話をしている家庭菜園の収穫もありがたし。

f:id:sattisatisatti:20200707194616j:plain

私の大好きなトマトが増えてきました。

ぶたのしっぽみたいなキュウリもかわいい。

 

 

 

 

 

 

 

星を食う二十二階の天使魚  さち 

 

ほしをくうにじゅうにかいのてんしうお